花と竜 / 1962.12.26 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作・配給 日活株式会社
ド根性と天駈ける夢!灼熱の快男児玉井金五郎の若き日の記録!
火野葦平の躍動篇を裕次郎で映画化!!
A MAN WITH DRAGON TATTOOS
イーストマンカラー / シネマスコープ / 9巻 2,984m 109分
昭和37年〔1962〕12月26日 ~ 1月10日
《同時上映》  歌う暴れん坊
  1月 3日 ~  青い山脈
昭和44年〔1969〕 3月 1日 ~ 3月 7日  再映〔全国〕 《同時上映》 野獣を消せ
参考・確認文献 / プレスシート・撮影台本・台本〔決定稿〕
企画 高木雅行
原作
火野葦平
新潮社 版
脚本 井手雅人
監督 舛田利雄
協賛 株式会社 城戸組
唐津港運株式会社
撮影 山崎善弘
照明 藤林 甲
録音 沼倉範夫
美術 松山 崇
編集 辻井正則
音楽 伊部晴美
助監督 河辺和夫
江崎実生
製作主任 戸倉 壽
 戸倉 寿
色彩計測 畠中照夫
現像 東洋現像所
記録 大平篤子
スチール 斉藤耕一
手打式
  指導
箸家四代目
秋野傳三郎
振付 藤間勘紫郎
藤間紫翆
方言指導 志方 稔
刺青 河野 弘
大中 豊
戸波志朗
技斗 峰 三平
主題歌 テイチクレコード
「花と竜」
作詞  滝田 順
作曲  伊部晴美
 石原裕次郎
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
玉井金五郎 石原裕次郎 ブラジルへ渡ることを夢見て伊予の山奥から出て来た男
門司港の「浜尾組」のゴンゾ〔仲士〕になる
彦島の「山下組」のゴンゾから戸畑の「永田組」のボーシン〔助役〕に
「永田組」の荷役の権利を引き継ぎ若松の「玉井組」の小頭〔親分〕になる
マン 浅丘ルリ子 女ゴンゾ “谷口マン” 「浜尾組」から彦島の「山下組」へ
玉井金五郎の妻になり戸畑へ
お京〔蝶々牡丹のお京〕 岩崎加根子 玉井金五郎が門司の木賃宿で出会う彫青師でイカサマ壷振り
筑前武蔵温泉の賭場で再会し玉井金五郎に入れ墨を彫る
玉井金五郎を追いかけて料亭『飛鳥』の抱え芸者に
予定では〈渡辺美佐子〉
森新之助 葉山良二 玉井金五郎の親友の「浜尾組」のゴンゾ 君香と料亭『飛鳥』を営む
君香 白木マリ
 白木万理
彦島貯炭場を見学に来る洋装の女〔ハイカラさん〕
森新之助の妻になり料亭『飛鳥』の女将に
吉田磯吉 芦田伸介 若松の「吉田組」の小頭 〈若松共働組〉のボス
予定では〈東野英治郎〉
大庭春吉 大坂志郎 「大庭組」の小頭 〈聯合組〉のボス
友田喜造 垂水悟郎 〈若松共働組〉の「友田組」の小頭 予定では〈芦田伸介
江崎満吉 富田仲次郎 〈若松共働組〉の「江崎組」の小頭 “めっかちの人殺し”
予定では〈垂水悟郎
島村ギン〔どてら婆さん〕 高橋とよ 〈若松共働組〉の「島村組」の小頭 “どてら婆”
永田杢次〔永田組〕 田中明夫 〈聯合組〉の「永田組」の小頭 アル中の妾狂い
番下げになり「永田組」は解散し荷役の権利一切を玉井金五郎に譲る
浜尾市造〔浜尾組〕 登場しない 「浜尾組」の小頭〔#14〕 予定では〈富田仲次郎
山下松次〔山下組〕 河野弘 〈若松共働組〉の「山下組」の小頭
平尾角助 井上昭文 「永田組」の古顔のゴンゾ
ボーシンを玉井金五郎に取れら「友田組」のボーシン〔助役〕に
「パナマ丸」の一件で指を詰め玉井金五郎を仇敵視する
〆蝶 天路圭子 君香と彦島貯炭場を見学に来る洋装の女〔ハイカラさん〕
染奴 松本典子 料亭『飛鳥』の抱え芸者 玉井金五郎の事でお京と張り合う
胡蝶屋豆八 桂小金治 料亭『飛鳥』出入りの幇間〔太鼓持ち〕
谷口林助〔マンの兄〕 里実 谷口マンの兄 「浜尾組」のゴンゾ
コレラに罹るが助かり彦島の「山下組」へ 
予定では〈杉江弘
谷口チエ 鏑木はるな 谷口林助の妻
般若の五郎 江角英明 “蝶々牡丹のお京”の仲間
門司の木賃宿で相部屋になった玉井金五郎を賭場に連れていく
予定では〈井上昭文
六ゾロの源〔松川の源十〕 木島一郎 「永田組」の助ボーシン 「玉井組」でボーシン〔助役〕になる
予定では〈安部徹〉
大川時次郎 近藤宏 郵便配達員 “時やん”
谷口マンの幼なじみでマンを探し追いかけて谷口チエと戸畑へ
玉井金五郎の死ぬのを見届けると云って「玉井組」の子分になる
ノロ甚 高品格 「山下組」のゴンゾから「〔永田組〕玉井組」のゴンゾ
清七 榎木兵衛 「玉井組」のゴンゾ 予定では〈黒田剛
新谷勝太郎 黒田剛 「玉井組」のゴンゾ 予定では〈榎木兵衛
城 三次 水木京二
 水木京一
「玉井組」のゴンゾ
松本重雄 八代康二 「玉井組」のゴンゾ
「中学生」の俊次 杉山元 「玉井組」のゴンゾ
大村組ボーシン 高橋明 「大村組」のボーシン〔助役〕
大村組ゴンゾA 百瀬博教 「大村組」の怪力のゴンゾ
大村組ゴンゾB 志方稔 「大村組」のゴンゾ
大村組ゴンゾC 根本義幸 「大村組」のゴンゾ
浜尾組ボーシン 山之辺潤一 「浜尾組」のボーシン〔助役〕
浜尾組ゴンゾA 戸波志朗 「浜尾組」のゴンゾ
浜尾組ゴンゾB 堀崎二郎 「浜尾組」のゴンゾ
浜尾組ゴンゾC 菅原義夫 「浜尾組」のゴンゾ
山下組ボーシン 河上信夫
 河上喜史朗
「山下組」のボーシン〔助役〕
浜尾組のアル中 村田寿男 「浜尾組」のアル中のゴンゾ 「大村組」のボーシンに焼酎をねだる
山下組ゴンゾA 高島史旭
 竜崎勝
「山下組」のゴンゾ
山下組ゴンゾB 佐久間健太郎 「山下組」のゴンゾ
山下組ゴンゾC 市原久照
 市原久
「山下組」のゴンゾ
コレラの医者 登場しない 谷口林助たちの腹痛をコレラと診断する医者〔#15〕
予定では〈
緑川宏
コレラの吏員 衣笠真寿男 コレラ騒ぎの時に玉井金五郎たちを監視する八字髭の警官
案内の厚司男 宮崎準 君香と〆蝶を彦島貯炭場に案内する「吉田組」の子分 “哲”
森新之助を袋叩きにする
友田組ボーシン〔行雄〕 玉村駿太郎 「友田組」のボーシン〔助役〕
友田組 安次 島村謙二
 島村謙次
「友田組」のボーシン〔助役〕 予定では〈柳瀬志郎〉
貯炭場の遊び人風の男A 技斗
峰三平
森新之助を袋叩きにする「吉田組」の子分 “兼〔かね〕”
貯炭場の遊び人風の男B 河瀬正敏 森新之助を袋叩きにする「吉田組」の子分 予定では〈柴田新三
貯炭場の遊び人風の男C 不明 森新之助を袋叩きにする「吉田組」の子分 予定では〈露木護
貯炭場の遊び人風の男D
不明 森新之助を袋叩きにする「吉田組」の子分 予定では〈三杉健
貯炭場の遊び人風の男E
貯炭場の遊び人風の男F
露木護 谷口マンに因縁をつける「吉田組」の子分
緑川宏 谷口マンに因縁をつけキンタマを握られる「吉田組」の子分
加村裕之 谷口マンに因縁をつける「吉田組」の子分
江崎乾分 甲 澄川透 「江崎組」の子分
江崎乾分 乙 式田賢一 「江崎組」の子分
江崎乾分 丙 岩手征四郎 「江崎組」の子分
島村ギン乾分A 宮原德平
〔宮原徳平〕
「島村組」の子分
なぐりこみの傭人A~D 登場しない 『玉井組』に殴り込みをする江崎に雇われた喧嘩の加勢
助っ人料を値切られたのでドロンする相談をする〔#91〕
玉井組ゴンゾA
玉井組ゴンゾB
玉井組ゴンゾC
玉井組ゴンゾD
千代田弘 「〔永田組〕玉井組」のゴンゾ
二階堂郁夫
瀬山孝司
本目雅昭
倉田栄三
玉井組 女中ジュン 葵真木子 「玉井組」女中 ”ジュン”
元旦に神社でお祓いを受ける「玉井組」一家に男子誕生を告げに来る
芸妓 木室郁子 料亭『飛鳥』の芸妓
飛鳥の抱え芸者 大倉節美 料亭『飛鳥』の抱え芸者
水森久美子
茂手木かすみ
飛鳥の少女 重盛輝江
 重盛てる江
料亭『飛鳥』の下働きの少女
『飛鳥』の表で平尾角助から受け取った果し状を玉井金五郎に渡す
機関長 深水吉衛 門司港で石炭を積み込む船の機関長
「浜尾組」と「大村組」が荷役作業を競って船が傾き慌てる
吉田邸玄関番 晴海勇三 吉田磯吉に会いに来た玉井金五郎を通さない「吉田組」の玄関番
山下邸玄関番 花村典昌
 花村彰則
「山下組」の子分 玉井金五郎が乱入する山下邸の玄関番
久八 杉江弘
 杉江広太郎
吉田磯吉に会いに来た玉井金五郎を追い返す「吉田組」の子分
赤ン坊を背負ったゴンゾ 荒井岩衛 「〔永田組〕玉井組」のゴンゾ “正やん”
借り物の赤ん坊を背負っては度々玉井金五郎に金を借りに来る
看護婦 登場しない 刺された玉井金五郎が入院している病院の看護婦〔#147〕
医者 久遠利三 刺された玉井金五郎が入院している病院の医者
品川信健 内藤武敏 「北九州時事新報社」で新聞を発刊している玉井金五郎の後援者
車曳 久松洪介 江崎満吉からの果し状を「玉井組」に届ける車曳き
号外売 近江大介 「旅順開城」と叫びながら走る戸畑の号外売り
門司駅出札掛 石丘伸吾 玉井金五郎が戸畑までの切符を買おうとする門司駅の出札口の駅員
【タイトルバック】竹刀を持って歩くバンカラ風の男
温泉場の世話掛 登場しない 筑前武蔵温泉の宿の賭場の世話役
大庭春吉と玉井金五郎に賭場のはじまりを告げに来る〔#51〕
小伝馬舟の男 三杉健 「友田組」のゴンゾ
「パナマ丸」を待つ平尾角助に「永田組」に先手を打たれたと知らせに来る
民謡指導
舞踏指導
時代考証
衣装
伊豆見雄
 伊豆見英輔
門司の木賃宿のお京が壺を振る賭場の客
ゑびす神社で玉井金五郎を襲う平尾角助の仲間
柴田新三 谷口林助たちの腹痛をコレラと診断する船員
川倉泰彦
 矢藤昌宏
コレラ騒ぎの時の警官
ゑびす神社で玉井金五郎を襲う平尾角助の仲間
立川博 コレラ騒ぎの時の警官
ゑびす神社で玉井金五郎を襲う平尾角助の仲間
井田武
 いだたけ志
「山下組」のゴンゾから「〔永田組〕玉井組」のゴンゾ
谷川玲子 大庭春吉の妻
山岡正義 「〔永田組〕玉井組」のゴンゾ
北出桂子 「玉井組」の女
高山千草 「玉井組」の女
堺美紀子 料亭『梅月』の玉井金五郎と江崎満吉の手打ち式の年増芸者
進千賀子 料亭『飛鳥』の仲居 お京が染奴をを呼び出すように耳打ちする
赤司健介 ゑびす神社で玉井金五郎を襲う平尾角助の仲間
田畑善彦 ゑびす神社で玉井金五郎を襲う平尾角助の仲間
水川国也 ゑびす神社で玉井金五郎を襲う平尾角助の仲間
村上和也 不明
三谷龍男
 三谷忠雄
【タイトルバック】行進する男
澄田浩介 【タイトルバック】行進する男
笹木幸一
 溝口拳
【タイトルバック】行進する男
笛田直一 巻頭のお京が壺を振る賭場の中盆
深町真喜子
 深町真樹子
巻頭のお京が壺を振る賭場の客
森新之助の家へ走る胡蝶屋豆八の横を歩く女
「玉井組」の女ゴンゾ
新村猛 門司の木賃宿でお京が壺を振る賭場の客
東郷秀美 門司の木賃宿でお京が壺を振る賭場を手入れする警官
「若松港汽船積の小頭組合」の発会式の参加者
山口吉弘 コレラ騒ぎの時の警官
押見史郎 コレラ騒ぎの時の半纏の男
【タイトルバック】竹刀を持って歩くバンカラ風の男
園田健夫 「山下組」の子分 玉井金五郎が乱入する山下邸の玄関番
伊達満 玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の客
「永田組」のゴンゾ
新津邦夫 玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の客
小柴隆
 小柴尋詩
玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の客
森みどり 玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の芸者
加藤洋美
 加藤ヒロ実
玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の芸者
日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
宮沢尚子 玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の芸者
料亭『梅月』の若松共働組の宴席の芸者
鈴村益代 玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の年増芸者
日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
高田栄子 玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の年増芸者
日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
朝香奈緒美 玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の芸者
料亭『梅月』の若松共働組の宴席の芸者
家根谷美代子
 水城英子
玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の芸者
料亭『梅月』の若松共働組の宴席の仲居
日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
林浩子
 林泰江
玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の芸者
日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
伊藤星子 玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の芸者
料亭『梅月』の若松共働組の宴席の芸者
日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
佐川明子 玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の年増芸者
日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
若葉めぐみ
 椿麻里
玉井金五郎が乱入する山下邸の宴席の仲居
飛び出した玉井金五郎と廊下でぶつかる女
平塚仁郎 「山下組」のゴンゾ
「永田組」の子分
秋山耕志 「山下組」のゴンゾ
今村弘 「山下組」のゴンゾ
三笠鉄郎
 池沢竜
〈若松共働組〉の小頭の一人
吉田勇男
 吉田朗人
〈聯合組〉の小頭の一人
河合英二郎 〈聯合組〉の小頭の一人
二木草之助 〈聯合組〉の小頭の一人
土田義雄 〈聯合組〉の小頭の一人
中平哲弥
 中平哲仟
「永田組」の子分
立石日佐子 「玉井組」の女
日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
大谷木洋子 料亭『梅月』の二階から日露戦争戦勝祝賀提灯行列を眺める芸者
雨宮美智子 料亭『梅月』の若松共働組の宴席の芸者
日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
本間節子 日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
樽井釉子 日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
三船好重 日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
鈴木俊子 日露戦争戦勝祝賀提灯行列の参加者
石火矢哲郎
 村井健二
日露戦争戦勝祝賀提灯行列を見る男
加野敬子
 加納千嘉
「玉井組」の女ゴンゾ
会田為久 「玉井組」のゴンゾ
須田喜久代 料亭『梅月』の玉井金五郎と江崎満吉の手打ち式の仲居
辻野房子 料亭『梅月』の玉井金五郎と江崎満吉の手打ち式の仲居
和田美登里 料亭『梅月』の玉井金五郎と江崎満吉の手打ち式の仲居
緒方葉子 料亭『梅月』の玉井金五郎と江崎満吉の手打ち式の仲居
斉藤倫子 料亭『梅月』の玉井金五郎と江崎満吉の手打ち式の芸者
中庸子 料亭『梅月』の玉井金五郎と江崎満吉の手打ち式の芸者
武内悦子 料亭『梅月』の玉井金五郎と江崎満吉の手打ち式の芸者
大塚トミエ 手打ち式と「若松港汽船積の小頭組合」の発会式での宴席の芸者
石塚みどり 手打ち式と「若松港汽船積の小頭組合」の発会式での宴席の芸者
英原穣二 手打ち式や「若松港汽船積の小頭組合」の発会式の参加者
大路達三 「若松港汽船積の小頭組合」の発会式に訪問する吉田磯吉の車曳き
データ提供 / 「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
映画主題歌・挿入歌 / 花と竜
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
花と竜 / 1962.12.26 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品