縦書きの頁へ戻る
拙訳 『ゆきおんな』 小泉八雲著 「怪談」より 
原文: YUKI-ONNA
from Kwaidan: Stories and Studies of Strange Things by Lafcadio Hearn (The Project Gutenberg Etext) [ http://www.gutenberg.org/etext/1210 ]


                な  え  う  れ  た  西   ┐    前                    く        K    
                奇  は  か  が  村  多  雪     置                    わ        W    
 |     一        妙   ` は   ` の  摩  女     き           ラ  B     ぃ  S  a  A    
 |     九        な  日  分  日  伝  郡 └                  フ  y     だ  t  n  I    
 |     〇        形  本  か  本  説   ` と     ∧           カ        ん  r  d  D    
 *     四        で  の  ら  語  と  調  い     ・           デ  L    ┌┐ a     A    
 |     年        は  た  な  で  し  布  う     ・           ィ  a     怪  n     N    
 |     一        あ  い  い  書  て  の  不     ・           オ  f     談  g  S  ‥    
 |     月        る  て  が  物   ` 農  思     抜           ・  c    └┘ e  t       
 *     二        が  い   ` に  私  夫  議     粋           ハ  a     ‥     u  S    
 |     十         ` の  そ  書  に  に  な     ∨           |  d     奇  T  d  t    
 |     日        確  地  の  か  対  よ  物                 ン  i     妙  h  i  o    
 |              か  域  風  れ  し  っ  語                ┌┐ o     な  i  e  r    
 *     日  L     に  に  変  た  て  て  は                 小        事  n  s  i    
 |     本  .     存  お  わ  事  語   `  `                泉  H     柄  g     e    
 |     国  H     在  い  り  が  ら  彼  武                 八  e     の  s  o  s    
 |     東  .     し  て  な  あ  れ  の  蔵                 雲  a     物     f       
 |     京        て   ` 言  る  た  生  の                └┘ r     語             
 |     に        い  様  い  か   ° ま  国                    n     と             
       て        る  々  伝  ど  そ  れ   `                著        研             
                 °                                           究             
                                                                           



 来  う  る  彼  に        の  そ  そ  と  て  中  と  村  八  茂  い  吉           ゆ  Y    
 る  岸  と  ら  つ  茂     橋  の  の  こ   ` に  こ  か  歳  作  ま ┌┐ 武        き  U    
 よ  に   ` を  い  作     は  川  た  ろ  そ  は  ろ  ら  の  は  し  み  蔵        お  K    
 う  つ  渡  襲  て  と     な  が  び  に  こ   ` に  お  若  老  た  の  の        ん  I    
 な  な  し  い  お  蓑     か  増  に  は  に  渡  あ  よ  者  人   ° き  国        な  |    
 天  が  舟  ま  り  吉     っ  水   `  ` は  ら  る  そ  で  で  私  ち  の       ┌┐ O    
 気  れ  の  し  ま  は     た  す  大  何  渡  ね  森  五  し  し  が └┘ あ        雪  N    
 で  た  船  た  し   `    の  る  水  度  し  ば  へ  マ  た  た  話  と  る        女  N    
 は  ま  頭   ° た  あ     で  と  で  か  舟  な  行  イ   °  ° し  い  村       └┘ A    
 あ  ま  は  彼   ° る     す   ` 流  橋  が  ら  き  ル  毎  蓑  て  う  に                
 り  で  居  ら  そ  と      ° 流  さ  が  有  な  ま ┌┐ 日  吉  い  二   `               
 ま  し  ら  が  の  て        れ  れ  架  り  い  し  八  彼  は  る  人  茂     小          
 せ  た  ず  渡  時  も        に  て  け  ま  幅  た  キ  ら   ` 物  の  作     泉          
 ん   °  ` し   ` 寒        耐  し  ら  し  の   ° ロ  は  彼  語  木 ┌┐               
  ° 泳  渡  場  猛  い        え  ま  れ  た  広  森  メ  一  の  の  こ  も     八          
 そ  ぐ  し  に  烈  夕        ら  い  た   ° い  へ  |  緒  見  こ  り  さ     雲          
 こ  こ  舟  つ  な  方        れ  ま  の  渡  川  向  ト  に  習  の  が  く                
 で  と  は  い  雪   `       る  し  で  し  が  か  ル  彼  い  時  住 └┘    作          
  ` が  向  て  嵐  家        普  た  す  場  あ  う └┘ ら  で  に  ん  と                
 木  出  こ  み  が  路        通   ° が  の  っ  道  の  の  十  は  で  蓑                
                                `                    `                     
                                                                           



 ま        も  身  ど  い  な  川  が  の  り        考  た  最  藁  は  で  ん  鉢  て  |  こ 
 し  彼     か  震  ん  ま  帆  は  ら  音  ま  老     え   ° 初  蓑  戸  し  の  も  幸  |  り 
 ま  は     か  い  空  し  掛  轟   ` や  し  人     て  そ  の ┌┐ を  た  二  囲  運  何  た 
 し  顔     わ  し  気  た  け  々  身  雪  た  の     お  し  内  わ  固  し  畳  炉  だ  ら  ち 
 た  に     ら  ま  は   ° 舟  と  を  が   ° 方     り  て  は  ら  く  窓  く  裏  っ  か  は 
  ° 雪     ず  し  冷  恐  の  荒  横  戸  し  は     ま  彼  そ  み  閉  は  ら  も  た  の   `
 小  が      ` た  た  ろ  よ  れ  た  に  か  横     し  ら  ん  の  ざ  あ  い  あ  と  避  渡 
 屋  降     彼   ° く  し  う  て  え  激  し  に     た  は  な └┘ し  り  の  り  考  難  し 
 の  り     も  し  な  い  に  お  て  し   ` な      °  ` に  を   ` ま  小  ま  え  場  守 
 戸  か     ま  か  り  嵐  揺  り  長  く  少  る        嵐  寒  被  そ  せ  屋  せ  な  所  の 
 が  か     た  し   ` で  れ   ` い  打  年  と        は  い  っ  し  ん  で  ん  が  が  小 
 開  る     寝   ` 蓑  し  て  小  間  ち  の  ほ        す  と  て  て  で   ` で  ら  見  屋 
 け  の     入  結  吉  た  ぎ  屋  起  付  蓑  と        ぐ  は  横  体  し  戸  し   ° つ  へ 
 放  を     り  局  は   ° い  は  き  け  吉  ん        に  感  に  を  た  が  た  小  け  避 
 た  感     ま   ` 雨  そ  ぎ  海  て  る  は  ど        や  じ  な  休   ° 一   ° 屋  る  難 
 れ  じ     し  そ  合  し  い  の  お  音  恐  直        む  ま  り  め  茂  つ  そ  の  こ  し 
 て  て     た  の  羽  て  と  上  り  を  ろ  ぐ        だ  せ  ま  よ  作  あ  れ  中  と  ま 
 お  目      ° 寒  の   ` 軋  の  ま  聞  し  に        ろ  ん  し  う  と  る  は  に  が  し 
 り  を        さ  下  ど  ん  小  し  き  い  寝        う  で  た  と  蓑  き   ` は  出  た 
  ` 覚        に  で  ん  で  さ  た  な  風  入        と  し   °  ` 吉  り  ほ  火  来   `
                             °                                             
                                                                           



原著の挿絵


 私  そ  た  誰  も  じ  若  憐  思   ┐ れ  し  女  女  ん  み  し  ま  む  時  白  を  姿  る  そ 
 の  し  こ  か  り  ゃ  い  れ  っ  お  か  の  の  が  ど   ` た  し  か  に  く  吹  で  の  し 
 言  て  と  に  は   ` の  み  て  前  ら  間  目  非  ん  彼   ° た  っ  彼  輝  き  す  が  て 
 っ  直  を  |  無  蓑  だ  を  い  も  彼  彼  は  常  低  女  そ  が  て  女  く  か   ° 見  雪 
 た  ぐ  話  |  い  吉  か  感  た  あ  女  女  彼  に  く  の  の   ` 身  は  煙  け  彼  え  明 
 こ  に  し  例   ° よ  ら  じ   ° の  は  は  を  美  か  顔  白  全  を  蓑  の  ま  女  ま  り 
 と  私  た  え  し   ° ・  て  だ  男  微  彼  怖  し  が  が  ず  く  か  吉  よ  し  は  し  で 
 を  は  ら  お  か  だ  ・  し  が  と  笑  を  が  い  み  ほ  く  声  が  の  う  た  茂  た   `
 覚  お   ` 前  し  か  ・  ま   ` 同  み  見  ら  こ  ま  と  め  が  め  方  で   ° 作   ° 彼 
 え  前  私  の   ` ら   ° う  私  じ   ` つ  せ  と  し  ん  の  出  ま  へ  し  |  の  |  に 
 て  を  に  母  も   ` お  |  は  目  そ  め  た  が  た  ど  女  せ  し  振  た  |  上  |  部 
 お  殺  は  親  し  今  前  |  否  に  し  続  に  分   ° 彼  は  な  た  り   ° そ  に  全  屋 
 く  し  必  に  も  は  は  お  が  遭  て  け  も  か  そ  に  彼  い   ° 向  そ  し  か  身  の 
 の  て  ず  で  い  お  か  前  応  わ  囁  ま  か  り  し  触  の  こ  彼  き  れ  て  が  白  中 
 だ  や  そ  も  つ  前  わ  は  に  せ  き  し  か  ま  て  れ  上  と  は   ` と   ` み  尽  に 
 よ  る  れ  |  か  を  い  そ  も  て  ま  た  わ  し   ` る  に  が  叫  そ  ほ  彼  こ  く  女 
 !  ・  が  |   ` 害  い  ん  お  や  し   ° ら  た  彼  ま  か  分  ぼ  し  と  女  み  め  の 
└   ・  分  今  お  す  男  な  前  ろ  た  |  ず  |  に  で  が  か  う  て  ん  の  彼  の  人 
    ・  か  晩  前  る  の  に  に  う  |  |   ° |  は   ` み  り  と  彼  ど  息  に  女  が 
     ° る  見  が  つ  子  も  は  と  |  そ  少  彼  彼  ど  こ  ま  し  に  同  は  息  の  い 
        °                                                                  
                                                                           



 傍  少  渡        な  く  て  の  か  せ  い  を  て  な  ま  の  で  せ  見  に  そ  て       
 ら  し  し  夜     っ  な  茂  で  け  ん  ま  白  い  い  し  木  く  ん  回  気  れ  彼  こ    
 で  後  守  明     て  っ  作  怖  ま  で  し  尽  た  か  た  の  る   ° し  付  か  か  れ    
 意  で  が  け     死  て  の  く  し  し  た  く  の  と   ° 棒  の  そ  ま  く  ら  ら  ら    
 識  し  渡  ま     ん  い  顔  な  た  た   ° め  だ  思  彼  切  で  し  し  と   ` 離  の    
 を  た  し  で     で  る  に  り   `  ° し  の   ` い  は  れ  し  て  た   ` 彼  れ  言    
 失   ° 小  に     い  の  触  ま  し  彼  か  女  そ  ま   ` を  た  雪   ° 彼  自   ` 葉    
 っ  彼  屋  は     ま  が  っ  し  か  は  し  の  し  し  風  つ   ° が  し  は  身  戸  を    
 て  は  に  嵐     し  判  て  た  し  茂  彼  姿  て  た  が  っ  蓑  猛  か  跳  が  口  発    
 横   ` 戻  は     た  り  み   ° 老  作  は  と   `  ° 吹  か  吉  烈  し  ね  動  を  す    
 た  茂  っ  や     ・  ま  る  彼  人  を  そ  見  戸  |  い  え  は  に   ` 起  け  通  る    
 わ  作  た  み     ・  し  と  が  は  起  れ  間  口  |  て  て  戸  小  女  き  る  っ  と    
 っ  の  時  ま     ・  た   ` 暗  返  こ  に  違  の  彼  戸  し  を  屋  は   ` よ  て   `   
 て  凍  は  し      ° !  氷  闇  事  そ  は  え  雪  は  が  っ  閉  の  ど  辺  う  出  彼    
 い  り   ` た           の  に  を  う  確  た  明   ` 開  か  め  中  こ ┌┐ に  て  女    
 る  つ  日   °       茂  よ  手  し  と  信  の  か  単  い  り   ` へ  に  あ  な  行  は    
 蓑  い  の  そ        作  う  を  な  し  を  だ  り  に  た  戸  い  吹  も  た  っ  き  背    
 吉  た  出  し        は  に  伸  か  て  持   ` の  夢  の  締  く  き  見 └┘ た  ま  を    
 を  体  か  て        硬  冷  ば  っ  呼  て  と  輝  を  で  り  つ  込  え  り  こ  し  向    
 見  の  ら   `       く  た  し  た  び  ま  思  き  見  は  し  か  ん  ま  を  と  た  け    
                                                                    °      
                                                                           



 り  い  た  お  話  た  に  た  と  一  る           そ  て  朝  は  り  尽  と  病  の  く  つ 
  ` う  こ  雪  し   ° 心   ° 背  人  途  翌        れ  戻  一  彼  ま  く  に  を  恐  す  け 
 彼  こ  と ┌┐ 始  そ  地  そ  が  の  中  年        を  り  人  の  せ  め  酷  患  ろ  る  ま 
 ら  と   ` ゆ  め  れ  好  し  高  少  で ┌┐       売  ま  で  生  ん  の  く  い  し  と  し 
 が   ` そ  き  ま  か  く  て  い  女   ` よ        る  し  森  業  で  女  怯  ま  い  意  た 
 召  そ  し └┘ し  ら  響   ` 少  に  彼  く        の  た  へ ┌┐ し  を  え  し  夜  識   °
 使  こ  て  と  た  彼  く  彼  女  追  は  と        で   ° 行  な  た  見  て  た  の  を  蓑 
 の  に   ` い   ° は  声  女  で  い  た  し        し  そ  き  り   ° た  い   ° 寒  取  吉 
 口  た  江  う  そ  彼  で  は   ` つ  ま └┘       た  し   ` わ  病  こ  ま  彼  さ  り  は 
 で  ま  戸  こ  の  女   `  ` と  き  た  の         ° て  夕  い  か  と  し  は  の  戻  即 
 も  た  に  と  少  と  蓑  鶯  て  ま  ま  冬           彼  暮 └┘ ら  に  た  ま  影  し  座 
 見  ま  向   ` 女  並  吉  の  も  し  同  の           の  れ  に  回  つ   ° た  響  ま  に 
 つ  わ  か  最  は  ん  の  鳴  器  た  じ  あ           母  に  戻  復  い  け   ` か  し  介 
 け  ず  っ  近   ` で  挨  き  量   ° 道  る           が  は  り  す  て  れ  老  ら  た  抱 
 る  か  て  両  自  歩  拶  声  が  彼  を  夕           彼  薪  ま  る  一  ど  人   `  ° さ 
 の  な  い  親  分  き  に  の  よ  女  旅  方           を  の  し  と  言  も  が  彼  し  れ 
 を  知  る  と  の   ` 答  よ  い  は  し   `          手  束  た  直  も  彼  死  は  か   `
 手  辺  の  も  名  彼  え  う  の  す  て  家           伝  を  |  ぐ  し  は  ん  長  し  し 
 伝  が  だ  失  前  ら  ま  に  で  ら  い  へ           っ  も  |  に  ゃ   ` だ  い   ` ば 
 っ  あ  と  っ  は  は  し  耳  し  り  た  帰           て  っ  毎  彼  べ  白  こ  間  あ  ら 
                                                                           
                                                                           



 彼  た  躇  う  吉  く  く  口  ニ  に  き  ら  れ  い  親  う  の  そ  分  ど  彼  女  て  蓑  て 
 女   ° し  か  は  思  頃  ほ      ` 続  の  ま  の  を  か  か  れ  に  う  女  は  し  吉  く 
 の  そ  た  と   ` う  に  ど  モ  キ  け  打  で  で  養  と   ` か  は  か  に  顔  ま  は  れ 
 た  し  後  奨  お  よ  は  に  ノ     ま  ち  考   ` っ  尋  そ  ら  結  と  は  立  い  直  る 
 め  て   ` め  雪  う   ` も     ガ  し  明  え   ┐ て  ね  れ   ` 婚  尋  も  ち  ま  ぐ  だ 
 に  彼  彼  ま  に  に  彼  の  ヲ     た  け  た  れ  い  ま  と  今  の  ね  う  が  し  に  ろ 
 温  の  女  し  し  な  ら  を     ア   ° 話  こ  っ  る  し  も  度  約  ま  許  美  た  こ  う 
 か  母  は  た  ば  り  は  言  イ  レ  し  の  と  き  だ  た  結  は  束  し  婚  し   ° の  と 
 い  親  彼   ° ら  ま  互  う  ウ  バ  か  後  も  と  け   ° 婚  彼  な  た ┌┐ く  そ  見  い 
 食  は  と  す  く  し  い ┗       ` し   ` 無  し  な  そ  の  女  ど   ° い  見  し  知  う 
 事  彼  一  こ  家  た  に     ‥      ` 彼  い  た  の  し  約  が  は  彼  い  え  て  ら  こ 
 を  女  緒  し  で   ° 相  と   ┓ メ  こ  ら  と  嫁  だ  て  束  蓑  無  女  な  る   ` ぬ  と 
 支  を  に  恥  休  そ  手  い  気     と  は  話  さ  が  彼  を  吉  い  は  づ  の  見  少  な 
 度  温  そ  ず  ん  し  を  い  が  モ  わ  黙  し  ま   ` は  し  に  と  笑  け  で  れ  女  ど 
 し  か  こ  か  で  て  と  ま  あ     ざ  っ  ま └   彼   ` て  結  答  い └┘ し  ば  に  を 
 ま  く  へ  し  い  そ  て  す  れ  ク  に  て  し  の  は  未  い  婚  え  な  が  た  見  心  話 
 し  も  行  そ  っ  れ  も   ° ば  チ  あ  長  た  問  と  亡  る  し  ま  が  い   ° る  を  し 
 た  て  き  う  て  か  好  村   `    る  々   ° 題  て  人  の  て  し  ら  る  彼  ほ  奪  ま 
  ° な  ま  に  は  ら  ま  に  目  ホ  よ  と  こ  は  も  の  か  い  た   ` の  は  ど  わ  し 
 お  し  し  躊  ど  蓑  し  着  も  ド  う  歩  れ  こ  若  母  ど  る   ° 自  か   ` 彼  れ  た 
     `                                                                    °
                                                                           



       に  た  る  え  く        し  子  お  へ  が  て  て        ま   ┐ 戸  物  戸  然  雪 
       若  後  の  ま  異  田     い  を  雪  の  死  |  示  お     っ  れ  へ  事  へ  の  は 
       く  で  で  し  な  舎     顔  も  は  愛  に  |  し  雪     た  っ  行  の  の  こ  行 
       て  さ  す  た  る  の     立  う  蓑  情  ぎ  五  ま  は     の  き  く  自  旅  と  儀 
       み  え  が   ° の  人     ち  け  吉  と  わ  年  し   `    で  と  こ  然  を  で  良 
       ず   `  ` 農  で  た     で  ま  と  賞  に  ほ  た  と     す  し  と  な  遅  す  く 
       み  初  お  婦   ` ち      ` し  の  賛  言  ど   ° て      ° た  は  成  ら  が  振 
       ず  め  雪  た  お  は     と  た  間  の  っ  後  蓑  も        嫁  あ  り  せ  彼  舞 
       し  て  は  ち  雪   `    て   ` に  言  た  の  吉  良        さ  り  行  て  女  っ 
       く  村  十  の  は  彼     も  |  十  葉  こ  こ  の  い        ま  ま  き  は  が  た 
       見  へ  人  ほ  不  等     色  |  人  だ  と  と  母  嫁       └   せ  と  ど  気  の 
       え  来  の  と  思  と     白  子  の  っ  は  で  親  で        と  ん  し  う  に  で 
       る  た  子  ん  議  は     で  供  子  た   ` し  が  あ        し  で  て  か  入   `
       の  日  供  ど  な  生     し  た   ` の  彼  た  死  る        て  し   ` と  っ  蓑 
       で  と  の  は  人  ま     た  ち  男  で  女  が  ぬ  こ         ` た  結  説  て  吉 
       し  お  母  早  で  れ      ° は  の  す  の   ` と  と        そ   ° 局  き   ` の 
       た  な  親  く  あ  つ        み  子   ° 息  |  き  を        の  彼   ` ま  彼  母 
        ° じ  と  年  る  き        ん  や  そ  子  |  に  身        家  女  雪  し  女  親 
          よ  な  を  と  が        な  女  し  の  彼  な  を        に  は  は  た  に  は 
          う  っ  取  考  全        美  の  て  妻  女  っ  も        留     江   ° 江  突 
                                      `          っ                         
                                                                           



  ┐    し  老  に  夜        で   ┐    返        際  い  こ  き  て   ┐    言  お  燈    
 夢     た  い  覆  の  そ     見  彼     答  手      ` 美  す  に  い  お     い  り ┌┐ あ 
 か      ° た  い  こ  れ     た  女     し  仕     彼  し  よ  起  る  前     ま  ま  あ  る 
 現     そ  茂  か  と  か     の  の     ま  事     女  く   ° こ  の  が     し  し  ん  夜 
┌┐    し  作  ぶ   ` ら     ?  こ     し  か     は  肌  そ  っ  を  そ     た  た  ど   `
 う     て  の  さ  |  蓑    └   と     た  ら     お  の  の  た  見  こ      `  ° ん  子 
 つ      ` 静  っ  |  吉        を      ` 目     前  白  と  不  る  で     |  そ └┘ 供 
 つ     彼  か  て  そ  は        教     |  を     に  い  き  思  と  顔     |  し  の  た 
└┘    は  な  き  し  渡        え     |  上     良  誰  私  議   ` に        て  光  ち 
 か     言  死  た  て  し        て        げ     く  か  は  な  私  光         ` を  が 
  `    い  の  白  微  守        く        る     似  に   ` 出  が  が        彼  た  寝 
 お     ま  こ  い  笑  の        だ        こ     て  出  今  来  十  当        女  よ  入 
 前     し  と  女  ん  小        さ        と     い  会  の  事  八  て        を  り  っ 
 と     た  を  の  で  屋        い        な     た  っ  お  の  の  つ        見  に  た 
 同      ` 彼  こ  囁  で        ・        く     ・  た  前  こ  若  つ        な  縫  後 
 じ     |  女  と  き  の        ・         `    ・  の  と  と  者  縫        が  い   `
 く     |  に   ` な  恐        ・        お     ・  だ  同  を  だ  い        ら  物  お 
 ら        話  |  が  ろ         °       雪    └   |  じ  思  っ  物        蓑  を  雪 
 い        し  |  ら  し        ど        は        |  く  い  た  を        吉  し  は 
 美        ま  年  彼  い        こ         `       実  ら  起  と  し        は  て  行 
                                                                           
                                                                           



 ず        罰  で  う  た  い  ち  と  つ  だ   ┐    の  し        だ ┌┐ れ  は  怖  彼  し 
  ` 彼     を  不  が  ち  た  が  言  い  っ  そ     顔  て  お    └   女  が  な  い  女  い 
 風  女     受  平  身  を  で  い  っ  て  た  れ     に   ` 雪     ・  人  私  ん   ` は  女 
 の  は     け  不  の  か  し  な  た  一  の  は     向  座  は     ・ └┘ の  と  |  人  を 
 唸  金     る  満  た  わ  ょ  か  わ  言  よ   `    か  っ  縫     ・  だ  見  白  |  間  見 
 り  切     に  を  め  い  う  っ  !  で  !  私     っ  て  い        っ  た  か  と  で  た 
 の  り     値  い  だ  が  !  た  ・  も     |     て  い  物        た  夢  っ  て  は  の 
 よ  声     す  う  わ  っ     ら  ・  漏  そ  |     悲  た  を        の  だ  た  も  な  は 
 う  で     る  理   ° て  そ   ` ・  ら  し  私     鳴  蓑  放        か  っ  こ  ひ  か  そ 
 に  叫     目  由  子  良  し  今  そ  し  て  |     の  吉  り        は  た  と  ど  っ  の 
 彼  ん     に  が  供  く  て  こ  こ  た   ` |     よ  の  出        っ  の  か  く  た  と 
 女  で     遭  あ  た  世   ` の  に  ら  私  私     う  上  し        き  か  !  怖   ` き 
 の  い     わ  っ  ち  話  こ  時  眠  あ  は  だ     に  に  て        り  そ  ・  い  そ  だ 
 声  た     せ  た  が  を  れ  あ  っ  な  あ  っ     叫  か  立        と  れ  ・  |  し  け 
 は  に     る  ら  あ  し  か  な  て  た  な  た     び  が  ち        わ  と  ・  |  て  だ 
 か  も     わ   ` な  て  ら  た  い  を  た  の     ま  み  上        か  も   ° し  私   °
 細  か     よ  あ  た  あ  は  を  る  取  が  よ     し  こ  が        ら  雪  実  か  は  も 
 く  か     !  な  の  げ   ` 殺  子  り  そ  !     た  み  り        な  の  際  し  彼  ち 
 な  わ    └   た  こ  る  子  し  供  殺  れ        |   `  `       い  化   ` 彼  女  ろ 
 り  ら        を  と  ほ  供  て  た  す  に  雪     |  彼  そ        の  身  そ  女  が  ん 
                                                                          `
                                                                           



      ┌┐         ┌┐               ┌┐   ┌┐          こ     た  を  そ  ら  ま 
       2           1                 1     原           と  ・   ° 通  れ  い  し 
 の   ┐└┘    方  す └┘    含  の  古  ‥ └┘    注           は  ・     っ  は  で  た 
 で  雪  O     で  な  t     む  大  い     M    └┘          あ  ・     て  屋   `  °
 は └   |     あ  わ  w        部  時  武  u                 り  そ     ゆ  根  白  | 
 な  を  Y     る  ち  o        分  代  蔵  s                 ま  れ     ら  の  く  | 
 い  意  u     と   ` |        と  の  の  a                 せ  っ     ゆ  梁  輝  そ 
  ° 味  k     い  床  m        埼  国  国  s                 ん  き     ら  へ  く  れ 
    す  i     う  の  a        玉  で     h                 で  り     と  と  霧  か 
    る  ‥     こ  表  t        県   `    i                 し   `    震  立  に  ら 
    こ  お     と  面  ‥        及  そ                       た  二     え  ち  な   `
 日  の  雪        が  二        び  の     P                  ° 度     な  昇  っ  彼 
 本  名            ` 畳        神  領     r                    と     が  っ  て  女 
 の  前           約           奈  域     o                    彼     ら  て  し  は 
 女  は           六           川  は     v                    女     出  い  ま  姿 
 性   `          フ           県  今     i                    の     て  き  い  が 
 の  珍           ィ           の  日     n                    姿     行   ` ま  徐 
 名  し           |           一  の     c                    を     き  煙  し  々 
 前  い           ト           部  東     e                    見     ま  出  た  に 
 に  も           四           を  京                          る     し  し   ° 薄 
                                                                           
                                                                           



       d     s     j  b           p     b    ┌┐               ┌┐         
       a     o     u  u           l     r     訳                 2          
    妻  u  美  n  掛  n  n     火  t  a     a     注           東  え └┘    の  つ 
   ┌┐ g  し  g  け  k  d     を  o  c     z      `          京  ど  Y     論  い 
    嫁  h  い  |  船     l     起     e     i     メ           の ┌┐ e     文  て 
   └┘ t  声  b     ジ  e     こ  m        e     モ           以  E  d     を   `
     ` e  で  i     ャ  s     す  a  i     r    └┘          前  d  o     参   ┐
    義  r  鳴  r     ン        場  k  n                       の  o  ‥     照  影 
    理  |  く  d     ク  o     所  e       ┌┐                名  ‥  い     の └  
    の  i  鳥        ‥  f            w     暖                 称  江  ぇ     こ  と 
    娘  n  を  鳴     中        囲  a  h     房                  ° 戸  ど     と  題 
          さ  き     国  w     炉     i     用                   └┘        ° し 
       |  す  鳥     な  o     裏  f  c    └┘                   と           た 
       l └┘┌┐    ど  o        i  h     金                    も           本 
       a     鶫     で  d        r        属                    綴           に 
       w     や     使           e        製                    ら           収 
             鶯     わ  薪                 火                    れ           録 
       息     な     れ  の                 鉢                    る           し 
       子     ど     る  束                                       `          た 
       の     の     帆                                                     私 
                                                                           
                                                                           



    ・       ┌┐                 ┐          A            ┐    s  t   ┐    Ki 
    元        二                 影           s           気  m  a  h  W  mo    
 米  テ        〇              ‥ ┌┐    文  こ  l     日  ・  が  o  y  e  h  no  ga 
 グ  キ        〇                 S     意  れ  e     本  ・  あ  u     r  e       
 |  ス     b  八              小  h     に  を  e     語  ・  れ  t  a  e  n  wo  a  
 テ  ト     y  年              泉  a     合   ┐ p     ロ  ハ  ば  h  s  ,        re 
 ン ┌┐                      八  d     わ  寝        |  |  目  .        t  i   ba 
 ベ  英     c  三              雲  o     な  て  o     マ  ン  も └   m  t  h  u    `
 ル  文     y  月                 w     い  も  r     字  は  口     u  h  e  ‥    
 グ └┘    g  十              著  i      ° 醒        表  こ  ほ     c  e        me 
 プ  は     n  五                 n        め  a     記  の  ど     h     w       
 ロ   `    u  日              一  g        て  w     と  こ  に        e  i     mo 
 ジ        s                 九  s        も  a     英  と  も     a  y  s       
 ェ       |   和              〇 └┘      └   k     語  わ  の     s  e  h     ku 
 ク        o  訳              〇 └         と  e     と  ざ  を        s        chi
 ト        d                 年           訳        を  を  言     t     i       
 所        i                 出           す  夢     併   ` う     h  c  s     ho 
 収        l                 版           と  か     記  文 └      e  a        do 
          e                              ` 現      ° 中           n          
         └┘                               か        で                    ni 
                                                     `                     
                                                                           



       ん  の  し  ハ  り   ┐    日     O     電     A                            
      └┘ 日  た  |  は  K     本     n     子                 |           よ    
       と  本  表  ン   ` W     語           化     N           |           り   ┐
       発  で  記  が  前  A     の  P  J     担     o           |            ` K 
       音  は  の  日  近  I     発  r  a     当     t           *           Y  W 
       さ  そ  綴  本  代  D     音  o  p     者  t  e           |           U  A 
       れ  の  り  に  の  A     に  n  a     か  h              |           K  I 
       る  言  字  来  日  N     つ  u  n     ら  e  f           |           I  D 
        ° 葉  が  た  本 ┌┐    い  n  e     の     r           *           |  A 
          は  ま  と  語  く     て  c  s     注  D  o           |           O  N 
          K  だ  き  の  わ        i  e     釈  i  m           |           N ┌┐
          A  使  は  発  ぃ     ∧  a           g              |           N  く 
          I  わ   ` 音  だ     ・  t           i              *           A  わ 
          D  れ  こ  に  ん     ・  i           t              |          ┌┐ ぃ 
          A  て  の  基 └┘    ・  o           i              |           ゆ  だ 
          N  い  発  づ └      抜  n           z              |           き  ん 
         ┌┐ た  音  い  と     粋              e              *           お  \ 
          か   ° を  て  い     ∨              r              |           ん  怪 
          い  近  反  い  う                                   |           な  談 
          だ  代  映  る  綴                                   |          └┘└┘
                    °                                                   └  
                                                                           



拙訳 『ゆきおんな』 小泉八雲著 「怪談」より 
原文: YUKI-ONNA from "Kwaidan: Stories and Studies of Strange Things" by Lafcadio Hearn
(The Project Gutenberg Etext) [ http://www.gutenberg.org/etext/1210 ]
    Project Gutenberg [ http://www.gutenberg.org/ ]
(ゆきおんな:2008-03-16 ver.0.10 和訳改訂、挿絵掲載)
(ゆきおんな:2008-03-15 ver.0.09 和訳掲載)
頁トップへ戻る
縦書きの頁へ戻る