アゲイン / AGAIN / 1984. 2.18 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作 ㈱ニュー・センチュリー・プロデュサーズ = ㈱キネマ旬報社
配給 ㈱ヘラルド・エース = ㈱にっかつ
霧笛よ、男たちを呼びもどせ。
創立70周年記念作品
AGAIN
パート・カラー〔モノクロ・カラー〕 / ビスタビジョン / 3,278m 102分
昭和59年〔1984〕 2月18日 ~ 3月10日 ロードショー
《同時上映》  ときめきに死す












参考・確認文献 / プレスシート・パンフレット
スタッフ
製作
岡田 裕〔N.C.P.〕
黒井和男〔キネマ旬報社〕
プロデューサー
    海野義幸〔N.C.P.〕
    植草信和〔キネマ旬報社〕
構成・脚本・監督
    矢作俊彦
音楽 宇崎竜童
撮影 横木安良夫
久米田年男
照明 島村敏文
録音 福島信雅
編集 鍋島 惇
助監督 上山 勝
協力 にっかつ
にっかつ撮影所
東洋現像所
出演者 宍戸 錠
藤 竜也
榎木兵衛
荻原 紀
宮本友春
安珠玲永
作品題名
〔登場順〕
「太陽への脱出」
「狂った果実」
「拳銃は俺のパスポート」
「二人の世界」
「鷲と鷹」
「泣かせるぜ」
「霧笛が俺を呼んでいる」
「俺は待ってるぜ」
「勝利者」
「太陽は狂っている」
「天と地を駈ける男」
「泥だらけの純情」
「錆びた鎖」
「嵐を呼ぶ男」
 渡哲也版
「嵐を呼ぶ男」
 石原裕次郎版
 トニーは生きている
「激流に生きる男」
「嵐を呼ぶ友情」
「女を忘れろ」
「口笛が流れる港町」
「不敵に笑う男」
「抜き射ちの竜」
「鉄火場の風」
「大草原の渡り鳥」
「太平洋のかつぎ屋」
「黄金の野郎ども」
「骨まで愛して」
「南国土佐を後にして」
「赤いハンカチ」
「嵐の勇者たち」
「危いことなら銭になる」
「帰らざる波止場」
「夜霧のブルース」
「夜霧よ今夜も有難う」
「紅の流れ星」
「ダイスで殺せ」
「都会の空の用心棒」
「ギターを持った渡り鳥」
出演者
〔登場順〕
石原裕次郎 
津川雅彦
岡田真澄
木浦佑三
宍戸錠
石原慎太郎 
長門裕之
紀原耕
 紀原土耕
黒田剛
宮部昭夫
江角英明
内田朝雄
二谷英明
榎木兵衛
波多野憲
渡哲也
大坂志郎
赤木圭一郎 
柴田新
 柴田新三
加藤義朗
 川村昌之
青木冨夫
三橋達也
川地民夫
武藤章生
杉幸彦
深江章喜
浜田光夫
亀山靖博
織田俊彦
守屋弘
守屋徹
衣笠一夫
 衣笠真寿男




杉山俊夫
島村謙二
 島村謙次
柳瀬志郎
金子信雄
宇野重吉
藤竜也
笈田敏夫
内田稔
小林旭
沢本忠雄
睦五郎
 睦五朗
西村晃
二木草之助 
木島一郎
弘松三郎
溝口拳
二本柳寛
水木京一
澄川透
林茂朗
杉山元
森川信
木下雅弘
高橋明
上野山功一 
中平哲仟
柳永二郎
志村喬
青山恭二
出演者
〔登場順〕
北原三枝
谷和子
山下ちえ子
泉桂子
木室郁子
浅丘ルリ子
芦川いづみ
葵真木子
清水千代子 
吉永小百合 
笹森礼子
殿岡ハツエ
梶芽衣子
橘和子
千代郁子
千代侑子
香月美奈子 
高山弘子
柳田妙子
富永美沙子 
弓恵子
中原早苗
白木マリ
 白木万理
映画主題歌・挿入歌 / アゲイン
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
アゲイン / AGAIN / 1984. 2.18 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品