縦書きの頁へ戻る
拙訳 物語詩『コリントの花嫁』 ゲーテ詩集(英訳 by Edgar Alfred Bowring)より 
原文: THE BRIDE OF CORINTH
from The Poems of Goethe by Johann Wolfgang von Goethe (The Project Gutenberg Etext) [ http://www.gutenberg.org/etext/1287 ]



                彼        し                    要  ア  昔                 コ  T 
 怖           彼  ら     い  か                 彼  求  テ  あ        ヨ  J     リ  H 
 れ  忌  生     と  は     ま  し     い  い  息     の  し  ネ  る        ハ  o     ン  E 
 か  ま  ま     彼  ク     や   `    ず  つ  子     父  よ  に  時        ン  h     ト    
 ら  わ  れ     の  リ     そ  そ     れ  も  と     の  う  住   `          a     の  B 
 し  し  た     家  ス     の  れ      ` 言  娘     友  と  ん  若        ウ  n     花  R 
 ば  い  ば     族  チ     願  が     花  っ  は     人  望  で  い        ォ  n     嫁  I 
 し  雑  か     す  ャ     い  大     嫁  て   `    と  ん  い  旅        ル           D 
 ば  草  り     べ  ン     を  き     と  い  と     し  で  た  人        フ  W        E 
 愛  の  の     て  で     彼  な     花  た  父     て  い  の  が        ガ  o          
 も  よ  信     は  あ     は  犠     婿     親     の  た  だ  コ        ン  l        O 
 真  う  仰      ` り     叶  牲     に     た      `  ` が  リ        グ  f        F 
 実  に  心     い   `    え  を     す     ち     親      ` ン           g          
 も   ` の     ま  洗     る  払     る     は     切     彼  ト        フ  a        C 
 根     ゆ     だ  礼     よ  っ     の           な     は  に        ォ  n        O 
 絶     え     無  を     う  て     だ           厚      ` や        ン  g        R 
 や      `    宗  受     望  購     と           遇     そ  っ                    I 
 し           教  け     め  わ      °          を     こ  て        ゲ  v        N 
 に           で  て     る  れ                  °    で  き        |  o        T 
 さ           あ  い     の  る                       あ  た        テ  n        H 
 れ           っ  て     か  の                       る   °                     
 る           た   `    ?  を                       町              G          
  °           °          除                       の              o          
                         い                       人              e          
                         て                       に              t          
                          `                                     h          
                                                                e          



    瞬                    へ        し     ち                 彼        父       
 ど  く     開           そ  と     あ  か     去  彼           そ  女     そ  と       
 の  ラ     い  人  彼     し  へ     ま  し     っ  に  彼  ワ     し  は     し  娘       
 よ  ン     た  影  の     て  と     り   `    た  お  に  イ     て  客     て   `      
 う  プ     ド  が  目      ` だ     に  実      ° 休  よ  ン     彼  人      ` す       
 に  に     ア  急  が     着  っ     豊  の        み  っ  と     を  を     母  べ       
  ` よ     を  ぎ  閉     物  た     富  と        を  て  食     立  好     親  て       
 ベ  っ     黙  入  じ     を  若     に  こ        言  懇  べ     派  意     だ  は       
 |  て     っ  る  ら     着  者     広  ろ        い  請  物     な  を     け  床       
 ル   `    て   ` れ     た  は     げ   `       な  さ  が     部  持     が  に       
 と  彼     通     る     ま  肉     ら  彼        が  れ  運     屋  っ     遅  就       
 着  は     り     や     ま  と     れ  は        ら  る  ば     に  て     く  い       
 物  い     抜     い     ベ  飲     た  い         ° 前  れ     案  迎     ま  て       
 と  ま     け     な     ッ  み     お  ま        彼  に  る     内  え     で  し       
 で  や     て     や     ド  物     い  全        女   °  `    す  入     寝  ま       
 白  見      °     `    に  の     し  く        は           る  れ     な  い       
 く  知                 体  事     い  食        直            °  `    い   `      
 装  っ                 を  を     食  欲        ち                    で          
 っ  た                 横  忘     べ  が        に                    い          
 て                    た  れ     物  な        彼                    る          
 い                    え   `    の  か        を                     °         
 る                    た        た  っ        残                               
 か                     °       め  た        し                               
 を                             に   `       て                               
  °                             °          立                               
                                                                           
                                                                           



    り   ┐       と   ┐                   あ         ┐                   眉    
 愛  物  こ     熱  若  待     我           我  あ     彼  我     ま           内  の    
 の  が  こ     の  者  っ     は  汝  汝     は   `    ら  が     る  白  し     気  周    
 神  あ  に     こ  は  て     来  よ  の     ほ  彼     が   `    で  い  か     そ  り    
 ア  る   `    も  叫  く     た  安  柔     と  ら     命 └      ひ  手  し     う  に    
 モ   ° 農     っ  ん  だ     の  ら  ら     ん  は     じ  彼     ど  を  彼     な  黒    
 |     の     た  だ  さ     と  か  か     ど   `    得  女     く  掲  女     乙  と    
 ル     女     性   ` い     同  に  き     恥  我     な  は     悲  げ  は     女  金    
 が     神     急      `    じ  眠  寝     ず  を     い  叫     嘆   `  `    が  と    
 美     ケ     さ     あ     よ  れ  床     か  物     客  ん     に     彼     音  の    
 し     レ     で     な     う  !  の     し  寂     人  だ     く     の     も  帯    
 さ     ス     寝     た     に     上     さ  し     の   `    れ     見     な  を    
 で     の     床      `    速     に     に  い     夜   ┐     `    た     く  着    
 飾      `    を     美     や     今     打  修     伽  こ     恐     と     部  け    
 ら     酒     飛     し     か           ち  道     に  こ     れ     こ     屋   `   
 れ     神     び     い     に           の  院     ?  で     て     ろ     に       
 た     バ     出     乙     戻           め  に         `    い      `    入       
 貴     ッ     し     女     る           さ  閉        他     る           る       
 女     カ     な     よ     だ           れ  じ        人     か            °      
 を     ス     が     !     ろ           た  込        と     の                   
 運     の     ら    └      う           よ  め        し     よ                   
 ん     喜      °           °          う  る        て     う                   
 で     び                └            に   `        `    に                   
 く     の                             思                 見                   
 れ     贈                             う                 え                   
 た                                    °                た                   
  `                                                     °                  



             見         ┐                   あ  狂      ┐                     
          十  え     絶  い                 我  あ  喜     近        神             
 子  彼     字  な     頂  ま     こ   ┓ 病     の  悲  は     寄        々  最     貴    
 羊  ら     架  い     の  は     れ  若  が     母  し  い     る        が  愛     女    
 で  は     の  も     日  非     か  さ  治     の  や  ま     の        味  の     は    
 も  生     上  の     々  常     ら  と  っ     病   ` や     で        わ  人     恐    
 若  贄     の  が     を  に     は  生  て     床  運  け     は        う  よ     れ    
 牛  を     救  天     支  静     天  命   `    の  命  っ     な        狂   `    に    
 で  こ     世  を     配  か     に  力  彼     幻  の  し     い        喜  こ     青    
 も  こ     主  支     し  な     捧  は  女     想  一  て      `       と  こ     ざ    
 な  で     を  配     た  の     げ  ど  は     を  歩  我     若        や  で     め    
 く  殺     彼  し     す  で     ら  ち  こ     通  と  に     者        ら        て    
  ` す     ら   `    べ   `    れ  ら  う     し  勘  微     よ        を        い    
     `    は        て  こ     る  も  誓     て  違  笑     !        試        る    
          崇        の  の     も     っ      ° い  み              し        !    
          拝        神  家     の     た        さ  か     離        て             
          す        々  か     と     の        れ  け     れ        み             
          る        は  ら     し     だ        て  な     て        ま             
           °       追        ま      `       い  い     い        せ             
                   い        す              る   °    よ        ん             
                   払       ┗                `       !        か             
                   わ       └                                └              
                   れ                                                       
                   て                                                       
                   い                                                       
                   る                                                       
                    °                                                      



        ┐                   我         ┐                て   ┐       そ     し 
    婚  い     す           あ  が     彼  や     私           い  今     け  し     か 
    姻  い     ぐ  一  我     あ  静     ら  さ     た  私  婚     る  私     れ  て     し 
    の  え     さ  方  が      ` 寂     が  し     ち  た  約     こ  の     ど   `     `
    神   `    ま   ` 愛     彼  な     汝  き     の  ち  を     と  目     も  彼     祭 
    ヒ  私     地  我  し     女  修     に  若     愛  の  私     が  の     一  は     壇 
    ュ  は     面  は  た     の  道     差  者     は  父  に     あ  前     方  耳     は 
    |  こ     は  証  の     腕  院     し  よ     天  親  誓     り  に     彼  を     人 
    メ  の     我  明  は     の  生     向   `    の  達  っ     う  私     の  傾     間 
    ン  輝     の  す  そ     中  活     け  我     祝  の  て     る  の     熱  け     の 
    が  く     悲  る  な     で  の     よ  は     福  誓  く     で  最     望   `    流 
    都  情     嘆   ` た     我  な     う  決     を  い  だ     し  愛     す  全     血 
    合  熱     を  愛  只     を  か     と  し     授  を  さ     ょ  の     る  て     で 
    よ  に     覆  は  一     思  で     し  て     か  通  い     う  人     魂  の     悪 
    く  よ     い  苦  人     い  窶     た  汝     る  し  !     か  が     は  言     臭 
    現  っ     隠  痛   `    出 ┌┐    は  の     で  て        ?  こ     全  葉     を 
    れ  て     す  だ        す  や     我  も     し   °          の     て  を     放 
    る  断     だ   `       の  つ     の  の     ょ              静     の  彼     つ 
     ° 言     ろ           だ └┘    妹  に     う              か     音  は    └  
       し     う           !  れ     で  な    └               な     を  良       
       ま    └               て     あ  ら                    地     飲  く       
       す                    い     る  ぬ                    上     み  考       
        `                   る      ° !                    に     込  え       
                            時                             立     む  る       
                             `                            っ      °  `      
                                                                           
                                                                           



                彼     そ  い     汝              そ     誓              る     一 
    彼        血  女     し  ま     の  む   ┐    美  し  彼  い     私        で  そ  緒 
    は  彼     の  は     て   `    髪  し  そ     し  て  女  の     た  そ  最  し  し  に 
    乙  ら     よ  カ     彼  真     の  ろ  れ     い  若  は  言     ち  し  愛  ょ  て  私 
    女  の     う  ッ     女  夜     一   ` は     貴  者  金  葉     は  て  の  う   ` の 
    に  前     に  プ     は  中     房  我  我     重  は  色  を     い  遅  人   ` 喜  父 
    心  に     赤  を     そ  の     を  は  に     な  銀  の  取     ま  れ  よ     び  の 
    を  並     い   `    の  丑     我  汝  ふ     品  の  鎖  り     や  る   `    は  家 
    傾  べ     ワ  色     合  三     に  に  さ     の  杯  を  か     結  こ  そ     ま  に 
    け  ら     イ  の     図  つ     与  乞  わ     お  を  付  わ     婚  と  れ     だ  赴 
    さ  れ     ン  さ     に  時     え  う  し     返     け  し     披  な  か     飛  き 
    せ  た     を  え     と  を     給   ` く     し     る   `    露  く  ら     び  ま 
    る  パ     飲  な     て  告     え     な     に     よ        宴     こ     去  し 
    こ  ン     ん  い     も  げ     と     い     彼     う        を     こ     っ  ょ 
    と  を     だ  彼     喜  る    └       °    女     に        と     に     て  う 
    を  味      ` 女     ん  鐘                 に     と        り     い     い   `
    一  わ     他  の     で  が                 与     彼        行     て     な    
    言  う     に  唇     見  鳴                 え     に        う           い    
    も  た     は  へ     え  っ                 よ     与        の           こ    
    話  め     口  と     た  た                 う     え        で           と    
    さ  に     を  持      °  °                と     た        す           を    
    な        つ  ち                          し      `       !           貴    
    か        け  上                          た             └            女    
    っ        ず  げ                           °                         は    
    た         ° て                                                     知    
     °           `                                                         
                                                                           



     ┐       そ                 も  い        そ                 静        彼  そ 
    貴     そ  れ     氷  そ     汝  し  こ   ┐    し                 か        も  れ 
    女     の  か     の  う     は  汝  と  ど     て     そ  そ  彼     な        ま  か 
    は     間  ら     よ  だ     知  が  か  ん      `    し  の  の     饗        た  ら 
    私      ` 彼     う  !     る  我  !  な     彼     て  挙  願     宴        熱   `
    と     愛  は     に        に  の     に     女     身  句  い     の        意  彼 
    い     の  彼     冷  今     は  体     我     は     も  彼  に     最        を  女 
    る     若  女     た  汝     悲  を     が     来     心  は  彼     後        こ  は 
    と     々  を     い  が     し  喜     汝     て     も  ベ  女     を        め  若 
    き     し  狂      ` 最     い  ん     が     青     な  ッ  は     飾        て  者 
    は     さ  お     も  愛     こ  で     そ     年     く  ド  し     る        喜  に 
    暖     が  し     っ  の     の  抱     ん     の     涙  の  り     愛        び  酒 
    か     彼  く     と  人     秘  き     な     近     を  上  ご     を        そ  杯 
    く     の  腕     も  と     密  し     に     く     流  に  み     彼        の  を 
    な     体  の     雪  呼     を  め     嘆     に     し  沈  し     は        大  持 
    り     に  中     の  び     知  よ     き     体     て  む   `    求        杯  っ 
    た     満  に     よ  か     ら  う     悲     を     泣   `       め        を  て 
    い     ち  抱     う  け     な  と     し     横     く           た        一  き 
    と     溢  き     に  る     け  思     む     た      °           `       息  た 
    思     れ  し     白  乙     れ  う     の     え                          に   `
    っ     る  め     い  女     ば  の     を     る                          飲  | 
    て     よ  る     の  は     な  な     見      `                         み  | 
    下     う   `    だ   `    ら  ら     て                                干    
    さ     に        が        な   `    悲                                し    
    い      °      └         い        し                                た    
     `                       °                                         °   
                                                                           



                      戸        何                          愛                
 彼  ま              彼  口     今  か     し                 彼  は     貴          
 女  る     そ  喜     女  で      ` 不     か  彼  彼     各  彼  ら  い     女  至  息  墓 
 が  で     し  び     の   `    た  足     し  女  の     々  ら  が  ま     は  上  つ  か 
 も  花     て  と     耳  長     ま  は     彼  の  熱     は  の  陶  や      ` の  く  ら 
 は  嫁      ` 悲     に  い     た  無     女  ひ  い      ` 口  酔  よ     私  喜  た  貴 
 や  と     愛  し     入  間     ま  い     の  ん  情     相  か  し  り     の  び  び  女 
 離  花     は  み     る  彼     母  か     胸  や  熱     手  ら  て  近     よ  が  に  の 
 れ  婿     幸  の     話  女     親  と     で  り  の     へ  は  共  く     う  あ   ` 幽 
 る  と     福  声     し  は     が  気     は  し  迸     の   ` に  に     に  ふ  接  霊 
 こ  の     に  音     声  じ     近  遣     心  た  り     思  彼  流  彼      ` れ  吻  が 
 と  も     満 ┌┐    を  っ     づ  っ     臓  血  は     い  女  す  ら     情  出  し  来 
 が  の     ち  こ     不  と     い  て     は  を        で  が  涙  の     熱  る  て  る 
 出  と     溢  わ     思  耳     た   `    全  暖        支  大  は  唇     の  !  く  の 
 来  し     れ  ね     議  を      °       く  め        配  胆  祝  を     炎     だ  で 
 な  て     た └┘    に  傾              鼓  る        さ  に  福  鋲     を     さ  あ 
 い   `    狂   `    思  け              動   `       れ  唇  さ  で     感     い  る 
 ド  そ     乱        い  る              し           る  を  れ  打     じ     !  と 
 ア  れ      `       な   `             な            ° 当   ` ち     ま        し 
 か  ら              が  す              い              て     と     せ        て 
 ら  は              ら  べ               °             る     め     ん        も 
    現               ° て                             炎     て     か        ! 
    れ                 に                             が      `    ?          
    る                 亘                              `         └           
     `                り                                                    
                       `                                                   
                                                                           



          そ  カ     若           彼         ┐    そ                            
    乙     れ  |  乙  者     恐  彼  女     る  こ  し  れ            ┐    お  そ     彼 
 そ  女     を  ペ  女  は     怖  女  の     ほ  の  か  で     夜  し  静     互  し     女 
 し  は     望  ッ  の   `    の  は  ラ     ど  家  し   `    が  か  か     い  て     が 
 て  そ     ま  ト  上  最     光  中  ン        の  す  母     戻  し  に     を  怒     こ 
  ` れ     ず  で  に  初     景  を  プ     大  中  ぐ  親     れ   ` っ     祝  り     の 
 気  ら      `  ` 広  驚     !  見  は     胆  に  さ  は     ば  あ  !     福  を     こ 
 力  を        危  げ  い     |  る  明     に  旅  ま  自     !  な        す  持     と 
 を  振        害  ら  て     |  |  る     な  人   ` 分    └   た  鶏     る  っ     に 
 持  り        か  れ   `    そ  |  く     る  を  簡  の     |  は  の     優  て     確 
 っ  払        ら  て        れ  そ  光     少  満  単  激     |  ま  大     し  彼     信 
 て  い        彼  い        は  し  り     女  足  に  怒     そ  た  き     く  女     を 
     `       の  た        彼  て        が  さ  錠  を     れ  来  な     愛  は     得 
    恐        恋  ベ        女   `       い  せ  前  留     か  る  鳴     情  愛     る 
    れ        人  |        が  お        る  る  を  め     ら   ` き     を  の     ま 
    気        を  ル        見  お        で  た  開  る     接     声     込  誓     で 
    も        守  と        知  !        し  め  け  こ     吻     が     め  い      °
    無        ろ   `       る           ょ  の  て  と     に     !     た  を       
    く        う           彼           う  情     は     接           言  聞       
     `       と           女           か  欲     出     吻           葉  く       
             し           の           ?  で     来     を           を   `      
             た           子          └   さ     な     続            °         
             が           供              え     か     け                      
              `          だ              求     っ     た                      
                          °             め     た      °                     
                                               `                           
                                                                           



                   一                                 ┐    い   ┐            
 あ              役  方     不  し     あ  私     私     暖  私     唇  お        彼    
 あ     水  熱     に  で     思  か     な  に     は     か  は     は  母        女  そ 
  `    と  意     立  あ     議  し     た  早     絶     い  一     言  さ        の  の 
 土     塩  の     た  な     な  私     は  過     望     寝  夜     う  ん        姿  幽 
 で     は  あ     な  た     運  の     満  ぎ     す     床  の      ° !        を  霊 
 さ     効  る     い  の     命  棺     足  る     る     か  喜                 ゆ  の 
 え     果  若     こ  司     に  の     し  死     た     ら  び        お        っ  長 
 愛     が  者     と  祭     よ  監     て  者     め     追  も        母        く  さ 
 を     無  を     が  が     っ  禁     い  の     に     い  享        さ        り  の 
 冷     い  鎖     判  楽     て  の     な  経     目     払  受        ん        と   `
 ま      ` で     る  し     私  境     い  帷     覚     わ  し        !        ベ    
 す        つ      ° む     は  界     の  子     め     れ  て       └         ッ    
 こ        な        祝     彷  か     ?  を     た     る  は        |        ド    
 と        ぎ        福     徨  ら        着     の     の  い        |        か    
 は        留        と     う  外        る     ?     ?  け        そ        ら    
 け        め        聖     よ  へ        よ              な        の        引    
 っ        る        歌     う   `       う              い        よ        き    
 し        に        の     強           余              の        う        上    
 て        は        詠     制           儀              ?        に        げ    
 出                 唱     さ           な                       彼        た    
 来                 の     れ           く                       女         °   
 な                 声      `          さ                       の             
 い                 は                 せ                       青             
 !                                   て                       白             
└                                    も                                     
                                                                           



           ┐                      失     墓                    お         ┐   
 我     こ  美     そ              そ  っ  神  か                 奇  母     愛  あ    
 が     こ  し     し              し  た  と  ら     自  母  神     妙  さ     と  の    
 汝     で  い     て     我  彼     て  花  の  出     分  親  で     で  ん     美  幼    
 に      ` 若      `    は  の      ` 婿  長  て     の  が  さ     人  !     の  い    
 形     汝  者     若     急  一     彼  を  い  我     娘  宣  え     を        女  愛    
 見     の  よ     者     い  生     の  愛  間  は     の  言  け     欺  あ     神  の    
 を     体  !     は     で  が     心  し  絶  彷     婚  す  っ     く  な     ウ  誓    
 与     は        我     行  終     臓  て  た  徨     約  る  し     誓  た     ェ  い    
 え     摂  も     の     か  わ     の   ` れ  う     を  の  て     い  は     ヌ  が    
  `    理  は     復     な  る     生     た  よ     承  で  聞     に  そ     ス  語    
 お     に  や     讐     け  と     き     絆  う     知  は  き     囚  の     の  ら    
 返     従  汝     の     れ  き     血     を  に     し   ` 入     わ  約     輝  れ    
 し     っ  は     下     ば   `    を     求  強     な     れ     れ  束     く  た    
 に     て  生     に     な        飲     め  い     い     な     て  を     神  と    
 こ     萎  き     陥     ら        む     て  ら     と     い      ° 壊     殿  き    
 の     ま  る     る     な        た      ` れ            `       し     は   `   
 一     な  こ      `    い        め        る                    て     二       
 房     く  と    └       `       に         `                   し     人       
 の     て  は                     °                            ま     に       
 髪     は  無                                                  っ     微       
 を     な  い                                                  た     笑       
 取     ら   °                                                  `    ん       
 っ     ぬ                                                           だ       
 た      °                                                           °      
                                                                           
                                                                           



    原       ┌┐                                     直   ┐                  
    題     ゲ  元                    私              そ  ち  お     そ           で 
    は     |  テ    ┌┐             た  火     炎     れ  に  母     こ  明  汝     は 
          テ  キ     二              ち  葬     が     か  葬  さ     に  日   `    な 
    D     詩  ス     〇              は  用     恋     ら  送  ん     い  に  悲     い 
    i     集  ト     〇               ` の     人     た  の   `    る  汝  し     か 
    e     ‥  は     八              古  積     た     い  薪  こ     と  は  い     ? 
          T   `    年              の  ま     ち     そ  の  の     き  灰  で       
    B     h  米                    神  れ     に     う  山  最     だ  色  あ       
    r     e  グ     三              々  た     休     哀  を  後     け  に  ろ       
    a        |     月              の  薪     息     れ  し  の      ` な  う       
    u     P  テ     十              元  か     を     で  つ  お     再  り  が       
    t     o  ン     五              へ  ら     与     悲  ら  願     び   ` こ       
          e  ベ     日              馳  火     え     し  え  い     茶     れ       
    v     m  ル                    せ  が     る     い  て  に     色     を       
    o     s  グ     和              参  燃     よ     私   ` 耳     に     見       
    n        プ     訳              じ  え     う     の     を     な     よ       
          o  ロ     改               ` 上     に     独     貸     る     !       
    K     f  ジ     訂              祝  が     !     房     し     だ             
    o        ェ    └┘             福  る           を     て     ろ             
    r     G  ク              一     さ  と           開     !     う             
    i     o  ト              七     れ  き           け            °            
    n     e  所              九     る   `          て          └              
    t     t  収              七    └                `                        
    h     h  の              年                                              
          e                                                                
         └┘                                                               




原文: THE BRIDE OF CORINTH. from The Poems of Goethe by Johann Wolfgang von Goethe (The Project Gutenberg Etext) [ http://www.gutenberg.org/etext/1287 ]
    Project Gutenberg [ http://www.gutenberg.org/ ]
(コリントの花嫁:2008-03-15 ver.0.11 誤訳訂正)
(コリントの花嫁:2008-03-09 ver.0.10 誤訳訂正)
(コリントの花嫁:2008-03-01 ver.0.09 和訳掲載)
頁トップへ戻る
縦書きの頁へ戻る


 愛     し  何     だ  に     れ  ゲ  a  容     甘  り     い  に  が  j  |  戦       ┏┓
 を  成  ょ  故  こ  っ  生  こ  な  |  l  の  訳  え  か  怪  な  は  収  e  テ  し  レ      ┐
 得  仏  う  ?  の  た  贄  の  い  テ  l  解  し  た  け  奇  い  古  録  c  の  て  ・     コ 
 よ  し  か     乙  の  と  墓  の  の  a  釈  て  口  る  な  事  語  さ  t  物  い  フ     リ 
 う  て  ?  自  女  で  さ  か  か  時  d  に  み  調  と  雰  も  が  れ     語  る  ァ     ン 
 と  自     分  は  し  れ  ら  も  代 └┘ 疑  ま  に  き  囲  あ  多  て  G  詩  最  ニ     ト 
 し  ら     の  最  ょ  た  蘇  し  の  な  問  し  し  は  気  っ  用  い  u   ┐ 中  ュ     の 
 た  の     忌  後  う  よ  っ  れ  精  の  が  た  て  固  が  て  さ  た  t  コ  で  の     花 
 の  犠     ま  に  か  う  た  ま  神  で  残  が  み  い  出   ` れ  の  e  リ  す   ┓    嫁 
 で  牲     わ  自  ?  で  乙  せ  的   ` っ   ` ま  口  る  辞  て  で  n  ン  が  カ    └  
 し  と     し  ら     す  女  ん  背  こ  て  読  し  調  と  書  い   ` b  ト   ` |       
 ょ  な     い  火  酷  が  は  が  景  の  い  み  た  で  思  を  る  和  e  の  生  ミ     訳 
 う  っ     運  に  い   `  `  ° を  物  ま  込   °  ` っ  引  の  訳  r  花  け  ラ     出 
 か  た     命  焼  と  昔  母     理  語  す  み     母  て  く  で  に  g  嫁  る ┗      後 
  ° 若     を  か  思  の  親     解  の   ° 不     親   ` に   ` 挑    └   屍  に     の 
    者     断  れ  い  ギ  の     し  時  も  足     へ  蘇  も  英  戦  に  の  を  興     所 
    と     ち  る  ま  リ  病     て  代  と  の     語  っ  苦  古  し     存  扱  味     感 
    あ     切  こ  せ  シ  気     い  背  も  た     り  た  労  語  て  ゲ  在  っ  を    ┗┛
    の     ろ  と  ん  ヤ  治     な  景  と  め     か  乙  し  の  み  |  を  た  持       
    世     う  を  か  で  癒     い  や  が  か     け  女  ま  文  ま  テ  知  文  ち       
    で     と  望   ° は  の     と  風  物   `    る  が  し  法  し  詩  り  学   `      
    の     し  み     当  祈     解  習  語  ま     と  若  た  に  た  集   ` と  和       
    永     た  ま     た  願     釈   ` 詩  だ     き  者   ° 慣   ° の  P  し  訳       
    遠     の  す     り  の     し  ま ┌┐  `    に  へ     れ  英  英  r  て  に       
    の     で  が     前  為     き  た  B  内     は  語     て  訳  訳  o  ゲ  挑       
              `                 `                                          
                                                                           





                                  れ  七  一  し  ら     で  ま  神        だ  と    
                                  が  十  八  て  認  ま  す  だ  々  こ     っ  な  い 
                                  伝  五  七  退  識  た   ° 新  の  の     た  っ  ず 
                                  統  年  二  治  し   `    興  元  物     よ  た  れ 
                                  的  の  年  す  て  乙     宗  で  語     う  の  に 
                                  な  隔   ` る  お  女     教  幸  で     で  で  せ 
                                  処  た   ┐ こ  り  は     で  せ  は     す  し  よ 
       二  二  二                    置  り  コ  と   ` 焼     あ  に   `    ね  ょ   `
       〇  〇  〇                    だ  は  リ  が   ┐ か     っ  な  乙      ° う  カ 
       〇  〇  〇                    っ  あ  ン  描  カ  れ     た  れ  女        か  | 
 b     八  八  八                    た  り  ト  か  |  て     時  る  は        ら  ミ 
 y     年  年  年                    こ  ま  の  れ  ミ  灰     代  と  最         ` ラ 
                                  と  す  花  て  ラ  に     の  思  後        カ  と 
 c     三  三  三                    が  が  嫁  い └   な     事  っ  に        |  違 
 y     月  月  月                    伺   `└   ま  で  る     と  て  古        ミ  っ 
 g     十                          え  退  は  す  も  こ     し  い  の        ラ  て 
 n     五  九  一                    ま  治  一   ° 吸  と     て  ま ┌┐       よ  最 
 u     日  日  日                    す  方  七   ┐ 血  で     描  す  ギ        り  後 
 s                                 ° 法  九  カ  鬼  成     か   ° リ        は  は 
|      誤  誤  初                       と  七  |  は  仏     れ  キ  シ        幸  自 
 o     訳  訳  掲                       し  年  ミ  最  で     て  リ  ャ        せ  ら 
 d     訂  訂                          て  の  ラ  後  き     い  ス  神        な  望 
 i     正  正                          は  作 └   に  る     る  ト  話        死  ん 
 l                                    ` 品  は  灰  と     よ  教  の        妖  で 
 e                                   こ  で     に  自     う  が └┘       姫  灰