[静岡市・歯科] 「仁科歯科医院のウェブサイト」→「Guide」→「「ビスフォスフォネート系薬剤」に関する副作用情報」

「ビスフォスフォネート系薬剤」に関する副作用情報
「ビスフォスフォネート系」と称される薬剤の投与を受けている、又は、受けた患者さんにおいて、「顎骨壊死」「顎骨骨髄炎」が発現したと報告されています。
報告された症例の多くは、抜歯等の侵襲的歯科処置,義歯による褥創や局所感染に関連して発現しており、特に抜歯した場合にその部位付近で発生しています。
「顎骨壊死」「顎骨骨髄炎」は悪性腫瘍の患者さんに投与される注射剤で多く報告されていますが、まれに、骨粗鬆症の患者さんなどに投与される経口剤でも報告されています。

「悪性腫瘍」「骨粗鬆症」などで治療を受けている方、受けたことのある方は、投与されている薬、処方されている薬をご確認いただき、下記の薬剤に該当する物がある場合は、担当歯科医師に必ず申し出て下さい。
現在国内で販売されているビスフォスフォネート系薬剤
注射剤
製品名 適応症 製造販売
アレディア 悪性腫瘍による高カリウム血症
乳癌の溶骨性骨転移
ノバルティスファーマ
オンクラスト
テイロック
悪性腫瘍による高カリウム血症 万有製薬
帝人ファーマ
ビスフォナール 悪性腫瘍による高カリウム血症 アステラス製薬
ゾメタ 悪性腫瘍による高カリウム血症
多発性骨髄腫による骨病変及び固形癌による骨病変
ノバルティスファーマ
経口剤
製品名 適応症 製造販売
ダイドロネル 骨粗鬆症
骨ベーチェット病
脊髄損傷後、股関節形成術後
大日本住友製薬
フォサマック
ボナロン
骨粗鬆症 万有製薬
帝人ファーマ
アクトネル
ベネット
骨粗鬆症 味の素(エーザイ)
武田薬品工業(ワイス)
「顎骨壊死」「顎骨骨髄炎」のリスク因子
抜歯・インプラントなどの「侵襲的歯科治療」以外にも「悪性腫瘍」「化学療法」「コルチコステロイド療法」「放射線療法」「口腔の不衛生」がリスク因子として考えられています。

現在、歯科治療を受けていない方でも、上記薬剤の投与を受けていて、顎のしびれ・腫れ・痛み・骨の露出等の異常がある場合は、すぐに歯科・口腔外科を受診して下さい。

また、現在、異常がない方でも、上記薬剤の投与を受けている方はお口の中を清潔に保つ事が重要となります。ご心配な方は歯科医院にご相談ください。

 
仁科歯科医院における対応
「顎骨壊死」「顎骨骨髄炎」に関しての報告は欧米を中心に2400例程度の報告、日本では数例という状況で、治療・予防に関しても確立されたものはない状況です。

今回、静岡県歯科医師会より一応のガイドラインが提示されましたので、当院での対応はそれに基づいて行います。



[ 注射剤による治療を受けている場合 ]

抜歯・歯周外科・インプラントなどの侵襲的な歯科治療を行うことはできません。


[ 内服剤による治療を受けている場合 ]

歯周外科・インプラントは原則としておこないません。抜歯に関しては、

服用期間が3年以上、または服用期間が3年未満でも以下の危険因子を持っている場合は、全身状態が差し支えなければ少なくとも3か月間は服用を中止した上で抜歯を行い、処置部位の骨が治ってくる傾向がみとめられるまでは服用を再開しない。
 < 危険因子 >
 ・糖尿病
 ・喫煙
 ・飲酒
 ・お口の中の衛生状態の不良、歯周病
 ・化学療法薬の投与を受けている場合
 ・高齢(65歳以上)
 ・骨隆起やその他の外骨症

服用期間が3年未満の場合で、上記の危険因子がない場合は服用の中止は行わず、通常通り抜歯を行います。

*いずれの場合も、処置前にBP系薬剤とその副作用に関してのご説明と文書提供を行い、同意書にご署名をいただいた上で抜歯を行います。

*いずれの場合も、処置の1日または2日前より予防的抗菌薬の投与を行います。

*いずれの場合も、術後は最低2ヶ月間、1日2回の洗口剤(うがい薬)による消毒を行っていただきます。
この件に関するご質問はこちらからどうぞ→ 

仁科歯科医院 : 422-8063 静岡市駿河区馬渕 3-12-14 [Tel] 054-283-4555