憎いあンちくしょう / 1962. 7. 8 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作・配給 日活株式会社
東京>>>九州、ジープを駆って一,六〇〇キロ!
日本縦断に若さと情熱をぶちまける豪快裕次郎!!
I HATE BUT LOVE
イーストマンカラー / シネマスコープ / 9巻 2,864m 105分
昭和37年〔1962〕 7月 8日 ~ 7月24日
《同時上映》  霧の夜の男
  7月15日 ~  遥かなる国の歌
昭和45年〔1970〕 2月 7日 ~ 2月20日  再映〔全国〕 《同時上映》 女の警察 国際線待合室
参考・確認文献 / プレスシート・日活映画ストーリー№636・台本〔決定稿〕
企画 水の江滝子
脚本 山田信夫
監督 藏原惟繕
 蔵原惟繕
撮影 間宮義雄
岩佐一泉
照明 藤林 甲
録音 橋本文雄
美術 千葉和彦
編集 鈴木 晄
音楽 黛 敏郎
助監督 木下喜源
藤田繁夫
製作主任 亀井欽一
色彩計測 竹内茂三
特殊技術 金田啓治
現像 東洋現像所
記録 大和屋叡子
スチール 井本俊康
協賛 出光興産株式会社
日本フード工業株式会社
主題歌 テイチクレコード
「憎いあンちくしょう」
作詞  藤田繁夫 藤田敏八
作曲  六條 隆〔黛 敏郎〕
 石原裕次郎
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
北 大作〔27〕 石原裕次郎 人気DJ マスコミの寵児
あらゆるマスコミから追い回される“現代のヒーロー”
榊田典子〔22〕 浅丘ルリ子 北大作のマネージャー兼恋人 通称“テンコ”
井川美子 芦川いづみ 新聞の三行広告でジープを運ぶドライバーを探す小坂敏夫の恋人
小坂敏夫〔30〕 小池朝雄 熊本の無医地区〔洗川村〕「洗川診療所」の医師
一郎ちゃん〔29〕 長門裕之 「関東テレビ」の演出家 “梅谷一郎” 通称“一郎ちゃん”
尾崎 宏 川地民夫 京都で榊田典子が仕組んだ北大作の身替りドライバー
奥山 佐野浅夫 梅田で北大作のジープに乗り込む《ニュー大阪夕刊》の記者
吉岡 森塚敏 大阪の新聞記者 予定では〈梅野泰靖〉
演出助手A 市村博 「関東テレビ」の演出助手 “市村”
演出助手B 亀山靖博 「関東テレビ」の演出助手 “亀山” 通称“カメちゃん”
TVの助手 緒方葉子 「関東テレビ」のブースのタイムキーパー “緒方”
男〔京都〕 高品格 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
北大作の騒ぎに文句を言う定期便の運転手 
予定では〈井上昭文〉
砂利トラの運ちゃん 登場しない 倉敷辺りで榊田典子の車の前に割込もうとする砂利トラックの運転手〔#146〕
ラジオ局のディレクター 草薙幸二郎 北大作が出演する「ラジオ日本」のディレクター
野球場のアナウンサー 登場しない 雨で試合が中止になる後楽園球場のネット裏のアナウンサー〔#45〕
予定では〈神山勝〉
関東テレビ部課長A 小泉郁之助 北大作の発言に慌てる「関東テレビ」の部課長
関東テレビ部課長B 雪丘恵介 北大作の発言に慌てる「関東テレビ」の部課長
関東テレビ部課長C 河野弘 北大作の発言に慌てる「関東テレビ」の部課長 顔は映らない
関東テレビ部課長D 緑川宏 北大作の発言に慌てる「関東テレビ」の部課長
予定では〈杉江弘〉
禿頭の男 登場しない グリーンマンションのエレベーターに乗る男
もめている北大作と榊田典子と一緒になりあきれる〔#81A〕
予定では〈天草四郎〉
経理部の女 葵真木子 北大作にギャラを渡す「ラジオ日本」の経理部の女
ブルジョア娘A 斎藤久美子 ナイトクラブで一緒に踊ることを断られる北大作のファン
ブルジョア娘B 水森久美子 ナイトクラブで一緒に踊ることを断られる北大作のファン
近所のかみさん〔女A〕 鈴村益代 井川美子の住む公営江戸川アパートの住人
近所のかみさん〔女B〕 高山千草 井川美子の住む公営江戸川アパートの住人
近所のかみさん〔女C〕 深町真喜子 井川美子の住む公営江戸川アパートの住人
マンションのマスコミA 花村典昌
 花村彰則
北大作の住むグリーンマンションで取材する《週刊ジャーナル》の記者
マンションのマスコミB 榎木兵衛 北大作の住むグリーンマンションで取材する《ホリデー・ウィーク》の記者
マンションのマスコミC 小柴隆
 小柴尋詩
北大作の住むグリーンマンションで取材する《国際スポーツ》の記者
美子のアパートの
ジャーナリストA~C
登場しない 公営江戸川アパート前で井川美子を質問攻めにするジャーナリストたち〔#90〕
大阪のジャーナリスト
A~D
不明 大阪で北大作のジープを取り囲む記者たち
兵庫新開のジャーナリスト 登場しない 明石附近で車で北大作を追う「兵庫新聞社」の記者とカメラマン〔#127〕
九州のジャーナリスト
A~D
シーン変更
登場しない
洗川駅で出会う井川美子と尾崎宏を取材する記者たち〔#173〕
ドライブ・インの親父 山田襌二
〔山田禅二〕
北大作と榊田典子が食事する浜松附近のドライブインのおやじ
定期便の運ちゃんA 青木富夫 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
定期便の運ちゃんB 澄川透 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
定期便の運ちゃんC 石丘伸吾 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
定期便の運ちゃんD 久遠利三 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
アナウンサー
〔京都のテレビ〕
声のみ 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客たちが観ているテレビのアナウンサーの声
京都の運ちゃん 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客たち
フェリー・ボート係員 シーン変更
登場しない
明石フェリーボート発着場の係員〔#128〕
深夜食堂で榊田典子に北大作のジープが四国へ渡った事を教える〔#140〕
予定では〈高品格〉
ガソリンスタンドの少年 不明
〔木下雅弘〕
北大作が給油する名古屋のガソリンスタンド店員
予定では〈木下雅弘〉だが〈木下雅弘〉ではない
深夜食堂の主人 シーン変更
登場しない
榊田典子が北大作が寄らなかったか尋ねる姫路駅前の深夜食堂の主人〔#140〕
予定では〈木島一郎〉
尾道ガソリン・スタンド係員 英原穰二
〔英原穣二〕
榊田典子が給油する尾道のガソリンスタンド店員
医者 登場しない 尾道の旅館で北大作を往診し注射をする医者〔#155〕
予定では〈河上信夫〉
定期便の運ちゃん〔山陽〕 晴海勇三 井川美子が止める「岡山運送株式会社」のトラックの運転手
予定では〈柴田新三〉
ジープをやじる若い女A
ジープをやじる若い女B
雨宮美智子 東京の街角でジープに駆け寄る北大作のファン
小幡真樹子
コマーシャル・アナウンサー 武内悦子 「三行広告から」の番組で「ワカ末錠」の生CMの女
旅館の女中〔尾道〕 福田トヨ 榊田典子が宿泊する尾道の旅館『魚信』の女中
淡路島の漁師 登場しない
他 ―
〔黛 敏郎〕 特別出演
黛敏郎
北大作と共にテレビの座談会《現代愛について》に出演する本人
〔菅原通済〕 特別出演
菅原通済
北大作と共にテレビの座談会《現代愛について》に出演する本人
川倉泰彦
 矢藤昌宏
「関東テレビ」のスタッフ
阪井幸一朗 不明
黒田剛
山口吉弘
久松成次郎
立川博 「ラジオ日本」のスタッフ
森みどり 「ラジオ日本」を出た北大作が車ですれ違う女
新村猛 「ラジオ日本」を出た北大作が車ですれ違う男
大川隆 北大作の住むグリーンマンションに取材に来る《国際スポーツ》のカメラマン
玉井謙介 「関東テレビ」のスタッフ
浜口竜哉 「関東テレビ」のスタッフ
高島史旭
 竜崎勝
豊橋辺りで北大作を隠し撮りする「関東テレビ」のカメラマン
井田武
 いだたけ志
豊橋辺りで北大作を隠し撮りする「関東テレビ」のカメラマン
清水千代子 「関東テレビ」の局内にいる女
進千賀子 関東テレビの局内のテーブルに座っている女
井川美子の住む公営江戸川アパートの住人
渡辺節子 関東テレビの局内のテーブルに座っている女
河合英二郎 「関東テレビ」の局内にいる男
京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
守屋徹 羽田空港で西部劇スターの来日を待ちうけるカメラマン
加野敬子
 加納千嘉
井川美子の住む公営江戸川アパートの住人
茂手木かすみ 井川美子の住む公営江戸川アパートの住人
大谷木洋子 井川美子の住む公営江戸川アパートの住人
京都の大衆食堂「ほてい屋」の店員
朝香奈緒美 遅れてきた北大作にメイクをしようとする「関東テレビ」のメイク係
上原一二 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
澄田浩介 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
堀崎二郎 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
島本輝男 京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
千代田弘 京都の大衆食堂「ほてい屋」の主人
田中滋 京都の大衆食堂「ほてい屋」の店員
川口道江 京都の大衆食堂「ほてい屋」の店員
博多祇園山笠の見物客
宮沢尚子 京都の大衆食堂「ほてい屋」の店員
市原久照
 市原久
京都の大衆食堂「ほてい屋」の客
データ提供 / 「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
地方ロケーション / 関西篇 / 憎いあンちくしょう
京都府 京都市 / 大阪府 大阪市
映画主題歌・挿入歌 / 憎いあンちくしょう
京都の大衆食堂「ほてい屋」〔設定〕は東京都府中市〔現;宮西町4丁目4辺り〕での撮影。
石原裕次郎とジープを載せ宇野港に着岸するのは、宇高国道フェリー・初代「こうらく丸」。

《再映・1970》
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
憎いあンちくしょう / 1962. 7. 8 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品