街から街へつむじ風 / 1961. 1.14 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作・配給 日活株式会社
嵐を呼ぶか!雲呼ぶか!行くぞ正義の大砂塵!
颯爽!タフガイ裕次郎が叩きつける怒涛の斗魂!!
FOR THIS WE FIGHT
イーストマンカラー / シネマスコープ / 7巻 2,095m 76分
昭和36年〔1961〕 1月14日 ~ 1月26日
《同時上映》  俺の血が騒ぐ
 〔少女〕
  1月21日 ~  豚と軍艦 / 大相撲初場所前半戦
参考・確認文献 / プレスシート・撮影台本・台本〔決定稿〕
企画 児井英生
水の江滝子
脚本 山崎 巖
山田信夫
監督 松尾昭典
撮影 岩佐一泉
照明 藤林 甲
録音 神谷正和
美術 松山 崇
編集 辻井正則
音楽 鏑木 創
助監督 西村昭五郎
製作主任 野村耕祐
色彩計測 小栗準之助
現像 東洋現像所
記録 桑原みどり
スチール 斉藤耕一
技斗 峰 三平
主題歌 テイチクレコード 挿入歌
「街から街へつむじ風」
 作詩  大高ひさを
 作曲  鏑木 創
 唄  石原裕次郎
「銀座の恋の物語」
 作詩  大高ひさを
 作曲  鏑木 創
 唄  石原裕次郎
 牧村旬子
「ゆがんだ月」
 作詩  大木 実
 作曲  鏑木 創
   牧村旬子
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
正木晋一 石原裕次郎 実家の寺で診療所を開くためドイツ留学から帰って来た医師 27才
父の勧めで「大下外科」で勤務する 
台本では「田村病院」
北川美樹子 芦川いづみ 「大下外科」の看護婦 21才
徳山冴子 中原早苗 実家へ戻る正木晋一が出会う「徳山産業」の社長令嬢 21才
MGのオープンカーに乗りウェブリー・スコットのライフルを愛用する
田村庄二★
大下庄二
小高雄二 「大下外科」の息子で副院長 28才
2年前手術の失敗で患者を殺してしまい自信を無くしている
坂崎 大坂志郎 クラブ『COOPER』のマネージャー
徳山社長から呉の監視をするため特別命令を受けた秘密社員
東光和尚 宇野重吉 正木晋一の父 洪福寺の住職 “正木東光” 60才
田村院長★
大下院長
東野英治郎 「大下外科」の院長 “大下善造” 東光和尚の中学時代の友人
徳山社長 淸水將夫
〔清水将夫〕
不動産業「徳山産業株式会社」の社長
ホテル建設のため「大下外科」の買収を呉秘書に任せている
呉 秘書 田中明夫 「徳山産業」の社長秘書 徳山冴子と結婚し「徳山産業」社長の座を狙う
飯田を使い「大下外科」の権利書を奪い取ろうと画策 
予定では〈西村晃〉
南かおる 南寿美子 大下庄二の恋人 クラブ『COOPER』の専属歌手
歌声は〈牧村旬子〔みつこ〕〉
杉浦 土方弘 飯田の片腕
飯田 木島一郎 クラブ『COOPER』のマスター 呉の手先で大下庄二を脅す
三郎 近江大介 関西弁のチンピラ 自称“大阪愚連隊の三兄弟”
五郎 神戸瓢介 関西弁のチンピラ 自称“大阪愚連隊の三兄弟”
八郎 武藤章生 関西弁のチンピラ 自称“大阪愚連隊の三兄弟”
トリオA 待田京介 飯田の子分の愚連隊
トリオB 中田博久 飯田の子分の愚連隊
トリオC 沢井杏介 飯田の子分の愚連隊
茂夫 玉村駿太郎 妻が男女の双子を出産する村人 オート三輪の運転手
酔いどれ医者 浜村純 クラブ『COOPER』お抱えの酔いどれ医師
婦長 原恵子 「大下外科」の看護婦長
タミ 漆沢政子 若い農婦 村人“正作”の妻
酒屋の店員 石崎克巳 ドイツ帰りの正木晋一が立ち寄る酒屋の店員
百姓女 福田トヨ 正木晋一に白菜をくれる村人
〔百姓男〕 水木京二
 水木京一
生まれて来る茂夫の子供の性別で賭けをする胴元の村人
美山みち子と東京カンカンガールズ
クラブ『COOPER』のフロアダンサーたち
真田実とハイランド・コンパニア
クラブ『COOPER』のバンド
金井克代
 金井克予
「大下外科」の待合室にいる杉浦の子分
生まれて来る茂夫の子供の性別で賭けをする村人
露木護 「大下外科」の医師
二木草之助 「大下外科」の医師
山之辺潤一 「大下外科」の医師
緑川宏 「大下外科」の医師
朝香奈緒美 「大下外科」の看護婦
北出桂子 「大下外科」の看護婦
宮沢尚子 「大下外科」の看護婦
黒木広美 クラブ『COOPER』の客
衣笠一夫
 衣笠真寿男
徳山たちとクラブ『COOPER』に来る客
本目雅昭 徳山たちとクラブ『COOPER』に来る客
里実 徳山たちとクラブ『COOPER』に来る客
小野寺応侑 生まれて来る茂夫の子供の性別で賭けをする村人
小料理屋『千鳥』に乗り込んで来る刑事
重盛輝江
 重盛てる江
生まれて来る茂夫の子供の性別で賭けをする村人
小野武雄 生まれて来る茂夫の子供の性別で賭けをする村人
小料理屋『千鳥』に乗り込んで来る刑事
秋山弘二
 秋山耕志
生まれて来る茂夫の子供の性別で賭けをする村人
中平哲弥
 中平哲仟
生まれて来る茂夫の子供の性別で賭けをする村人
鈴村益代 生まれて来る茂夫の子供の性別で賭けをする村人
三船好重 生まれて来る茂夫の子供の性別で賭けをする村人
速水脩二 小料理屋『千鳥』に乗り込んで来る刑事
時照明 飯田の子分
倉田栄三 飯田の子分
高緒弘志 飯田の子分
長門裕之 洪福寺で赤ん坊を背負って子守する足の不自由な男
北川美樹子が訪れたので「和尚さん!」と東光和尚を呼ぶ
広瀬優 クラブ『COOPER』の司会者
データ提供 / 「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
ノンクレジットの出演者 / 街から街へつむじ風
長門裕之
映画主題歌・挿入歌 / 街から街へつむじ風
「大下外科」は渋谷区道玄坂玉川通り〔現;道玄坂1丁目・首都高速3号線下〕。
洪福寺およびその周辺のロケは伊豆長岡。ロケ先を訪れた長門裕之が1シーン出演している。
挿入歌『銀座の恋の物語』はスケジュールの関係で時間がなかったため日活ダビングルームで映画プレスコ用とレコード用を併せて録音している。
石原裕次郎はもちろんテイチクから連れてこられた牧村旬子も当日初めて耳にする曲をシンクロ〔オーケストラ同時〕で録音するという異例の収録。
本編で使用されているのは以下の通り〔音源はすべてレコードと同一〕
 1. イントロ ~ 1番歌唱 ~ 間奏 ~ 2番オケのみ〔途中まで〕
 2. 1番オケのみ〔途中から〕 ~ 2番歌唱
 3. 3番歌唱部分のみ
 4. ~ 1番歌唱〔途中まで〕
シンクロ録音であったことは関係者の証言があるので間違いないが、フルコーラスの一発採りではなかったことが上記本編の使用音源でわかる。
本編では2番と3番の間の間奏が聴けないのでわからないが1番はワンコーラスの録音であることが明らかなのでおそらくワンコーラスづつの録音だったのであろう。
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
街から街へつむじ風 / 1961. 1.14 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品