[ホーム] [旅の場所] [旅の情報板] [ふるさと大好き掲示板]

なばなの里 三重県桑名市長島町

 今回の旅は、長良川の水辺の、夢のような小さな村、なばなの里です。4名合せると、280歳に近い、超高齢者集団の旅です。

 朝8時30分に加古川を出発し、山陽自動車道、中国縦貫、名神自動車道を通って、栗東原インターまで、約2時間。その後、国道1号を、ゆっくり、亀山まで走り、東名阪に乗って、桑名東インターへ。伊勢大橋を渡ると、目指す、なばなの里は、目前で、12時に到着しました。何分、カーナビ任せですので、果たして、このルートが、ベストなのかどうか解りません。

 生憎のお天気だからでしょうか、この時間でも、駐車場(無料)は、ゆったりしています。まず、お昼をと言うことで、探してみますと、イタリアン、とんかつ、カフェテラス、レストラン、中華、それに、麺料理と、多彩です。しかも、それぞれが、公園の中に、上手く、溶け込んで配置されています。

 超高齢者集団は、迷わず、麺料理を選択し、うどんとお蕎麦注文しましたが、出てきた品物を見て、全員が、思わず、顔を見合わせました。そうなんです。お汁が真っ黒で、ここは、もう、関西圏でないことを知ったからです。

 素晴らしい、ベコニアガーデンの様子を、Flashで纏めましたが、この時期、花のひろばでは、ダリア、コスモスが、とても、綺麗に、咲き誇っていました。

 ちなみに、帰りは、国道258号線を通って、名神の大垣インターから帰りましたが、行きより、30分ほど早く着きました。

 ご覧いただき、ありがとうございます。場所は、上の住所がフーの地図情報にリンクしています。ご感想は、「旅の情報板」へ、どうぞ!また、これ以外にも、楽しい旅のレポートは、こちらにありますよ。



[ホーム] [旅の場所] [旅の情報板] [ふるさと大好き掲示板]
このサイトは、リンクフリーです。 Copyright(c)2002- (大工のげん)