零戦黒雲一家 / 1962. 8.12 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作・配給 日活株式会社
敵機数百、零戦一機!やくざ部隊の一六作戦!
日活が総力を結集した破天荒の航空大アクション!!
THE ZERO FIGHTER
イーストマンカラー / シネマスコープ / 10巻 3,003m 110分
昭和37年〔1962〕 8月12日 ~ 8月28日
《同時上映》  渡り鳥故郷へ帰る
  8月26日 ~  当りや大将
参考・確認文献 / プレスシート・日活映画ストーリー・撮影台本
《 仮題 》 零戦黒雲部隊
企画 岩井金男
原作
萱沼 洋
平凡 所載
青樹社 刊
脚本 星川淸司
 星川清司
舛田利雄
監督 舛田利雄
ギャグ協力 永 六輔
撮影 山崎善弘
照明 藤林 甲
録音 橋本文雄
美術 松山 崇
編集 辻井正則
音楽 佐藤 勝
助監督 河辺和夫
江崎実生
製作主任 戸倉 寿
色彩計測 畠中照夫
特殊技術 金田啓治
現像 東洋現像所
記録 中川初子
スチール 目黒祐司
技斗 峰 三平
主題歌 テイチクレコード
「黒いシャッポ」
〔黒いシャッポの歌〕
作詞  舛田利雄
作曲  佐藤 勝
 石原裕次郎
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
谷村 雁〔海軍飛行中尉〕 石原裕次郎 南太平洋ソロモン諸島バルテ島へ赴任する海軍飛行中尉
第202海軍航空隊バルテ島派遣隊々長
八雲甲三〔海軍上等飛行兵曹〕 二谷英明 先任の隊長 海軍上等飛行兵曹〔上飛曹〕
上官暴行罪で降格されバルテにとばされた元・少尉
海野貞平〔海軍設営隊、隊長〕 大坂志郎 設営隊々長 将校待遇の技術軍属
平岩奈美 渡辺美佐子 バルテ島に漂着する慰安婦
八雲甲三の元恋人で慰問の歌手だった
操縦
木津辰六〔放れ駒〕飛曹 草薙幸二郎 通称“放れ駒の辰” 北九州出身
敵編隊に迎撃発進するが墜落死
柴田忠一〔大学〕二飛曹 近藤宏 予備学生上がり 通称“大学”  操縦かん恐怖症
単機で敵編隊に突っ込み空中戦で戦死
中北次郎〔ヨカレン〕二飛曹 浜田光夫 巻頭で回想する現代の海上自衛隊員
予科練上がり 通称“ヨカレン”
通信
亀田庄吉〔デンキヤ〕二曹 天王寺虎之助 通称“デンキヤ” 関西弁
赤井政春〔ポン引き〕兵長 天坊準 通称“ポン引き” 空襲による爆撃で戦死
高射機関銃
松木勘太〔鉄砲勘太〕上曹 内田良平 通称“鉄砲勘太” 樺太育ちの鉄砲撃ち
遠藤西光〔海坊主〕兵長 江角英明 生臭和尚 通称“海坊主”  空襲による爆撃で戦死
整備
滝 源治〔南洋ゴロ〕整曹 井上昭文 通称“南洋ゴロ”
崔 文喜〔朝鮮人〕整曹 郷鍈治 朝鮮人 ジョン・タワーズの放火による火災で爆死
市原進一〔コンコン様〕兵長 衣笠力矢
 衣笠真寿男
占い師 通称“コンコン様” 空襲による爆撃で戦死
対空見張
兼ラッパ 村上 武〔一水〕 榎木兵衛 通称“ラッパ” 空襲による爆撃で戦死
兼工作 若林林三〔二水〕 木島一郎 通称“工作”
炊事
岡崎義夫〔一水〕 水木京二
 水木京一
空襲による爆撃で戦死
大島兵助〔二水〕 黒田剛
衛生
倉田謙次〔アカチン〕〔一水〕 河野弘 通称“アカチン”
従兵
高塚 久〔ドモ久〕〔二水〕 高品格 通称“ドモ久” 吃音だが歌は吃らない
ガダルカナルの生残り
戸沢金助〔陸軍上等兵〕
河上信夫
 河上喜史朗
バルテ島に流れ着いた陸軍上等兵
他の航空隊の兵たちA 技斗
峰三平
航空隊の兵士
他の航空隊の兵たちB 岩手征四郎 航空隊の兵士
他の航空隊の兵たちC~E・他 不明 航空隊の兵士
他の設営隊の兵たちA~E・他 不明 設営隊の兵士
潜水艦長 加藤 芦田伸介 イ号潜水艦の艦長 谷村雁の兵学校の先輩
潜水艦 副長 杉江弘
 杉江広太郎
イ号潜水艦の副長
潜水艦 水兵たち イ号潜水艦水兵
少年 ロロ 小林志津夫 バルテ島ただ一人の原住民
ジョン・タワーズ 米軍中尉
ジャック・セラー
 〔友情出演〕
エヤ・コブラ搭乗員の米軍中尉
谷村雁と八雲甲三が空中戦で強制着陸させ捕虜になる
方言指導
土民語指導
振付け
本目雅昭 兵士
中平哲弥
 中平哲仟
兵士
里実 設営隊の兵士
村上和也 設営隊の兵士
倉田栄三 潜水艦から手旗信号を送る水兵
島村謙二
 島村謙次
不明
高野誠二郎
田端善彦
〔田畑善彦〕
中根実
永沢伸介 兵士
澄田浩介 兵士
星ナオミ〔写真〕 滝源治の結婚式の写真に写る花嫁
東郷秀美 兵士
データ提供 / 「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
映画主題歌・挿入歌 / 零戦黒雲一家
ロケ地は種子島。
政局の関係で表に出していないが自衛隊の全面協力を得ている。
練習機テキサンA-6〔ボーイング〕・2機、対潜哨戒機P-2、ビーチクラフト、潜水艦「くろしお」は自衛隊の実機を使用。
テキサンを零戦に対潜哨戒機P-2とビーチクラフトを米爆撃機にペインティング。潜水艦の登場シーンは瀬戸内海・豊後水道で撮影。
劇中で谷村中尉がドラム缶風呂で主題曲を歌うシーンがあるが、台本では風呂を沸かす高塚二水〔高品格〕が歌う事になっている。
この高品格が歌うプレスコ音源は録音され日活に遺されている。
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
零戦黒雲一家 / 1962. 8.12 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品