中古車と走行距離の関係

中古車は誰かがそれまで使用していた車です、ですので新車のように購入する訳にはいきません。

中古車>は車の状態を出来るだけ知る必要が有ります。

中古車>選びで一番初めに気になるのは傷ヨゴレでしょう。そして必ず走行距離についてを聞くと思います。

中古車>はある程度走行距離につれ相場が変わります。走行距離が増えるにつれて、 各パーツの劣化が酷くなる為、中古車の価格も安くなるというわけです。

ですから順当に考えれば走行距離が少ない中古車>は高い、走行距離が多い車は安いということになります。

したがって値段が安く走行距離も少なければお買い得!と言うことになります。

しかし、中古車>の走行距離を過信してはいけません。

話が矛盾しているではないか!と思う方もいらっしゃると思いますので簡潔にまとめます。

同じ人が同じ条件で通常使用し、かたや10000キロ、かたや50000キロ走ってる車があるとします、 この状況で10000キロしか走ってない中古車>が50000キロの中古車より安ければお買い得ということになります。

走行距離には落とし穴があります、走行距離の見方は車に付いている距離メーターですが、 このメーターを走行距離の少ないものに付け替えたり、走行距離の数値を減らすことが出来るのです。

其れにより、質の良くない業者ですと10万キロ走っている中古車>を5万キロまでメータを戻し販売する業者等もあります。

走行距離10000キロ以下で破格の中古車>があっても直ぐに飛びつかずに詳細を聞き確かめる事が必須といえるでしょう。

また走行距離の鯖読みをせずとも、前オーナーの乗り方が荒かった中古車>は走行距離が10000キロ程度でもエンジンの調子が悪かったり駆動系のパーツの磨耗が激しかったりします。逆に常に手入れをして各種オーバーホールをキッチリ行っていた中古車であれば10万キロも走っているのにも関わらずとても調子の良い中古車もあります。