帰らざる波止場 / 1966. 8.13 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作・配給 日活株式会社
にぎりしめ、抱きしめたひとつの愛・・・・・
非情の銃口がひきさく運命のブリッジ!
裕次郎・ルリ子の慕情コンビで贈るメロ・アクション!!
THE HARBOR OF NO RETURN
イーストマンカラー / シネマスコープ / 8巻 2,425m 88分
昭和41年〔1966〕 8月13日 ~ 8月26日
《同時上映》  あなたの命
参考・確認文献 / プレスシート・撮影台本
《 仮題 》 黒い海峡
企画 児井英生
脚本 山田信夫
中西隆三
監督 江崎実生
撮影 横山 実
照明 藤林 甲
録音 福島信雅
美術 千葉和彦
編集 鈴木 晄
音楽 伊部晴美
助監督 曽我仁彦
製作
 担当者
栗橋正利
色彩計測 山崎敏郎
現像 東洋現像所
スチール 井本俊康
技斗 渡井嘉久雄
主題歌 テイチクレコード
「帰らざる波止場」
作詩  江崎実生 
作曲  中川洋一
 〔黛 敏郎〕
 石原裕次郎
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
津田史郎 石原裕次郎 〔3年前〕世界的人気ジャズピアニスト“シロー津田”
恋人を殺し3年の刑期を終え出所した男
水沢冴子
浅丘ルリ子
 〔石原プロ〕
クラブのホステスから大阪の水沢財閥の夫人になった未亡人
遺産目当ての夫殺しの疑いのある女
甲子園の大邸宅を引き払い渡航するために横浜にやって来た
江草刑事 志村喬 麻薬地下組織を暴くため津田史郎につきまとう神奈川県警本部の刑事
大滝 郷鍈治 元・沢田組幹部
沢田 金子信雄 元・沢田組々長 組を解散し麻薬専門の地下組織のボスになる
長江〔ジョッキーのジロー〕 深江章喜 元・沢田組幹部 競馬のノミ屋 通称“ジョッキーのジロー”
津田史郎を利用して麻薬の運び屋にしていた男
新村〔マネージャー〕 杉江弘
 杉江広太郎
〔3年前〕津田史郎のマネージャー 元・沢田組幹部
出所した津田史郎が捜して訪れるジャズ喫茶『FANKY』の経営者
安ホテルの老婆 武智豊子
 武知杜代子
津田史郎が逗留する安ホテル「ホテル港館」の女将
イカレ息子 杉山俊夫 「ホテル港館」の女将の息子
榎木兵衛 山下公園で津田史郎にパスポートと船のチケットを渡す男
密輸常習のイカサマ師の三国人
京子 原良子 〔3年前〕津田史郎が誤って射殺してしまった恋人 音楽学校の生徒
実は沢田の娘で長江の許婚 
予定では〈香月美奈子〉
新聞記者A 野村隆 〔3年前〕横浜港に着いた豪華客船の船上で津田史郎を取材する新聞記者
新聞記者B 久遠利三 〔3年前〕横浜港に着いた豪華客船の船上で津田史郎を取材する新聞記者
新聞記者C 糸賀靖雄 〔3年前〕横浜港に着いた豪華客船の船上で津田史郎を取材する新聞記者
芸能社社長 登場しない 津田史郎が以前所属していた芸能事務所社長
出所した津田史郎が訪れ仕事を依頼する〔#11〕
中華街地廻り 野呂圭介 長江を追う津田史郎が突き飛ばす長江を知る中華街の地廻り
予想屋A 水木京二
 水木京一
競馬場で津田史郎がジョッキーのジローを尋ねる競馬の予想屋
予想屋B 八代康二 競馬場で津田史郎がジョッキーのジローを尋ねる競馬の予想屋
オリエンタルホテルウエイター 白井鋭 水沢冴子を席に案内するオリエンタルホテルディナールームのウエイター
タクシー運転手 柳瀬志郎 オリエンタルホテルを出た水沢冴子を「ホテル港館」に送るタクシー運転手
有閑マダムA 新井麗子 関西から来た有閑マダム 水沢冴子の知人
有閑マダムB 堺美紀子 有閑マダムAの学習院の同窓生 “花小路”
〔有閑マダムC〕 須田喜久代 有閑マダムAの学習院の同窓生 “菊辻”
〔有閑マダムD〕 谷川玲子 有閑マダムAの友人
大塚トミエ 有閑マダムAの友人
ボーイフレンド 浜口竜哉 有閑マダムAのボーフレンド
イタリアンレストランマスター ルイヂ・フィダンザー
ルイジ・フィダンザー
イタリアンレストランのマスター
元・船のエンジニアでハリケーンで片腕を失った津田史郎の旧友
刑事A 木島一郎 江草刑事の部下の神奈川県警本部の刑事
刑事B 式田賢一 江草刑事の部下の神奈川県警本部の刑事
中年の刑事 伊豆見雄
 伊豆見英輔
大阪府警から神奈川県警に来た水沢冴子を知っている刑事
江草刑事の依頼で水沢忠兵衛の死に関わる調書を取り寄せる
マンション管理人 村上和也 大滝の住むハーバーマンションの管理人
沢田組の若い男 石火矢哲郎
 村井健二
大磯の沢田邸の門番をする沢田の子分
裁判官の声 声のみ 〔3年前〕刑務所の壁をバックに聞こえる裁判官の声
弁護士の声 宮原徳平
〔声のみ〕
〔3年前〕刑務所の壁をバックに聞こえる津田史郎の弁護士の声
黒田剛 沢田の子分
田畑善彦 沢田の子分
中平哲仟 沢田の子分
岩手征四郎 沢田の子分
根本義幸 沢田の子分
溝口拳 沢田の子分
英原穣二 〔3年前〕横浜港に着いた豪華客船の船上で津田史郎を取材する新聞記者
北出桂子 〔3年前〕横浜港に着いた豪華客船の船上で津田史郎を取材する新聞記者
押見史郎 〔3年前〕横浜港に着いた豪華客船の船上で津田史郎を歓迎する男
藤沢健男 〔3年前〕横浜港に着いた豪華客船の船上で津田史郎を歓迎する男
マイク・ダニーン 〔3年前〕帰国した津田史郎を見る見物人
ジャズ喫茶『FANKY』の客
新津邦夫 津田史郎が乗る電車の乗客
津田史郎が乗る水上バスの乗客
露店マーケットで財布などを売る男
佐川明子 津田史郎が乗る電車の乗客
水沢冴子の結婚式の写真の女〔写真〕
東郷秀美 神奈川県警の刑事
小島克巳 津田史郎が働く横浜港の沖仲仕
菅原義夫 津田史郎が働く横浜港の沖仲仕
津田史郎と水沢冴子がカツライスを食べる大衆食堂『なぎさ亭』の客
森みどり 津田史郎と水沢冴子がカツライスを食べる大衆食堂『なぎさ亭』で踊る女
イタリアンレストランの客
雪丘恵介〔写真〕 水沢冴子の結婚式の写真の水沢冴子の亡夫 “水沢忠兵衛”
山之辺潤一〔写真〕 水沢冴子の結婚式の写真の男
千代田弘〔写真〕 水沢冴子の結婚式の写真の男
三樹高雄〔写真〕 水沢冴子の結婚式の写真の男
澄田浩介〔写真〕 水沢冴子の結婚式の写真の男
大庭喜儀 鉢植えを売る露店マーケットの商人
市原久照
 市原久
古道具を売る露店マーケットの商人
三船好重 神奈川県警で取り調べを受けている女
園田健夫 神奈川県警の警官
田中滋 陳を江草の所に連れて来て釈放する神奈川県警の警官
有村道宏 沢田の子分
熱海弘到 沢田邸に乗り込み津田史郎を撃つ神奈川県警の警官
データ提供;「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
映画主題歌・挿入歌 / 帰らざる波止場
主題歌『帰らざる波止場』の歌詞は台本によると<リルケ後期詩集>と付記があり、ライナー・マリア・リルケの「マルテの手記」という小説に出て来る詩の日本語訳に良く似ている。〔この詩は歌曲にもなっている。〕
台本に載っている歌詞も完成作品とは異なり、似ているというだけでなのでこれを参考に作詩されたものと思われる。
〔余談〕台本のラストシーン・・・・・・・
津田は江草刑事に背を向け冴子の待つ船のタラップへ向うが、五・六歩歩いて崩れ落ち倒れてしまいかすむ眼で冴子を見つめる。
船はタラップを上げ津田の名を叫ぶ冴子を乗せて出航して行きエンドマーク。

『黒い海峡』として用意
されていたようです
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
帰らざる波止場 / 1966. 8.13 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品