太平洋ひとりぼっち / 1963.10.27 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作 日活株式会社 = 石原プロモーション / 配給 日活株式会社
たったひとつの生命を賭けた空と海の間、市川 崑、裕次郎のコンビで描く感動巨篇!!
ALONE ACROSS THE PACIFIC / ALONE ON THE PACIFIC
/ THE ENEMY,THE SEA / MY ENEMY THE SEA
イーストマンカラー / シネマスコープ / 10巻 2,646m 97分
昭和38年〔1963〕10月27日 ~11月 9日
《同時上映》  その人は遠く
 11月 1日 ~  真白き富士の嶺




参考・確認文献 / プレスシート・日活映画ストーリー№721・日活映画シナリオ
企画 中井 景
原作
堀江謙一
文芸春秋社 版
脚本 和田夏十
監督 市川 崑
撮影 山崎善弘
照明 藤林 甲
録音 橋本文雄
美術 松山 崇
編集 辻井正則
音楽 芥川也寸志
武満 徹
助監督 鍛治 昇
製作主任 牛山正夫
色彩計測 畠中照夫
特殊技術 川上景司
 円谷特技プロ
金田啓治
現像 東洋現像所
記録 大和屋叡子
スチール 井本俊康
方言指導 峰 三平
セーリング協力
      石川 昇
NORC会員
協賛 敷島紡績株式会社
早川電機株式会社
森永乳業株式会社
朝日ビール株式会社
パン・アメリカン航空会社
San Francisco City
〔サンフランシスコ市〕
United States Coast Guard
〔アメリカ合衆国沿岸警備隊〕
United States Lines Company
〔USライン〕
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
青年 石原裕次郎 キング・フィッシャー型のヨットで太平洋を横断する青年
“ホリイ・ケンジ”
森雅之 自動車中古部品改造工場を営む青年の父
田中絹代 青年の母
浅丘ルリ子
 〔友情出演〕
洋裁学校へ通う青年の妹 “はな子”
男A 神山勝 青年の先輩 関大OBセーリング・クラブ会員
男B ハナ肇 青年の先輩 関大OBセーリング・クラブ会員
造船所の船大工 芦屋雁之助 青年のヨットを造る船大工
造船所の主人
大坂志郎
 〔友情出演〕
青年が20万円でヨットを注文する大阪市内の小規模な造船所の工場主
飛行場の係員 山口吉弘 「東急観光」で働く青年が外国へ行く方法を尋ねる伊丹飛行場の係員
渡航課の職員 草薙幸二郎 役所〔大阪府〕の外務課渡航係の職員
青年が書類を提出するが不備があり突き返す
自衛隊員A 上野山功一 西宮沖で漂う青年のヨットを上空で見ているヘリコプターの自衛隊員
自衛隊員B 平田大三郎 西宮沖で漂う青年のヨットを上空で見ているヘリコプターの自衛隊員
パイオニア・ミンクス号船員A 不明 「マーメイド号」が出会う巨大貨物船「パイオニア・ミンクス号」の船員
<どこへ行くんだ>
パイオニア・ミンクス号船員B 「マーメイド号」が出会う巨大貨物船「パイオニア・ミンクス号」の船員
<水はあるか>
パイオニア・ミンクス号船員C 「マーメイド号」が出会う巨大貨物船「パイオニア・ミンクス号」の船員
<食糧>
パイオニア・ミンクス号男の乗客 「マーメイド号」が出会う巨大貨物船「パイオニア・ミンクス号」の乗客
<ダイジョービ>
パイオニア・ミンクス号女の乗客 「マーメイド号」が出会う巨大貨物船「パイオニア・ミンクス号」の乗客
<旅券を持っているか>
白いヨットの米国人 サンフランシスコ港内で近付いて来るヨットの五十年配の男
モーターボートの米国人 白いヨットの男と話を交わし無線交信をするモーターボートの男
米国海上警備隊員 「マーメイド号」をランチで曳航する米国海上警備隊員たち
米国検疫官 「マーメイド号」に乗り込む米国検疫官
米国移民局員 米国検疫官と共に乗り込む米国移民局員
米国新聞記者 青年を取り囲み質問を浴びせかける記者
日本領事館員 青年を車で連れて行くサンフランシスコ日本領事館員
― その他
方言指導
峰三平
「東急観光」で働く青年が荷物を運ぶ横を通る伊丹飛行場職員
高野誠二郎 青年がイギリス製の中古の六分儀を値切って買う航海機具店の主人
宮原徳平 記者会見の席で家族に質問する記者
花村彰則 不明
Richard D.Kilburn
Mathew Dugan
Melvin H.Gilley
Beaman Gordon
Glenn T.Stenerdden
Rubem Reynolds
James P.Marsh
河合英二郎 青年の父の工場の工員
土田義雄 役所〔大阪府〕の外務課にいる男
伊達満 役所〔大阪府〕の外務課にいる男
西原泰江 役所〔大阪府〕の外務課の職員と話す青年の後ろにいる女
河瀬正敏 家族の記者会見の記者
村上和也 家族の記者会見の記者
英原穣二 家族の記者会見の記者
露木護 家族の記者会見の記者
小柴隆
 小柴尋詩
家族の記者会見の記者
東郷秀美 家族の記者会見の記者
データ提供 / 「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
地方ロケーション / 関西篇 / 太平洋ひとりぼっち
兵庫県 西宮市・伊丹市 / 大阪府大阪市
映画主題歌・挿入歌 / 太平洋ひとりぼっち
原作の映画化権はすでに大映が獲得していたが石原慎太郎が永田雅一社長と直談判して譲り受ける。
当初は石原慎太郎がメガホンをとるつもりだったらしい。
この映画は海外版〔英語版〕が製作され第17回カンヌ国際映画祭に出品された。
英語版の製作は株式会社電通、翻訳はウィリアム・ロス、録音調整は栗林秀人。
国内封切版とはタイトルバックや本編の一部編集が異なり尺は111分。
ENGLISH VERSION TITLE
ishihara international promotions
nikkatsu motion picture co.,
YUJIRO ISHIHARA INTERNATIONAL PRODUCTION / NIKKATSU COMPANY
YUJIRO ISHIHARA
IN
ALONE ACROSS THE PACIFIC
WITH
RURIKO ASAOKA MASAYUKI MORI KINUYO TANAKA SHIRO OSAKA HANA HAJIME GANNOSUKE ASHIYA
BASED ON THE LOG BOOK OF KENICHI HORIE SCREEN PLAY BY NATTO WADA
DIRECTOR OF PHOTOGRAPHY YOSHIHIRO YAMAZAKI ART DIRECTOR TAKASHI MATSUYAMA
SOUND BY FUMIO HASHIMOTO SPECIAL PHOTOGRAPHIC EFFECTS BY KEIJI KAWAKAMI
EDITED BY MASANORI TSUJIMOTO MUSIC BY YASUSHI AKUTAGAWA / TOHRU TAKEMITSU
PRODUCED BY AKIRA NAKAI DIRECTED BY KON ICHIKAWA
ENGLISH VERSION COPYRIGHITED BY DENTSU ADVERTISING LTD.
ENGLISH VERSION DIRECTED BY WILLIAM ROSS ENGLISH VERSION RECORDED BY HIDETO KURIBAYASHI
海外版〔英語版〕は本編編集も一部異なる
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
太平洋ひとりぼっち / 1963.10.27 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品