何か面白いことないか / 1963. 3. 3 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作・配給 日活株式会社
なんでもやったれ!やりまくれ!
裕次郎・ルリ子のコンビが若さと情熱をたぎらせる破天荒のドラマ!!
I FLY FOR KICKS
イーストマンカラー / シネマスコープ / 10巻 3,154m 115分
昭和38年〔1963〕 3月 3日 ~ 3月16日
《同時上映》  悪名高きろくでなし
  3月13日 ~  若旦那日本晴れ
参考・確認文献 / プレスシート・撮影台本・台本〔決定稿〕
《 仮題 》 何でもやってやろう / 何でもやったれ
企画 水の江滝子
脚本 山田信夫
監督 藏原惟繕
 蔵原惟繕
撮影 間宮義雄
照明 藤林 甲
録音 福島信雅
美術 千葉和彦
編集 鈴木 晄
音楽 黛 敏郎
助監督 神代辰巳
製作主任 二反田実
航空技術
指導
川元義人
広瀬眞雄
色彩計測 竹内茂三
現像 東洋現像所
記録 飯村知子
スチール 斉藤耕一
挿入歌 テイチクレコード
「憎いあンちくしょう」
作詩  藤田繁夫 藤田敏八
作曲  六條 隆〔黛 敏郎〕
 石原裕次郎
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
早坂次郎〔28〕 石原裕次郎 元・JALジェット旅客機のパイロット
退職金で加入した一千万円の生命保険を担保に中古セスナ“07”に入札する
“07〔ゼロセブン〕” = JA3007
倉橋典子〔23〕 淺丘ルリ子
〔浅丘ルリ子〕
ロビンソン航空」の娘 「世界劇場」の踊り子 通称“テンコ”
父の残した借財を返済するためセスナ“07〔ゼロセブン〕”を入札で売却する
小池 宏〔29〕
武内亨
 〔俳優座〕
倉橋典子の恋人 「週刊現代人社」記者
早坂次郎を“現代のドン・キホーテ” “自殺宣言“と書きたてる
吉岡健司〔20〕 川地民夫 「ロビンソン航空」の整備士
早坂次郎に反感を持つがパイロットとしての腕に心服する
岩本銀三〔53〕 加藤武 「関東航空」社長
セスナが落札できなかった腹いせに早坂次郎の仕事を邪魔する
良子〔23〕
深井聰子
 〔文学座〕
「世界劇場」の踊り子 “ヨッちゃん”
弓子〔23〕
安田千永子
 〔劇団四季〕
 森千永子
倉橋典子とアパートで同居する「世界劇場」の踊り子
“吉田弓子” “おユミ”
京子〔23〕 和田悦子 「世界劇場」の踊り子
踊子A 不明 「世界劇場」の踊り子 予定では〈葵真木子〉
踊子B 千代侑子 「世界劇場」の踊り子
踊子C 不明 「世界劇場」の踊り子 予定では〈和田悦子
編集長〔48〕 信欣三 「週刊現代人社」編集長 小池宏の上司
住田昇平 森川信 「東亜生命保険相互会社」の調査員
早坂次郎が自殺しないように「ロビンソン航空」の事務所に泊まり込む
千野郁太郎 宮坂将嘉
〔宮坂將嘉〕
早坂次郎に自決しろと軍用拳銃を渡す元陸軍少佐
松下政治郎 滝沢修 軽金属の一流メーカー「松下工業株式会社」の会長
セスナ“07”と同じ型のエンジンを工場の正面入口に飾っている
井上 登場しない 台本の人物欄に役名があるが本文には見当たらない
雑誌社の記者A 袋正 「週刊現代人社」の記者
雑誌社の記者B 天野新二
 天野新士
「週刊現代人社」の記者
雑誌社の記者C 伊藤孝雄 「週刊現代人社」の記者
整備士A
整備士B
峰三平 「関東航空」の整備士
予定では「A」=〈市村博〉、「B」=〈近江大介〉
榎木兵衛
パイロットA 押見史郎 「関東航空」のパイロット 予定では〈峰三平
パイロットB 伊豆見雄
 伊豆見英輔
「関東航空」のパイロット
パイロットC 河野弘 「関東航空」のパイロット
ウェイトレス 星ナオミ 倉橋典子と小池宏が行きつけの喫茶店『キャンドル』のウェイトレス
台本では『アムール』
山本 木浦佑三 倉橋典子たちの部屋に来る吉田弓子の恋人のサラリーマン
日本新聞社の記者 森塚敏 早坂次郎を取材に来る「日本新聞社」の記者
ジャーナリスト 上野山功一 早坂次郎を編集長と共に取材に来る「東京タイムス」の記者
パイロットたち 調布飛行場にいるパイロットたち
整備士たち 調布飛行場にいる整備士たち
編集員たち 「週刊現代人社」の編集員たち
踊り子たち 「世界劇場」の踊り子たち
アヴツクたち 喫茶店『キャンドル』の客のアベックたち
重盛輝江
 重盛てる江
【タイトルバック】「東亜生命保険相互会社」の加入受付窓口の受付嬢
早坂次郎の1千万円の生命保険のを申し込みに驚く
〔女中〕 福田トヨ 倉橋典子と小池宏が入る連れ込み旅館の女中
〔男A〕 鴨田喜由 セスナ“07”の入札に参加する航空会社の男
〔男B〕 雪丘恵介 セスナ“07”の入札に参加する航空会社の男
〔男C〕 八代康二 セスナ“07”の入札に参加する航空会社の男
小島忠夫 喫茶店『キャンドル』の客
〔守衛〕 玉井謙介 「世界劇場」楽屋口の守衛
坂巻祥子 「世界劇場」の踊り子
大塚トミエ 「世界劇場」の踊り子
北出桂子 「世界劇場」の踊り子
渡辺節子 「世界劇場」の踊り子
山下三千代 「世界劇場」の踊り子
ダンシング
 アカデミー
「世界劇場」の踊り子たち
〔ガール・フレンド〕 茂手木かすみ 吉岡健司の恋人
〔局員A〕 川村昌之 台風の中飛び立つ早坂次郎と交信する運輸省航空局調布飛行出張所員
予定では〈河合健二
〔局員B〕 河合健二 運輸省航空局調布飛行出張所員 予定では〈川村昌之
澄川透 壊れた“07”を見る他の航空会社のパイロット
長弘 壊れた“07”を見る他の航空会社の整備士
松丘清司 壊れた“07”を見る他の航空会社の整備士
露木護 壊れた“07”を見る他の航空会社の整備士
林茂朗 「週刊現代人社」の記者
緑川宏 早坂次郎の自殺宣言の新聞記事を読むある家庭の居間の主人
山口吉弘 早坂次郎の自殺宣言の新聞記事を読むあるバス停の出勤してくるサラリーマン
〔仲間〕 久遠利三 ジャーナリストの仲間 「東京タイムス」の記者
鈴木瑞穂 自殺しない早坂次郎には興味を示さない「東京タイムス」の編集長
井東柳晴 倉橋典子たちの部屋で弓子たちと話をする倉橋典子の債権者の男
紀原土耕 倉橋典子たちの部屋で弓子たちと話をする倉橋典子の債権者の男
山之辺潤一 倉橋典子たちの部屋で弓子たちと話をする倉橋典子の債権者の男
河上信夫
 河上喜史朗
「松下工業」の工場の守衛
土方弘 松下工業の工場~松下邸を取材する記者
杉江弘
 杉江広太郎
松下工業の工場~松下邸を取材する記者
〔運転手〕 柴田新三 松下政治郎の運転手
河瀬正敏 「世界劇場」の進行係
神山勝 不明
市村博
近江大介
志方稔
奥村幸士
高緒弘志
糸賀靖雄
大川隆
伊藤浩 映画帰りの倉橋典子と小池宏の後ろを歩く男
一人で踊る倉橋典子を野次る「世界劇場」のバンドマン
土田義雄 映画帰りの倉橋典子と小池宏の後ろを歩く男
秋山耕志 映画帰りの倉橋典子と小池宏の後ろを歩く男
自殺宣言をした早坂次郎を取材をする記者
伊達満 映画帰りの倉橋典子と小池宏の後ろを歩く男
セスナ“07”の入札に参加する航空会社の男
ラッシュの国電の乗客
高田栄子 映画帰りの倉橋典子と小池宏の後ろを歩く女
公衆電話をかける倉橋典子を見ながら通り過ぎる女
日下部徹也 喫茶店『キャンドル』のバーテン
小林洋子 喫茶店『キャンドル』の客
本間節子 喫茶店『キャンドル』の客
藤野宏 喫茶店『キャンドル』の客
三浜元 【タイトルバック】早坂次郎を診察する「東亜生命保険相互会社」の診察室の医師
式田賢一 「週刊現代人社」の記者
今村弘 ナイトクラブ『勝手にしやがれ』のバーテン
小柴隆
 小柴尋詩
ナイトクラブ『勝手にしやがれ』のバーテン
松下工業の工場~松下邸を取材する記者
野村隆 連れ込み旅館から出て来て「何か面白いことないかな?」と言う男
織田俊彦 倉橋典子と小池宏が待っている連れ込み旅館で満員で追い返されるカップルの男
若葉めぐみ
 椿麻里
倉橋典子と小池宏が待っている連れ込み旅館で満員で追い返されるカップルの女
森みどり 喫茶店『キャンドル』の客
園田健夫 喫茶店『キャンドル』の客
石丘伸吾 喫茶店『キャンドル』の客
朝香奈緒美 喫茶店『キャンドル』の客
三谷龍男
 三谷忠雄
「世界劇場」のスタッフ
自殺宣言をした早坂次郎を取材をする記者
大谷木洋子 「世界劇場」の楽屋口の守衛に〔アケミ〕という踊り子に会わせろと言うファン
林浩子
 林泰江
「世界劇場」の踊り子
平塚仁郎 一人で踊る倉橋典子を野次る「世界劇場」のバンドマン
島本輝男 一人で踊る倉橋典子を野次る「世界劇場」のバンドマン
漆沢政子 夜の街を歩く倉橋典子にぶつかるサングラスの女
山岡正義 夜の街を歩く倉橋典子にぶつかるサングラスの女の連れの男
「週刊現代人社」の記者
菅原義夫 「関東航空」の職員
守屋徹 「週刊現代人社」の記者
武内悦子 「週刊現代人社」の事務員
浜口竜哉 ナイトクラブ『勝手にしやがれ』の客
立石日佐子 ナイトクラブ『勝手にしやがれ』の客
「世界劇場」の踊り子
立川博 ナイトクラブ『勝手にしやがれ』の客
銀座のビルの窓際で早坂次郎の自殺宣言の噂をする男
根本義幸 「関東航空」の整備士
晴海勇三 「週刊現代人社」の記者
藤沢健男 「週刊現代人社」の記者
加山健次
 加山健二
電車に乗り込んで来る男
石火矢哲郎
 村井健二
電車に乗り込んで来る男
新津邦夫 早坂次郎の自殺宣言の載った《週刊現代人》を読むラッシュの国電の乗客
「世界劇場」のスタッフ
加野敬子
 加納千嘉
早坂次郎の自殺宣言の新聞記事を読む女
辻野房子 銀座のビルの窓際で早坂次郎の自殺宣言の噂をする女
里実 早坂次郎の自殺宣言の噂をする大阪・釜ケ崎の労務者
岡村佶 早坂次郎の自殺宣言の噂をする大阪・釜ケ崎の労務者
吉田勇男
 吉田朗人
早坂次郎の自殺宣言の噂をする大阪・釜ケ崎の労務者
堀崎二郎 早坂次郎の自殺宣言の噂をする大阪・釜ケ崎の労務者
澄田浩介 早坂次郎の自殺宣言の噂をする地方都市の建設現場の工事人
山口養治 「関東航空」の整備士
井田武
 いだたけ志
自殺宣言をした早坂次郎を取材をするカメラマン
新村猛 自殺宣言をした早坂次郎を取材をする記者
石川恵一 自殺宣言をした早坂次郎を取材をする記者
東郷秀美 自殺宣言をした早坂次郎を取材をする記者
高島史旭
 竜崎勝
自殺宣言をした早坂次郎を取材をする記者
千代田弘 松下政治郎の車に群がる人たちの一人
横田陽子
 横田楊子
松下政治郎の車に轢かれる小学生の母
タチアナ
 ・サモイロワ
倉橋典子と小池宏が「日劇文化劇場」で観るソヴィエト映画『戦争と貞操』の出演者
エルビス
 ・プレスリー
倉橋典子の部屋のカレンダーのモデル
三船敏郎 《週刊現代人》の裏表紙のアリナミンの広告のモデル
データ提供 / 「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
映画主題歌・挿入歌 / 何か面白いことないか
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
何か面白いことないか / 1963. 3. 3 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品