影狩り
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>









製作 石原プロモーション / 配給 東宝株式会社
今日もまた一つ影が消える・・・
幕府の犬、公儀隠密を地獄に葬る三つの剣!
影狩りという獣たちの通る道は死臭の風が鳴る
SHADOW HUNTERS
カラー / シネマスコープ / 2,446m 90分
昭和47年〔1972〕 6月10日 ~ 6月23日
《 同時上映 》
無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた









監督 舛田利雄
製作 石原裕次郎
奥田喜久丸
小林正彦
原作
「週刊ポスト」連載
さいとう・たかを
さいとう・プロ作品
脚本 池上金男
協力 清酒 松竹梅
音楽
石原裕次郎
広瀬健次郎
大沢保郎
世良襄
世良譲
猪俣猛と
 サウンドL.T.D
衣裳デザイン 柳生悦子
殺陣 久世竜
製作宣伝 日本芸能企画
撮影 金宇満司
美術 小林正義
録音 佐藤泰博
照明 藤林甲
編集 渡辺士郎
監督助手 市毛克巳
製作担当 大竹克彦
装置 小山照吉
装飾 山本謙一郎
松本義治
スタント 宍戸大全とグループ
衣裳 第一衣装
京都衣装
かつら 山田屋
小道具 高津映画装飾
現像 東京現像所
主題歌 テイチクレコード
「影狩り」
作詞  保富康午
作曲  広瀬健次郎
 大沢保郎
 石原裕次郎
監督助手 森川一雄 / 今野太一
/ 正森和郎
撮影助手 宮川弘 / 神戸幸夫
/ 卜部信夫
照明助手 椎葉昇 / 山田和男
/ 渡辺三雄 / 椎野茂 / 村田清
録音助手 谷村彰 / 井家真紀夫
美術助手 山崎雄史 / 安部衛
大道具班長 小山照吉
装飾小道具 山本謙一郎 / 松本義治
/ 佐久間聡
スチール 岩井隆志
演技事務 大門実〔里実〕 / 荒井岩衛
製作係 高山正彦 / 広辻清志
車輛係 関町進 / 竹内覚
録音所 アオイ・スタジオ
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
十兵衛〔室戸十兵衛〕 石原裕次郎 “影”と対決する狩人・影狩りの頭領
日光〔幹 武之進〕 内田良平 影狩り 女好き
月光〔日下弦之助〕 成田三樹夫 影狩り 冷酷非情 予定では〈丹波哲郎
千登世 浅丘ルリ子 十兵衛につきまとう鳥追い女 十兵衛の許婚
越後一条の森家の家老・間宮織部の娘で森家の奥取締り
小雪 本田みちこ 出石藩城代家老・牧野図書の娘
家老 牧野図書 辰巳柳太郎 幼少の藩主に代わり実権を握る出石藩城代家老
家康より拝領の《永代本領安堵》のお墨付きを持つ
大目付〔草〕 高坂蔵人 江原真二郎 出石藩随一の切れ者である大目付
《永代本領安堵》のお墨付きを江戸上屋敷に運ぶ 実は里入り忍者の草の者
庄司助十郎
玉川伊佐男
 〔石原プロ〕
出石藩士 大目付・高坂蔵人の配下
仙石越前守〔十才〕 稲垣実 幼少の胆馬国・出石藩主
新田頼母〔江戸家老〕 登場しない 出石藩・江戸上屋敷の江戸家老 《永代本領安堵》のお墨付きを受取る〔#97〕
田沼意次 丹波哲郎 幕府・老中 金山を掘り当てた出石藩の国替えを下知する
御庭之者に命じ《永代本領安堵》のお墨付きを闇に葬り去ろうと謀る
予定では〈石原慎太郎〉
若君〔回想〕 岡本久人 《十兵衛の回想》越後一条の森家の幼君 “輝若”
幕府の謀略により藩が改易になり9才で切腹
父の後を継ぎ家老になるはずだった十兵衛が介錯する
間宮織部〔千登世の父〕 紀原土耕 《十兵衛の回想》自刃した千登世の父 十兵衛の父・室戸内膳の同僚の家老
陣馬仙十郎〔頭領〕 草薙幸二郎 御庭之者・伊賀三の組支配 “影”の頭領
武州・小佛峠の村の長・刑部左衛門に化け一行を待ち受ける
源心 深江章喜 出石藩を探索する御庭之者配下の首領 ”御宿源心”
山番所を襲撃し金塊を奪う 福知山領・夜久野宿で十兵衛が斬殺
小六 苅谷俊介 山番所の襲撃後に高野聖の一行に化ける“影” 月光が斬殺
十内
武藤章生
 〔石原プロ〕
山番所の襲撃後に農夫姿の村人に化ける“影” 日光が斬殺
当麻 久野四郎 陣馬の配下の“影” “当麻孫市”
行商人に化け名張宿外れの神社で老神主に化けた陣馬に一行の動きを報告する
伊賀・名張の郷士の館を襲撃するが日光が斬殺
御厨一角 晴海勇三 影狩り一行を待ち受ける陣馬の配下の“影” 鎖鎌の使い手
倉地帯刀 菊地健一 武州・小佛峠の百姓家の農夫に化ける陣馬の配下の“影”
むらさき〔くノ一〕 堀井永子 武州・小佛峠の百姓家の農婦に化ける陣馬の配下の“影” 月光が斬殺
くれない〔くノ一〕 山岸恵美子 武州・小佛峠の百姓家の農婦に化け日光を誘い出す陣馬の配下の“影”
たどん影
チコ・ローランド
 〔石原プロ〕
名張の郷士の館で襲撃する陣馬の配下の褐色の“影” 十兵衛が斬殺
影1 笠井一彦 山番所の襲撃後に行商人に化け夜久野宿の源心の元に集まる“影”
十兵衛が斬殺
影2 辻村征史
影3 大前田武
影4 桑田鉄也
影5 倉田侑治
藩士A 原田君事 江戸上屋敷に向う出石藩士
藩士B
新倉博
 〔石原プロ〕
江戸上屋敷に向う出石藩士
藩士C 大谷一夫 江戸上屋敷に向う出石藩士
女中たよ 白川恵子 伊賀・名張の郷士の館の女中
達磨茶屋の女A
達磨茶屋の女B
達磨茶屋の女C
不明 福知山領・夜久野宿の達磨茶屋で源心が侍らしている達磨女
酒屋の小女 登場しない 出石城下で十兵衛たちが入る居酒屋の小女〔#20〕
重臣1 鴨田喜由 出石藩重臣
重臣2 加原武門 出石藩重臣
検使〔回想〕 不明 《十兵衛の回想》越後一条の森家の幼君の切腹を見届ける幕府の検使
ナレーター 浦野光
荒井岩衛 不明 演技事務
大門実〔里実〕
若駒
参考・確認文献 / プレスシート・台本〔撮影用〕
映画主題歌・挿入歌 映画劇中歌唱全曲リスト
丹波哲郎のスケジュールの調整が付かず月光役を断念するが、田沼意次役に予定していた石原慎太郎も政局の混沌で映画出演どころではなくなり出番の少ない田沼役を丹波に依頼することになる。
経費節約のため大映の倒産で安価に使えた大映映画撮影所〔多摩川〕で撮影。セットの材料は大映京都撮影所から石原プロのトラックで搬送。ロケーションは木曽山中。
当初から2本撮りの予定であったため「ほえろ大砲」も同じセットの使い回しでロケーションもほぼ同じ場所。
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>