@クワッドモデルNo,1


AデュアルモデルNo,1


BクワッドモデルNo,2

ゴリさんが書いてくれたレイアウト図から製作。若干ですがオリジナルをMODしています。
回路図のMODはゴリさんのHP参照して下さい。
これは自分で考えたレイアウト図です。
オリジナルと思われる回路図を参考にし、一部MODしています。
MOD内容はバンパーさんのHPを参照して下さい。
これもゴリさんのレイアウトです。
パーツの定数は@と同じですが、フィルムコンデンサーではなく、すべてセラミックコンデンサーを使用しています。これはバンパーさんの実験結果からセラミックの方がスッキリしていて抜けが良くなるという報告を拝見し、製作することにしました。


3種類のシュレッドマスターがあるので、せっかくなので音の違いを確認してみようと思います。
中身の大きさが一番小さいBが一番ケースが大きくてカッコ悪いですが・・・


サウンドチェックは3種類とも共通セッティングです。
ボリュームだけ適宜調整しました。
マイク録音ですが、PC内ではエフェクターは一切掛けておりません。

このエフェクターはCONTOURの具合でキャラ大きく変わってしまうので、その部分を確認するのが一番分かり易いと思いました。

音源の演奏順序は、@→A→Bの順番で行っています。

(サンプル音源)

ボリューム以外、すべてMAX状態です。
重圧なミュートを効かせたメタルなリフのサウンドです。



(メタリカ Master of p..のリフの一部)
(サンプル音源)

Contour5状態です。
乾いたディストーションになりますので、メタルよりはハードロック寄りのサウンドに適していると思います。


(ハードロック風なリフ)
(サンプル音源)

Contour7状態です。
メタル系のソロに適しているサウンドだと思ってます(勝手に)
シングルノートのサンプルですが、FXの違いを確認できると思います。



(ハードロック風なリフ)

<まとめ>


これは好みの問題になるかもしれません。。。
個人的な好みとしてはAのデュアルタイプです。
とにかくContourの効きが良い。湿ったドンシャリから乾いたディストーションまでカバーすることが出来ます。
オーバードライブ風なサウンドはガバナーの方が間違い無く適してます。

BについてはContour全開でも乾いた感じがしますが、音は抜けます。
ハードロック向けでしょうか。
しかし、シュレッドマスター本来の強烈な歪みは出ますので、メタルでもOKでしょう。

@については、ちょっと抜けが悪いと感じます。
Contour全開だとドンシャリですが、抜けが一番悪く感じました。
(今までメインとして使ってきたんですが・・・)

超ハイゲインなマーシャルサウンドを求めている方であれば、シュレッドマスターが一番良いでしょう。
ちょっと強烈過ぎる場合はガバナー。
という位置づけなエフェクターということでしょうね。多分。

セラミックコンデンサーについては、確かに音の抜けは良くなり、乾いた感じが感じられます。
メタルサウンドを求めているのであれば、この乾いた感じはちょっと違うような気もします。
すべてセラミックコンデンサーではなく、部分的にセラミックを使うとかすれば、また違うFXになると思いますが。

ちなみに、この3つのシュレッドマスターを試してから、オリジナルのシュレッドマスターは弾けません。
ノイズ、抜けの悪さ、自作の方が遥かに勝ってます。

製作方法や製作技術、演奏環境などで音は変化します。あくまでも自分自身がそのように感じた評価ですので、
一概にエフェクターの評価とは言えません。自分自身が感じたままを書いているだけですので。。。(*^ー^)ノ~