大西政之のページへようこそ

Welcome to Masayuki Ohnishis Web Page!

 

 

日本産新鉱物 1 / 2 / 3

 

 

 

 

       

大西 政之 (おおにし まさゆき)

   

大阪府

研究分野

鉱物科学記載鉱物

所属学会

日本鉱物科学会

受  賞

日本鉱物科学会 櫻井賞 (37号メダル)

 

 

 

 

 

出身地は東大阪市で、大学入学まで過ごしました。学生時代は倉敷市と岡山市でそれぞれ3年間過ごし、中学生の頃から興味をもった鉱物の野外調査や分析に没頭していました。現在は、金属メーカーに勤務するかたわら、鉱物の研究をしています。

 

金属塩鉱物の固溶関係

地球表層で熱水活動や硫化物などの風化などによって生成した金属塩鉱物におけるイオンの固溶様式と構造の関係と、それらが生成した地球科学的背景について研究しています。

希産鉱物の物性および成因

希産鉱物とは世界的に産地が少ない、または産出量が少ない鉱物のことです。鉱物が生成するとき、温度・圧力・組成などの条件を反映して、最も安定な鉱物相とその集合体ができます。希産鉱物が産出するということは、そこで何らかの特殊な環境が実現されたことを示しています。このような鉱物の産状、化学的・結晶学的・物理的性質、鉱物共生などを調べることによって、物質科学的特徴を明らかにするとともに、地殻や地球表層における元素の移動・濃集プロセスを読み解くことを目的としています。

新鉱物の記載

世界で初めて発見された新種の鉱物のことを新鉱物といい、その認定は国際鉱物学連合の新鉱物・命名・分類委員会 (IMA-CNMNC) によって行われています。鉱物は化学組成と結晶構造 (原子配列) によって定義されるので、これらの両方または一方が既知のどの鉱物とも異なっていれば新鉱物となり得ます。また、合成物では報告されている物質が、天然で初めて見つかった場合も新鉱物となります。新鉱物の発見は、新しい鉱物の生成環境 (地質学的環境) が発見されたと言い換えることができ、地質学的に重要な意味をもつとともに、未知の物質の基本的な物理的・化学的性質の解明という物質科学の観点からも重要です。

 1. 沼野石 [Numanoite, Ca4CuB4O6(OH)6(CO3)2]: 岡山県高梁市 (岡山大学名誉教授・故沼野忠之博士にちなむ)

2. 大阪石 [Osakaite, Zn4SO4(OH)65H2O]: 大阪府箕面市 (大阪府にちなむ)

3. 愛媛閃石 [Chromio-pargasite; originally ehimeite, NaCa2Mg4Cr(Si6Al2O22)(OH)2]: 愛媛県新居浜市 (愛媛県にちなむ)暮らしており

4. 箕面石 [Minohlite, (Cu,Zn)7(SO4)2(OH)108H2O]: 大阪府箕面市 (箕面市にちなむ)

5. 足立電気石 [Adachiite, CaFe3Al6(Si5AlO18)(BO3)3(OH)3(OH)]: 大分県佐伯市 (アマチュア鉱物学者・地質学者・足立富男氏にちなむ)

6. 足立今吉石 [Imayoshiite, Ca3Al(CO3)[B(OH)4](OH)612H2O]: 三重県伊勢市 (鉱物コレクター・故今吉隆治氏にちなむ)

7. 足立伊予石 [Iyoite, MnCuCl(OH)3]: 愛媛県佐田岬半島 (伊予灘・旧伊予国にちなむ)

8. 足立三崎石 [Misakiite, MnCu3Cl2(OH)6]: 愛媛県佐田岬半島 (三崎灘にちなむ)

研究中・・・

 

研究のキーワード

新鉱物 (new mineral)、希産鉱物 (rare mineral)、固溶体 (solid solution)、顕微鏡観察 (microscopy)X線回折 (X-ray diffraction)、化学分析 (chemical analysis)、野外調査 (field work)

 

査読つき論文

1.  Ohnishi, M., Kobayashi, S. & Kusachi, I. (2002): Ktenasite from the Hirao mine at Minoo, Osaka, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 97 (Sueno Issue), 185-189. DOI:10.2465/jmps.97.185 [PDF]

2.  Ohnishi, M., Kobayashi, S., Kusachi, I., Yamakawa, J. & Shirakami, M. (2004): Ramsbeckite from the Hirao mine at Minoo, Osaka, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 99, 19-24. DOI:10.2465/jmps.99.19 [PDF]

3.  Xue, M., Chitrakar, R., Sakane, K., Ooi, K., Kobayashi, S., Ohnishi, M. & Doi, A. (2004): Synthesis of ktenasite, a double hydroxide of zinc and copper, and its intercalation reaction. Journal of Solid State Chemistry, 177, 1624-1630. DOI:10.1016/j.jssc.2003.12.026

4.  Ohnishi, M., Kusachi, I., Kobayashi, S., Yamakawa, J., Tanabe, M., Kishi, S. & Yasuda, T. (2007): Numanoite, Ca4CuB4O6(OH)6(CO3)2, a new mineral species, the Cu analogue of borcarite from the Fuka mine, Okayama Prefecture, Japan. The Canadian Mineralogist, 45, 307-315. DOI:10.2113/gscanmin.45.2.307【本論文で日本鉱物科学会 櫻井賞受賞】

5.  Ohnishi, M., Kusachi, I., Kobayashi, S. & Yamakawa, J. (2007): Mineral chemistry of schulenbergite and its Zn-dominant analogue from the Hirao mine, Osaka, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 102, 233-239. DOI:10.2465/jmps.061130 [PDF]

6.  大西政之・草地  功・小林祥一・藤原由輝・西田勝一 (2007): 山口県大和鉱山産プライジンガー石.岩石鉱物科学3661-65DOI:10.2465/gkk.36.61 [PDF]

7.  Ohnishi, M., Kusachi, I. & Kobayashi, S. (2007): Osakaite, Zn4SO4(OH)65H2O, a new mineral species from the Hirao mine, Osaka, Japan. The Canadian Mineralogist, 45, 1511-1517. DOI:10.3749/canmin.45.6.1511

8.  Kusachi, I., Shiraishi, N., Shimada, K., Ohnishi, M. & Kobayashi, S. (2008): CO3-rich charlesite from the Fuka mine, Okayama Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 103, 47-51. DOI:10.2465/jmps.070827a [PDF]

9.  Ohnishi, M. & Shimobayashi, N. (2011): Tsumebite from the Kisamori mine, Akita Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 106, 51-56. DOI:10.2465/jmps.090904 [PDF]

10. Shimobayashi, N., Ohnishi, M. & Miura, H. (2011): Ammonium sulfate minerals from Mikasa, Hokkaido, Japan: boussingaultite, godovikovite, efremovite and tschermigite. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 106, 158-163. DOI:10.2465/jmps.101021f [PDF]

11. Nishio-Hamane, D., Ohnishi, M., Minakawa, T., Yamaura, J., Saito, S. & Kadota, R. (2012): Ehimeite, NaCa2Mg4CrSi6Al2O22(OH)2: The first Cr-dominant amphibole from the Akaishi Mine, Higashi-Akaishi Mountain, Ehime Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 107, 1-7. DOI:10.2465/jmps.110715

12. Shimobayashi, N., Ohnishi, M. & Tsuruta, K. (2012): Secondary tungsten minerals in quartz veins in the Ishidera area, Wazuka, Kyoto Prefecture, Japan: anthoinite, mpororoite, and Fe-free hydrokenoelsmoreite. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 107, 33-38. DOI:10.2465/jmps.111020f

13. 大西政之・下林典正・小林祥一 (2012): 島根県銅ヶ丸鉱山および滋賀県御池鉱山産ハイドロウッドワード石の化学組成.岩石鉱物科学41122-128DOI:org/10.2465/gkk.120329

14. Ohnishi, M., Shimobayashi, N., Nishio-Hamane, D., Shinoda, K., Momma, K. & Ikeda, T. (2013): Minohlite, a new copper-zinc sulfate mineral from Minoh, Osaka, Japan. Mineralogical Magazine, 77, 335-342. DOI:10.1180/minmag.2013.077.3.07

15. Ohnishi, M., Shimobayashi, N., Kishi, S., Tanabe, M. & Kobayashi, S. (2013): Talmessite from the Uriya deposit at the Kiura mining area, Oita Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 108, 116-120. DOI:10.2465/jmps.121022g

16. Nishio-Hamane, D., Minakawa, T., Yamaura, J., Oyama, T., Ohnishi, M. & Shimobayashi, N. (2014): Adachiite, a Si-poor member of tourmaline supergroup from the Kiura mine, Oita Prefecture, Japan. Journal of Mineralogical and Petrological Sciences, 109, 74-78.

17. Nishio-Hamane, D., Ohnishi, M., Momma, K., Shimobayashi, N., Miyawaki, R., Minakawa, T. & Inaba, S. (2014): Imayoshiite, Ca3Al(CO3)[B(OH)4](OH)612H2O, a new mineral of ettringite group from Ise City, Mie Prefecture, Japan. Mineralogical Magazine, in press.

査読なし論文・解説など

1.  大西政之・白神正夫・吉村隆男 (2001): 大阪府箕面市温泉町平尾旧坑の二次鉱物.地学研究,50137159

2.    成具・神谷俊昭・大西政之・草地  (2003): 長野県南相木村栗生産モンチセリ石.地学研究,52131-137

3.  遠藤俊祐・大西政之・山本貞興・林 隆生・丹羽健文 (2007): 三重県菰野町湯の山温泉産イットリウムエシキン石.地学研究,56147-152

4.  山本佳弘・大西政之 (2008): 広島県南生口鉱山産ラベンダー石.地学研究,56201-204

5.  青木清吾・大西政之 (2008): 滋賀県湖南市灰山産チャーチ石.地学研究,56212-213

6.  鶴田憲次・大西政之・大西 愛 (2008): 京都府和束町石寺地域から産する燐酸塩,タングステン酸塩およびベリリウム鉱物.地学研究,5767-73

7.  大西政之 (2009): 岡山県布賀鉱山から発見された新鉱物・沼野石.岩石鉱物科学3825-27DOI:10.2465/gkk.38.25 [PDF]

8.  青木清吾・大西政之 (2009): 滋賀県東近江市御池鉱山産ハイドロウッドワード石.地学研究,58164-166

9.  大西政之・岡田 久・藤原 卓 (2011):  滋賀県湖南市灰山産ラムスベック石.地学研究,60

 

著  書

 

1.  大西政之・黒田祥子・澤田 操・武 修次 (2008):  ミネラルワールドへようこそ! きしわだ自然資料館,pp. 32

 

国際学会

1.  Ohnishi, M., Kusachi, I., Kobayashi, S. & Yamakawa, J. (2006): Numanoite, Ca4CuB4O6(OH)6(CO3)2, a new mineral, the Cu-analogue of borcarite from the Fuka mine, Okayama Prefecture, Japan. 19th General Meeting of the International Mineralogical Association, Kobe (Japan), 2006.

国内学会

1.  大西政之・小林祥一・草地 功 (2001): 大阪府箕面市温泉町産ktenasiteについて.日本鉱物学会2001年度年会,P50,秋田大学 (秋田)

2.  大西政之・小林祥一・草地  功・山川純次 (2002): 大阪府箕面市温泉町産schulenbergiteZn置換体について.日本鉱物学会創立50周年記念年会,KA08,大阪大学 (豊中)

3.  大西政之・小林祥一・草地  功・山川純次・白神正夫 (2002):大阪府箕面市温泉町産ramsbeckiteについて.日本鉱物学会創立50周年記念年会,KP08,大阪大学 (豊中)

4.  大西政之・小林祥一・土井  (2002): 天然に産する銅・亜鉛の塩基性硫酸塩の物理・化学的性質.日本セラミックス協会中四国支部,ヤングセラミストミーティングin中四国,A4,岡山理科大学 (岡山)

5.  大西政之・小林祥一・草地  功・山川純次 (2003): 大阪府箕面市温泉町産含水塩基性硫酸亜鉛鉱物について.日本鉱物学会2003年度年会,K8-13,仙台市戦災復興記念館 (仙台)

6.  大西政之・小林祥一・草地  功・藤原由輝・西田勝一 (2004): 和歌山県すさみ町三陽鉱山産alloclasite.日本鉱物学会2004年度年会,K8-12,岡山大学 (岡山)

7.  大西政之・草地  功・小林祥一・山川純次・田邊満雄・岸 成具・安田隆志 (2005): 岡山県高梁市布賀鉱山産borcariteCu置換体.日本鉱物学会2005年度年会,K8-02,愛媛大学 (松山)

8.  西戸裕嗣・赤司治夫・大西政之・藤本雅太郎・小林祥一・草地  (2005): 長崎県平戸島から国内初のBarreriteの産出について.日本鉱物学会2005年度年会,K8-07,愛媛大学 (松山)

9.  大西政之・草地  功・小林祥一・藤原由輝・西田勝一 (2005): 山口県美祢市大和鉱山産preisingerite.日本鉱物学会2005年度年会,K8-51,愛媛大学 (松山)

10. 小林祥一・大西政之・草地  (2005): 鹿児島県霧島産eugsterite日本鉱物学会2005年度年会,K8-52,愛媛大 (松山)

11. 大西政之・草地  功・小林祥一 (2007): 新鉱物・大阪石 Zn4SO4(OH)65H2O日本鉱物学会2007年年会,K8-P01東京大学 (東京)

12. 大西政之・下林典正・小林祥一・井上かおり・藤原由輝 (2008): 島根県銅ヶ丸鉱山産hydrowoodwardite.日本鉱物科学会2008年年会,R4-P03,秋田大学 (秋田)

13. 大西政之・下林典正 (2009): 秋田県大仙市-09亀山盛鉱山産ツメブ石.日本鉱物学会2009年年会,R4-09,北海道大学 (札幌)

14. 大西政之・下林典正・小林祥一 (2009): ハイドロウッドワード石グローコセリン石系層状複水酸化物の組成変化.日本鉱物科学会2009年年会,R4-P18,北海道大学 (札幌)

15. 大西政之・下林典正・篠田圭司・門馬綱一・池田卓史 (2009): 大阪府箕面市平尾旧坑産未知の含水銅・亜鉛硫酸塩鉱物.日本鉱物科学会2009年年会,R4-P19,北海道大学 (札幌)

16. 大西政之・下林典正・宮脇律郎 (2010): 兵庫県新井鉱山産Cuに富むシューレンベルグ石.日本鉱物学会2010年年会,R1-P05,島根大学 (松江)

17. 下林典正・大西政之・三浦裕行 (2010): 北海道三笠産アンモニウム硫酸塩鉱物:1. ゴドヴィコフ石・エフレモフ石・ツェルミッヒ石.日本鉱物科学会2010年年会,R1-P13,島根大学 (松江)

18. 大西政之・下林典正・三浦裕行 (2010): 北海道三笠産アンモニウム硫酸塩鉱物:2. ブサンゴー石.日本鉱物科学会2010年年会,R1-P14,島根大学 (松江)

19. 浜根大輔・大西政之・皆川鉄雄・山浦淳一・斉藤昇平・門田 亮 (2011): 新鉱物・EhimeiteNaCa2Mg4CrSi6Al2O22(OH)2.日本鉱物科学会2011年年会,R1-08,茨城大学 (水戸)

20. 大西政之・下林典正・浜根大輔 (2011): 兵庫県新井鉱山産Cuに富むラムスベック石.日本鉱物科学会2011年年会,R1-P06,茨城大学 (水戸)

21. 大西政之・下林典正・鶴田憲次 (2011): 京都府和束町石寺地域の石英脈から産するウェッデル石.日本鉱物科学会2011年年会,R1-P07,茨城大学 (水戸)

22. 下林典正・大西政之・鶴田憲次 (2011): 京都府和束町石寺地域の石英脈中のタングステン鉱物: anthoinitempororoiteおよびFe-free hydrokenoelsmoreite.日本鉱物科学会2011年年会,R1-P08,茨城大学 (水戸)

23. 大西政之・下林典正・岸 成具・田邊満雄・小林祥一 (2012): 大分県木浦鉱山地域産タルメッシ石.日本鉱物科学会2012年年会,R1-12,京都大学 (京都)

24. 浜根大輔・皆川鉄雄・山浦淳一・小山貴史・大西政之・下林典正 (2013): 新鉱物 足立電気石/Adachiite: CaFe3Al6(Si5AlO18)(BO3)3(OH)3(OH).日本鉱物科学会2013年年会,R1-P04,筑波大学 (つくば)

25. 大西政之・下林典正・浜根大輔・篠田圭司・門馬綱一・池田卓史 (2013): 大阪府箕面市産新鉱物・箕面石.日本鉱物科学会2013年年会,R1-P05,筑波大学 (つくば)

26. 浜根大輔・門馬綱一・大西政之・下林典正・宮脇律郎・冨田 宣光・皆川鉄雄 (2014): 新鉱物 伊予石/Iyoite & 三崎石/Misakiite.日本鉱物科学会2014年年会,R1-P18,熊本大学 (熊本)

27. 浜根大輔・大西政之・門馬綱一・下林典正・宮脇律郎・皆川鉄雄・稲葉幸郎 (2014): 新鉱物 今吉石/Imayoshiite.日本鉱物科学会2014年年会,R1-P19,熊本大学 (熊本)

28. 大西政之・下林典正・小林祥一・大堀晋司 (2014): 和歌山県大勝コバルト鉱床産Bi-Te-Se-S系鉱物.日本鉱物科学会2014年年会,R1-P20,熊本大学 (熊本)

 

 


Masayuki Ohnishi 2002-2014


開設日:2002725

最終更新日:20141025

 

setstats1

setstats1

setstats1