ある兵士の賭け / 1970. 6. 6 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作 石原プロモーション / 配給 松竹映配株式会社
雨のもらない家がほしい・・・・・・
幼い願いを胸にベトナムに散った一兵士
― あの山、あの川、そして空が、泣いている ―
THE WALKING MAJOR
カラー / シネマスコープ / 超ステレオ音響 / 10巻 3,720m 136分
昭和45年〔1970〕 6月 5日  前夜祭 松竹セントラル
昭和45年〔1970〕 6月 6日 ~ 7月17日 ロードショー
文部省選定
優秀映画観賞会推薦 / 映倫青少年映画審議会推薦
参考・確認文献 / プレスシート・パンフレット・撮影台本
エグゼクティブ
プロデューサー

Executive
Producers
石原裕次郎
YUJIRO ISHIHARA
中井 景
AKIRA NAKAI
プロデューサー
原案
Produced by
奥田喜久丸
KIKUMARU OKUDA
ストーリー
Story Written by
ジェームス三木
JAMES MIKI
脚本
Screenplay by
ヴィンセント
 ・フォートレー
VINCENT FOTRE
猪又憲吾
KENGO INOMATA
監督
Directed by
キース・ラーセン
KEITH ERIK BURT
キース・エリック・バート
共同監督
Co-Directors
千野皓司
KOJI CHINO

白井伸明
NOBUAKI SHIRAI
製作補
アソシエイト・
プロデューサー

Associate
Producers
〔ヨダ ヨシオ〕
YOSHIO YODA
山野井政則
MASANORI YAMANOI
製作補
プロダクション・
スーパーバイザー

Production
Supervisor
小林正彦
MASAHIKO KOBAYASHI
撮影
Photographed
by
金宇満司
MITSUJI KANAU
奥村裕治
YUJI OKUMURA
西山東男
HARUO NISHIYAMA
照明
Lighting
椎葉 昇
NOBORU SHIIBA
録音
Sound
坂田 徹
TORU SAKATA
美術
Art Director
松井敏行
TOSHIYUKI MATSUI
編集
Film Editor
渡辺士郎
SHIRO WATANABE
音楽
Music by
山本直純
NAOZUMI YAMAMOTO
助監督 白井伸明
村井良雄
製作担当者 杠洋之輔
スチール 堺 謙一
監督助手 村井良雄 / 大藤博司
/ 藤木豊久 / 渡辺宣明
撮影助手 鈴木 昇 / 松前次三
/ 神戸幸夫
移動助手 渡辺 毅
照明助手 塩野昌弘 / 高椋康夫
/ 渡辺三雄 / 田宮孟光
/ 椎野 茂
録音助手 辻井一郎 / 新坂尚義
/ 好口 保
美術助手 徳田 博 / 関光二郎
/ 清家 卓
装飾 神田明良 / 我孫子重充
衣裳 波多野芳一
結髪 加藤艶子
技髪 中村正春
記録 宮腰千代
宣伝 株式会社 日本芸能企画
演技事務 木下俊美
製作進行 大竹克彦 / 増田久雄
翻訳〔字幕翻訳〕 清水俊二
Department of Defense project officer
Major William B. Bickwermert
United States Army. Japan
<オリジナル・サントラ盤>コロムビア・レコード
 浅丘ルリ子〈テイチク・レコード〉
 旗 照夫〈テイチク・レコード〉
 フォーリーブス〈CBSソニー〉
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
北林 宏 石原裕次郎
YUJIRO ISHIHARA
32~38才 フリーの報道カメラマン
8年前朝鮮戦争の従軍でアレン〔当時は少尉〕と出会う
後に中央ジャーナルの海外特派員
衣笠忠夫 三船敏郎
TOSHIRO MIHUNE
大分合同新聞社編集局長 北林宏の先輩
ジョン・アーン★
クラーク・J・アレン
CLARK J.ALLEN
デール・ロバートソン
DALE ROBERTSON
38才~ 米陸軍大尉 座間キャンプの中隊長
座間から別府まで2週間で歩くと宣言し賭け金を募る 後に少佐

★実名の使用はご家族の了解を得られず
予定では〈リチャード・ウィドマーク〉
ジミー・デクスター★
デニス・ディクソン
DENICE DIXON
フランク・シナトラ
・ジュニア
FRANK SINATRA,JR.
22才~ アレン大尉に同行する四等特技兵・伍長 後に軍曹
予定では〈ライアン・オニール〉
メリイ・アーン★
Mrs.Allen
ケリー・アレン
KELLY ALLEN
ダイナ・メリル
〔ディナ・メリル〕

DINA MERRIL
40才~ アレンの妻
滝口節子 浅丘ルリ子〔石原プロ〕
RURIKO ASAOKA
20才 7日目夜岡山で発熱したディクソンを車で運びおじの医院で看病する
後日車でアレンを追い12日目山口で追いつく
山田しげ 新珠三千代〔東宝〕
MICHIYO ARATAMA
〔TOHO〕
大分別府・養護施設『白菊寮』園長
フランク趙
FRANK CHOE
藤村有弘 朝鮮戦争でアレン少尉率いる小隊の韓国人通訳軍属
後に神戸でキャバレー「ゴールデン・ワールド」を営む〔#91〕
バーバラ・アーン★
ローズ・アレン
〔13才17才〕
ROSE ALLEN
リンダ・パール
LINDA PURL
13~17才 アレンの娘
ジミイ・アーン★
ダニー・アレン
〔9才13才〕
DANNY ALLEN
キース・ラーセンバード
・ジュニア
KEITH LARSEN JR.
9~13才 アレンの息子
北林康子 登場しない 北林の妻〔#21・22〕
戸田京子 石原祐利子〔石原プロ〕
 加藤博子
『白菊寮』の保母
ホワイト大尉
CAPTAIN WHITE
キース・ラーセンバード
KEITH LARSEN
少佐 アレンの同僚で親友
キャロル・ホワイト
CAROL WHITE
マーシィ・パットン
MARSHINE PATTON
ホワイト少佐の妻
スミス大佐 ソリー・バヤーノ アレンの上官の老大佐 出発するアレンたちを見送る兵士
ブラウン軍曹 リチャード・リスラー バーで馬鹿にしたディクソンをアレンの同行者に推薦する
サム 朝鮮戦争でアレン少尉率いる小隊の兵士
ウィリィ 朝鮮戦争でアレン少尉率いる小隊の兵士
ダニィ チコ・ローランド
〔石原プロ〕
朝鮮戦争でアレン少尉率いる小隊の黒人兵士
目の前で親友のデイブが戦死し怯える
老下士官 サイゴンのバーで北林宏がアレンの所在を尋ねる兵士
若い兵 サイゴンのバーで北林宏がアレンの所在を尋ねる兵士
✕    ✕    ✕
肉感的な娘 永瀬ちどり ディクソンが見とれる肉感的な日本娘〔2日目〕
ボイラーマン 左卜全 寝ている米兵に躓き驚くホテルの老ボイラーマン〔2日目夜〕
老医師 信欽三〔石原プロ〕 発熱したディクソンを診察する老医師 滝口節子のおじ
寿司屋のおやじ 登場しない 北林と衣笠が寿司をつまむ寿司屋の親爺〔#133〕
工員A・B・ 女工員A 登場しない 寿司屋でアレンの記事を見て噂する工員風の若者〔#133〕
キャバレエ支配人 登場しない フランク趙が社長の神戸のキャバレー「ゴールデン・ワールド」支配人〔#91〕
タケシ 幼年時代 小島信行 アレンが気にかける両親を亡くした『白菊寮』の子供 健ちゃん
少年時代 橋本貫彦
新聞記者A・B 登場しない 阪神国道でアレンたちにインタビューする神戸新聞社の記者〔6日目〕〔#87〕
白菊寮の子供達 白菊寮の子供達
韓国人の幼児 アレン少尉の小隊に殺された農民夫婦の3才ぐらいの子
女高生A~C 新聞に載った二人に声を掛ける自転車通学の女高生たち〔3日目〕
〔フロントマン〕 アメリカ人専用リゾートホテルのフロントマン
アレンからコーヒー代を受け取らない〔2日目朝〕
〔婦人将校〕 座間キャンプ情報局広報部の婦人将校
アレンの歩行予定を北林に説明する
〔ロジャース伍長〕 バーでディクソンをからかう黒人兵
〔エバンズ大尉〕 バーでアレンとの同行者を募る
〔子供A~E〕 白菊寮の子供達
〔部員A・B〕 登場しない ドライブ・インでアレンが近道を尋ねる大学山岳部員〔10日目〕〔#127〕
〔市長〕 『白菊寮』でアレンたちを迎える市長「13日と9時間です」
〔助役〕 『白菊寮』でアレンたちを迎える助役「素晴しい」
〔兵士A・B〕 アレンたちが九州で出会う米軍輸送隊の将兵〔14日目〕
〔記者〕 アレンたちが別府へ着いた事を赤電話で連絡する記者風の男
〔兵士A〕 撃たれたアレンに駆け寄る兵士
ケイ少尉 『白菊寮』のペンキ塗りをする別府の駐留米軍の奉仕隊を率いるリーダー
米兵たち 『白菊寮』のペンキ塗りをする奉仕隊の米兵たち
村の娘 渚まゆみ〔石原プロ〕 アレンが玖珂町までの道程を尋ねる小さな村落の雑貨店の娘〔10日目夜〕
データ提供 / 「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
この映画の松竹映配との契約は「エベレスト大滑降」と併せてミニマム・ギャランティ契約の予定であったが、前作と違いスポンサーが付かないために松竹映配が最低保証をしない前渡金〔前借金〕での製作になった。このためこの映画の製作費が後に石原プロの借金となってしまう。
大金を投じ奥田喜久丸がハリウッドと接触したが予定していたリチャード・ウィドマークもライアン・オニールも呼べず。
監督に招へいされた日活の千野皓司は中井景プロデューサー〔石原プロ専務〕から脚本の手直しを依頼される。
脚本は奥田喜久丸の原案をもとにジェームス三木が準備稿を仕上げていたが中井の製作方針に沿わないらしく、中井が書き直したものであることが分かる。
千野もラーセンも脚本に疑問を感じ千野と猪又憲吾、助監督の村井良雄で書き直すがこれも中井は納得しない。
井手雅人の配慮で門下生の猪又が仕上げ撮入するが、現場では台本は棚上げされ中井のコンテで撮影が進む。
千野皓司とキース・エリック・バート〔キース・ラーセン〕の共同監督で米俳優の演出をラーセンがやっていたが、ラーセンの撮り方が気に入らない中井と演出に口を出す中井に怒ったラーセンが衝突し中井はラーセンを更迭する。
千野が全ての演出を引き継ぐが中井は製作方針に疑問を持つ千野に自宅待機を命ずる。中井はラーセンを監督に戻すもラーセンを無視し助監督の白井伸明に指示を出し現場は混乱状態。
撮影も金宇満司が途中で「エベレスト大滑降」に出発してしまい奥村裕治が後を引き継いだが奥村も途中で降りB班撮影だった西山東男に替わる。
その後、中井は編集を自らの手で行い「雇われ演出家に編集権はない。」とマスコミ取材で云い放つ。これに対し石原裕次郎との間で沈黙を守る約束だった千野も怒って反論し物議を醸すことになる。
朝鮮戦争・ベトナム戦争を背景に誰が見ても反戦がテーマであるはずの題材を米軍の協力の下で反戦映画にしたくないという石原プロとしての意向が混乱を招いた。
"We gratefully acknowledge the assistance of the United
States Department of Defense in making this film possible,
and wish to extend thanks to the U.S.Forces,Japan,and
especially to U.S.Army,Japan,and the 1st Special Forces
Group"
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
ある兵士の賭け / 1970. 6. 6 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品