紅の翼 / 1958.12.28 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作・配給 日活株式会社
最大のスケール!最高の面白さ!
天と地を駈けるタフガイ裕次郎の斗魂と人間愛!!
CRIMSON WINGS
イーストマンカラー / シネマスコープ / 10巻 2,557m 94分
昭和33年〔1958〕12月23日  丸ノ内日活劇場・特別有料試写会
昭和33年〔1958〕12月28日 ~ 1月 8日
《同時上映》  赤いランプの終列車
  1月 3日 ~  嵐を呼ぶ友情
参考・確認文献 / プレスシート・台本〔決定稿〕
企画 水の江滝子
原作
菊村 到
新潮 所載
角川書店 刊
脚本 中平 康
松尾昭典
監督 中平 康
撮影 山崎善弘
照明 藤林 甲
録音 橋本文雄
美術 松山 崇
音楽 佐藤 勝
馬渡誠一
編集 辻井正則
助監督 松尾昭典
西村昭五郎
製作主任 亀井欽一
航空技術指導 野依忠弘
〔日本遊覧航空株式会社〕
特殊撮影
  日活特殊技術部
色彩計測 萩原 泉
現像 東洋現像所
記録 君塚みね子
スチール 斉藤耕一
協力 東京國際空港
日本遊覧航空株式会社
主題歌 テイチクレコード
「紅の翼」
作詩  松尾昭典
作曲  佐藤 勝
 石原裕次郎
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
石田康二〔日本遊覧航空・操縦士〕 石原裕次郎 「日本遊覧航空」操縦士 戦死した兄が戦斗機乗りだった
クリスマス・イヴにセスナJA3031で八丈島に飛ぶ
石田みつえ〔康二の母〕 相馬幸子 石田康二の母
石田しのぶ〔康二の妹〕 芦川いづみ 石田康二の妹 敬虔なクリスチャン
長沼弓江〔日東タイムス・記者〕 中原早苗 「日東タイムス」社会部の新米記者
並木敬子のインタビュー中に八丈島の破傷風患者発生を知る
長沼純平〔弓江の父〕 滝沢修 長沼弓江の父
長沼鶴子〔弓江の母〕 東恵美子 長沼弓江の母
大橋一夫〔実は板垣一郎〕 二谷英明 「岩見産業」社長岩見猛を射殺する殺し屋 “板垣一郎”
「日本遊覧航空」のチャーター機で逃亡を図る
並木敬子
〔日本遊覧航空・スチュアーデス〕
峯品子
〔峰品子〕
 〔新人〕
「日本遊覧航空」スチュワーデス
クリスマス・イヴの石田康二とのデートをキャンセルする
水谷鉄司〔日本遊覧航空・営業主任〕 西村晃 「日本遊覧航空」営業主任
加田良蔵〔日本遊覧航空・運航部長〕 淸水將夫
〔清水将夫〕
「日本遊覧航空」運航部長 予定では〈安部徹
磯村友吉〔日本遊覧航空・整備主任〕 小泉郁之助 「日本遊覧航空」整備主任
佐々木忠弘
〔日本遊覧航空・チーフ操縦士〕
芦田伸介 「日本遊覧航空」チーフ操縦士
栗本義治〔日本遊覧航空・操縦士〕 伊藤寿章
 澤村昌之助
「日本遊覧航空」操縦士
伊藤 良〔日本遊覧航空・操縦士〕 長弘 「日本遊覧航空」操縦士
杉尾泰二郎〔日本遊覧航空・操縦士〕 近藤宏 「日本遊覧航空」操縦士
永嶺正作〔日本遊覧航空・操縦士〕 小柴隆
〔小柴隆〕
 小柴尋詩
「日本遊覧航空」操縦士 予定では〈深江章喜
安藤幸宏〔日東タイムス・記者〕 小沢昭一 「日東タイムス」社会部の記者 長沼弓江の先輩
菊池良子
〔日本遊覧航空・八丈飛行場事務員〕
葵真木子 「日本遊覧航空」八丈飛行場事務員
関口順三
〔日本遊覧航空・八丈支店長〕
下條正巳 「日本遊覧航空」八丈支店長
沖山武晴
〔八才 仲之郷の少年・破傷風患者〕
藤田安男 破傷風に罹った八丈島仲之郷の7才の少年
沖山たも〔武晴の祖母〕 紅沢葉子 武晴少年の祖母
沖山竹乃〔武晴の母〕 山岡久乃 武晴少年の母
沖山百合子〔武晴の姉〕
淸水まゆみ
〔清水まゆみ〕
 〔新人〕
武晴少年の姉
沖山国成〔武晴の兄〕 不明 武晴少年の兄
沖山藤乃〔武晴の妹〕 不明 武晴少年の妹
西脇 衛〔八丈診療所医師〕 大坂志郎 沖山武晴の治療をする「八丈診療所」医師
持丸玄信〔八丈島警察署巡査〕 日野道夫 八丈島警察署巡査
航務課長 松下達夫 航空局保安部航務課長
航務課員A 杉幸彦 石田康二のフライトプランを受け取る航空局保安部航務課員
予定では〈柳瀨志郎
航務課員B 柳瀨志郎
〔柳瀬志郎〕
航空局保安部航務課員
航務課員C 登場しない
コントロール・タワー管制官A 川村昌之 セスナの石田康二が離陸時に交信する羽田空港の管制官
コントロール・タワー管制官B 三原一夫
 花村彰則
日航機の遭難信号受信を加田良蔵に電話連絡する管制官
航空自衛隊飛行場所員 三笠謙
 池沢竜
捜索救難連絡を受ける航空自衛隊浜松飛行場の所員
海上自衛隊総監部員 水谷謙之 捜索救難連絡を受ける海上自衛隊横須賀地方総監部職員
海上保安庁通信部員 須藤孝
 野村隆
捜索救難連絡を受ける海上保安庁横浜保安部の通信部員
警視庁警備課3係長 雪丘恵介 捜索救難連絡を受ける警視庁警備課3係長
ジョンソン基地当直将校 不明 捜索救難連絡を受ける米軍救難本部当直将校
大島警察署々員 久遠利三 捜索救難連絡を受ける大島警察署の署員
伝染病研究所係員 高友子 長沼弓江からの電話を受ける「東京大学伝染病研究所」係員
日東タイムス・デスク 原作者特別出演
菊村到
「日東タイムス」デスク 安藤幸宏と長沼弓江の上司
★原作者
パトロール・カーの警官 不明 「東京大学伝染病研究所」から羽田空港へ血清を運ぶ警官
派出所の警官 高野誠二郎 世田谷の派出所の警官
新聞記者から“大橋一夫”の住所の確認を求められる
日航機の〔機長〕 不明 セスナの遭難無線を傍受し問い返す日航機の副操縦士
予定では〈梅野泰靖
新聞記者A 草薙幸二郎 石田家と「日本遊覧航空」で取材する「旭日日報」の記者
予定では〈白井鋭〉
新聞記者B 英原穰二
〔英原穣二〕
石田家と「日本遊覧航空」で取材する「旭日日報」の記者
予定では〈草薙幸二郎
新聞記者C 梅野泰靖
〔梅野泰靖〕
長沼家で取材する「旭日日報」の記者
予定では〈今村弘
新聞記者D 今村弘 長沼家で取材する新聞記者
新聞記者E 深江章喜 世田谷の派出所で“大橋一夫”の住所の確認をする新聞記者
新聞記者X 弘松三郎 捜索救難対策本部前で航務課長を取材する新聞記者
予定では〈波多野憲
新聞記者Y 波多野憲 捜索救難対策本部前で航務課長を取材する新聞記者
予定では〈英原穰二
新聞記者Z 宮原德平
〔宮原徳平〕
捜索救難対策本部前で航務課長を取材する新聞記者
敬子のパートナー〔青年〕 岡田真澄 クリスマス・イヴの並木敬子のデートの相手
予定では〈待田京介〉
日本遊覧航空・整備員A 林茂朗 ダブ機の修理をする「日本遊覧航空」の整備員
日本遊覧航空・整備員B 登場しない
岩見 猛 安部徹 板垣一郎に射殺される「岩見産業」社長
岩見産業受付事務員 雨宮節子 「岩見産業」の受付嬢 予定では〈角田真喜子〉
風船を追う幼児 不明 逃走する殺し屋の車に轢かれる子供
八丈診療所・看護婦 南邦子 西脇医師に同行している「八丈診療所」看護婦
日本遊覧航空・女事務員 南部美乃 「日本遊覧航空」の事務員
〔将校〕 不明 航務課長からの問合せの電話に答えるジョンソン基地の将校
八代康二 長沼家と「日本遊覧航空」で取材する新聞記者
峰三平 不明
塚原勲
田中英司
横山靖子
〔横山靖子〕
伊福保子
久木登紀子
 香取環
「岩見産業」の受付嬢
谷川玲子 「岩見産業」の社長秘書
島村謙二
 島村謙次
「岩見産業」の社長室にいる男
衣笠一夫
 衣笠真寿男
「岩見産業」の社員
澄川透 「岩見産業」の社員
吉田勇男
 吉田朗人
「日本遊覧航空」の遊覧飛行の客
緑川宏 「日本遊覧航空」の職員
江端朱実 「日本遊覧航空」の職員
横田陽子
 横田楊子
「日本遊覧航空」の職員
石丘伸吾 「東京大学伝染病研究所」の係員
松岡京志
 松丘清司
「日東タイムス」の社員
菅原道夫
 菅原義夫
羽田空港の航空気象台の職員
福田文子 石田家の女中
大森安行 石田家で取材する「旭日日報」のカメラマン
二階堂郁夫 長沼家で取材するカメラマン
三浜元 長沼家と「日本遊覧航空」で取材するカメラマン
三船好重 長沼家の婆や
大治誠
 大路達三
長沼家と「日本遊覧航空」で取材する記者
小野寺応侑 世田谷の派出所で取材する記者
井田武
 いだたけ志
捜索救難対策本部の前に立つ警備員
赤塚親弘
 赤木圭一郎
捜索救難対策本部前で航務課長を取材する記者
柴田新
 柴田新三
捜索救難対策本部前で航務課長を取材する記者
黒田剛 捜索救難対策本部前で航務課長を取材する記者
高緒弘志 捜索救難対策本部前で航務課長を取材する記者
上野山功一 「日本遊覧航空」で取材する記者
時照明 「日本遊覧航空」で取材する記者
中原啓七 「日本遊覧航空」で取材する記者
木崎順 「日本遊覧航空」八丈島飛行場の職員
大須賀更生 八丈飛行場で待機する八丈島警察署の警官
データ提供 / 「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
ノンクレジットの出演者 / 紅の翼
赤塚親弘〔赤木圭一郎〕
映画主題歌・挿入歌 / 紅の翼
新島で次第に夜が明けていくシーンは調布飛行場の一角に漆喰で半円形の横70m・高さ15mのホリゾントを建て背景を何度も書き直しながら撮影している。
八丈島着陸後に突っ込むシーンはミニチュア特撮、残骸は中島飛行機〔横須賀〕で買って船で運んだポンコツ飛行機。
ステージセットに組まれた沖山邸の庭には八丈島から船で運んだ熱帯樹林を使っている。
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
紅の翼 / 1958.12.28 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品