岐阜県岐阜市臨済宗のお寺 大 智 寺

〜個別に納骨できる永代供養墓〜

岐阜永代供養
〒501−2502
岐阜県岐阜市山県北野668−1
TEL:058-229-1532
mail:hybsr245@ybb.ne.jp
岐阜市ファミリーパークの近く。岐阜バス「三輪」下車 徒歩10分
家族葬
位牌供養
について
ご供養ホーム

永代供養墓について
永代供養 TOP
永代供養 お墓
永代供養 費用
永代供養 お申込み
永代供養 葬儀
永代供養 質問

アクセスについて
永代供養 アクセス
永代供養 お問合せ
永代供養 管理者

その他について
永代供養 お墓参り
永代供養 お彼岸
永代供養 年忌法要
永代供養 位牌堂

サイトマップ

<用語説明>  永代供養墓  永代供養  個別納骨  合祀  臨済宗  お彼岸  月命日  生前契約  墓地使用料  管理料  火葬許可証

ず〜っと個別に納骨の永代供養墓

〜合祀をしない私だけのお墓〜
永代供養墓の全体

永代供養墓には興味がある

だけど
知らない人のお骨と一緒に
合祀されてしまうのは、ちょっと・・・

やっぱり 小さくても
自分だけ、家族だけのお墓がほしい・・・

そんなお墓があります
小さくても
ずーっとあなただけのお墓です

墓地の外観
お申込みに当たって
供養について

<墓地の外観>
永代供養 外観

日当たり良好 南向き

霊光供養塔を中心として、45p×30cm の小さなお墓が並んでいます。
供養塔は、檀家様と同じ墓地の敷地内にあり、
いつでもお参りいただけます(※納骨堂ではございません。)

お墓はすべて、南向きで日当たり良好です。
永代供養 お墓

ご家族で、ご夫婦で

一区画を小さなお墓として考えておりますので、
ご家族で、ご夫婦でご利用いただけます。

複数の方を納骨なされても、追加費用はございませんので、
ご安心下さい。詳しくは、費用のページをご覧下さい。
永代供養 納骨

土に還るお墓

お墓の下に、24p×24p のカロート(納骨する小部屋)があり、
こちらに納骨していただきます。
納骨堂とは異なり、永代供養の 「お墓」 ですので、
骨壺から出して、納骨することもお選びいただけます。
もちろん、骨壺のままでも構いません。
お墓の図

好きな言葉を刻む墓碑

お墓の石に、○○家之墓や戒名以外にも
ご希望の文字を彫って墓碑としていただけます。
※永代供養の墓地一区画をご利用していただけますので、
 ご家族、ご夫婦など、複数の方でも、追加費用は必要ありません。
 また、納骨されたすべての方を永代供養させていただきます。
永代供養 花筒

お花を供えることも

墓地内には、4列毎に一本の通路があります。
各通路に接する最前列のお墓にのみ、
花筒を設置させていただきます。
永代供養墓は、将来はお寺に永代供養を託すお墓ではありますが、
普通のお墓と同じですから、是非お参り下さい

永代供養墓の見学は随時受け付けております。
希望の方は、お寺(058-229-1532)までご連絡下さい。

<お申込みに当たって>
永代供養 池

お墓がなく、お困りの方

申込み時、お墓がなく、納骨ができない方をお受けいたします。

ご存命のうちに用意した自分のお墓は、「寿陵」と呼ばれ、
自身の長寿と家族の繁栄を招く縁起の良いものとされます。
永代供養 鴨

菩提寺のない方

菩提寺がないものの、仏式のご供養を希望される方をお受けいたします。
ご供養は臨済宗妙心寺派に則って行います。

墓地内で、他の宗教宗派の活動はご遠慮いただいております。
永代供養 桜

檀家になる必要はありません

「檀家」とは菩提寺を支える方々を指します。
当寺も檀家様に支えられ、檀家様のご理解の下、
こうして永代供養墓をご用意させていただいております。
永代供養墓のご利用に当たって、檀家になる必要はありませんが、
ご希望があれば檀家になることはできます。

永代供養について>
永代供養塔

納骨

永代供養墓に納骨する際には、供養塔の前で、読経いたします。
ご家族、ご親戚の皆様で納骨式にご参列下さい。

追加納骨をする場合、その都度、納骨式を行います。
追加費用はございません。詳しくは、費用のページをご覧下さい。
永代供養 本堂

月命日のご供養

永代供養墓に納骨されますと、「永代供養墓過去帳」に
お名前または戒名を記載いたします。

その後は、檀家様同様に毎月の月命日に住職が責任をもって
ご供養させていただきます。
永代供養 お彼岸

春秋彼岸のご供養

年2回のお彼岸は、合同供養となりますが、
しっかりとご供養させていただきます。
ご希望により、合同供養にご参加いただくこともできます。
家族だけでゆっくりとご供養したい場合は、
個別にお時間をとりますので、ご相談下さい。

<ご希望の方には>
永代供養 ご本尊様

祥月命日・年忌の供養

亡き方へのご供養は、亡き方を思う心そのものです。
永代供養になさるとはいえ、ご親族によるご供養こそ、
やすらかな旅路の灯火です。
年忌法要をご希望の場合は、お寺をご利用いただけますので
ご相談下さい。
永代供養 お焚き上げ

遺品・白木位牌のお焚き上げ供養

四十九日までご自宅に安置された白木位牌や、手帳など故人の遺品を、
ご希望により、お焚き上げ供養いたします。

但し、火で燃えるものに限ります。
永代供養 位牌堂

位牌堂にお位牌を安置

ご希望により、お位牌を作り、位牌堂に安置することができます。
ご本尊様のお近くで、やすらかにお経の供養を受けることができます。

詳しくは、位牌を預ける 永代供養

<優良永代供養墓
永代供養墓は、NPO法人「永代供養推進協会」殿の
優良永代供養墓に認定されています。

永代供養推進協会」殿は、納骨堂永代供養墓
お探しの方、お墓、納骨など様々な仏事でお悩みの方を
支援するNPO法人です。
優良永代供養墓
永代供養推進協会」優良永代供養墓

永代供養墓の先頭へ

供養のホーム

お寺のホームページ

永代供養の用語説明>
永代供養墓

永代供養墓」は「えいたいくようぼ」と読みます。

普通のお墓との違いは、後継者がいないなど、様々な事情によりお墓の守りができない方に代わっ て、お寺が供養と管理を行ないます。 永代供養してもらえるお墓ということで永代供養墓と呼ばれています。
永代供養には、お墓タイプの永代供養墓以外に、お骨を預けるお堂タイプの納骨堂というものもあります。

当寺は、納骨堂ではなく、お墓タイプの永代供養墓になります。

永代供養

永代供養」は「えいたいくよう」と読みます。

永代供養「永代」の期間は、各お寺によって異なります。
33年や50年が一般的で、お寺が存続する限りずっと、というお寺もございます。
また、供養の内容も、祥月命日や年忌法要、お盆やお彼岸の供養など、お寺によって異なります。

当寺の永代供養は、50回忌を迎えるまで 月命日春秋の彼岸に当方の宗旨に則り供養致します。
ご供養は、檀家様と同様に、50回忌で弔い上げとなりますが、
お墓は永代に亘ってお守りいたします。合祀はしませんので、ご安心ください。

個別納骨

個別納骨」は「こべつのうこつ」と呼んでください。

永代供養墓に納骨する際、個別のお墓に納骨いたしますということで、個別納骨と呼んでおります。
永代供養墓は、合祀のほうが一般的ですが、
当寺の永代供養墓は、普通のお墓と同じ個別納骨式になります。
墓石の下が小部屋になっており、その中に納骨していただきます。

ご夫婦、ご家族など、複数の方で御利用いただいても、追加の納骨費用はございません。
納骨なされたすべての方を永代供養させていただきます。

合祀

合祀」は「ごうし」と読みます。

合祀とは、合葬(がっそう)ともいわれ、家族に限らず複数の人を祀り、皆で一つのお墓に入ります。

当寺の永代供養墓の場合は、個別に納骨していただくため、合祀ではございません。

臨済宗

臨済宗」は「りんざいしゅう」と読みます。

臨済宗とは、仏教の宗派の一つで、中国の臨済禅師を祖とし、鎌倉時代に日本に伝わりました。
坐禅、看経、作務、そして参禅問答を通して自己究明することを宗旨とし、看話禅といわれてます。

当寺は臨済宗妙心寺派のお寺です。

お彼岸

彼岸」は「ひがん」と読みます。

お彼岸は、春分の日または秋分の日の前後3日間(計7日間)の期間のことです。 煩悩と迷いの世界にいる私達がいるこちら側(此岸)に対して、向こう側にある悟りの世界を彼岸と呼んでます。

お彼岸には、当方の宗旨に則り供養致します。

月命日

月命日」は「つきめいにち」と読みます。

亡くなられた日を命日といいます。月命日とは、各月ごとの命日のことです。
亡くなった月も同じ場合は、祥月命日といいます。

月命日には、当方の宗旨に則り供養致します。

生前契約

生前契約」は「せいぜんけいやく」と読みます。

生前契約とは生前予約ともいわれ、生きている間に契約や予約をすることです。 お墓は亡くなってからと思われがちですが、生前のお墓は寿陵と呼ばれ、自身の長寿と家族の繁栄を招く、縁起がいいものとされております。

当永代供養墓は、生前契約も承っております。

墓地使用料

墓地使用料とは永代墓地使用権を得た上で、墓地を使用する費用です。

普通「 お墓を買う 」と言いますが、お墓の場合、土地の売買ではなく、
「 墓地を使用する権利を得る 」という意味になります。

「永代墓地使用権」はその名の通り、永代に亘り墓地を使用することができるのですが、
一般の霊園や墓地の場合、年間の管理料等が必要となります。
管理料の支払が滞れば、永代墓地使用権を失うことになります。

永代供養を申込む方は、墓を守る方がいないのが前提のため、
永代供養墓や永代供養付きのお墓の場合、永代供養料の中に管理料が含まれていることが多いです。

当永代供養墓も、費用の中に、管理料が含まれています。

管理料

管理料とは、墓地の維持管理にかかる費用です。

皆さんがお墓参り等で利用する水道や、墓地や霊園の通路、駐車場の整備、修繕費などがこれにあたります。

※当永代供養墓では、維持費、管理料等は費用の中に含まれております。

火葬許可証

火葬許可証は、亡くなられた時に、市区町村役場で発行してもらいます。
紛失の場合にも、市区町村役場に届け出ることで、再発行が可能です

墓地の管理者は、火葬許可証を受け取った後、納骨を認めることができます(墓地埋葬法)。
そのため、※火葬許可証がないと、法律の定めにより墓地に納骨することはできません。
納骨を考えている方は、必ず火葬許可証を確認をして下さい。

永代供養墓の先頭へ

供養のホーム

お寺のホームページ

〒501-2502
岐阜県岐阜市山県北野668-1 大 智 寺
電話 : 058-229-1532
© 2010 Copyright DAICHIJI. All right reserved.
永代供養 お寺