狂った果実 / 1956. 7.12 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
<<< 前の映画 FILMOGRAPHY 次の映画 >>>
製作・配給 日活株式会社
青い海を鮮血に染め、兄と、裏切った恋人を引きさいて驀走する狂恋の快速艇!!
CRAZED FRUIT / JUVENILE JUNGLE
モノクロ / スタンダード / 9巻 2,348m 86分
昭和31年〔1956〕 7月11日 丸ノ内日活劇場・特別有料試写会
昭和31年〔1956〕 7月12日 ~ 7月25日
《同時上映》  悪魔の街 / 力道山 鉄腕の勝利
  7月19日 ~  しあわせはどこに
昭和31年〔1956〕 8月 5日 ~ 8月 9日  再映〔丸ノ内日活〕 《同時上映》 太陽の季節
昭和32年〔1957〕 4月24日 ~ 4月31日  再映〔全国〕 《同時上映》 マダム
昭和42年〔1967〕 7月22日 ~ 7月27日・31日  再映〔全国〕 《同時上映》 太陽の季節
参考・確認文献 / プレスシート・パンフレット〔国際〕・チラシ〔丸ノ内日活〕・日活映画№7
撮影台本・台本〔決定稿〕・映倫検閲台本〔下書き〕
製作 水の江滝子
原作
脚本
石原慎太郎
オール讀物 所載
オール読物 連載
監督 中平 康
撮影 峰 重義
美術 松山 崇
録音 神谷正和
照明 三尾三郎
編集 辻井正則
音楽 佐藤 勝
武満 徹
助監督 藏原惟繕
 蔵原惟繕
製作主任 桜井宏信
栗橋正敏
特殊撮影
  日活特殊技術部
監督助手 木下喜源 / 曽我仁彦
/ 葭原一雄
撮影助手 萩原
照明助手 大場 / 新川 / 小西
美術助手 岡田 / 殿村
記録 木村雪恵
スチール 斉藤耕一
演技事務 樋泉 優
製作進行 松吉信幸
製作者助手 佐藤 勇 /小林 / 高城
登場人物〔役名〕 出演者 人物設定
滝島春次
津川雅彦
 〔新人〕
夏久の弟 ”ハルジ” 原作では”シュンジ”
滝島夏久
石原裕次郎
 〔新人〕
春次の兄 大学生
父親 深見泰三 滝島兄弟の父 沢井フランクの生い立ちを知っている
予定では〈芦田伸介〉
母親 藤代鮎子
 藤代佳子
滝島兄弟の母
恵梨 北原三枝 春次が逗子駅で見染めた女 “天草恵梨”
春次に惹かれながらも夏久との関係を続ける
恵梨の夫 コン・ウエイ
〔ハロルド・S
 ・コンウェイ〕
恵梨の夫
平沢フランク★
沢井フランク
岡田真澄
〔岡田眞澄〕
夏久と同じ大学の学生 ヨットやMGのオープンカーを持っている
高輪に住む父の後妻と折り合いが悪くアメリカに帰った実の母を慕う
道子 東谷暎子 フランクがT大のレスリング部の連中から略奪した女
相田 木浦昭芳
 木浦佑三
夏久たちの仲間の太陽族
鎌倉の光明寺境内のしもたやを借りている
手塚 島崎喜美男 夏久たちの仲間の太陽族 “テヅ”
加茂嘉久 夏久たちの仲間の太陽族
鎌倉の家の婆や 紅沢葉子 滝島家の鎌倉の家の婆や
恵梨の仲間の女 渡規子
 渡のり子
恵梨の友人
その夫 ピエール・モン 恵梨の友人の夫
鎌倉の貸屋の女 竹内洋子 春次が訪ねる鎌倉の光明寺の境内の貸家にいる相田の愛人
立話しの女A 原恵子 春次が相田の家を訪ねた時に立ち話をしている相田の貸家の家主
立話しの女B 潮けい子
 潮京以子
春次が相田の家を訪ねた時に立ち話をしている貸家の家主の話相手
海岸の学生達A
長門裕之
 〔特別出演〕
海岸の夜店でフランクに因縁をつける学生
T大のレスリング部員“石原”と名乗る
海岸の学生達B
石原慎太郎
 〔特別出演〕
海岸の夜店でフランクに因縁をつける学生
T大のレスリング部員”長門”と名乗る ★原作者
海岸の学生達C
海岸の学生達D
林茂朗 海岸の夜店でフランクに因縁をつける学生の仲間
大美善助
 近江大介
海岸の夜店でフランクに因縁をつける学生の仲間
横浜のクラブの女A 泉桂子 ナイトクラブ『BlueSky』であぶれている3人のホステスの一人
滝島夏久と踊る女
横浜のクラブの女B 隅田恵子 ナイトクラブ『BlueSky』であぶれている3人のホステスの一人
フランクと踊る女
ボート・マスター 近藤宏 葉山ヨットハーバーのボート・マスター
春次にフランクのヨットは夏久が乗って行った事を告げる
漁師A 山田襌二
〔山田禅二〕
春次が夏久と恵梨の乗ったヨットの行方を尋ねる漁師の一人
漁師B 峰三平 春次が夏久と恵梨の乗ったヨットの行方を尋ねる漁師の一人
加藤義朗
 川村昌之
夏久たちが降りる逗子駅の改札を出る男
〔ボーイ〕 ナイトクラブ『BlueSky』のボーイ
宮路正美 海岸の夜店で夏久たちがナンパする女
中村美津子 海岸の夜店で夏久たちがナンパする女
明石淳子 フランクのヴィラで開くパーティーの客
〔有料道路の女の子〕 不明 横浜へ向かうフランクの車が通り過ぎ慌てる料金所の女
関田裕 不明
寺島哲
北浜久
川口凡人
柳瀬志郎 夏久たちが鎌倉駅から乗り込む電車の乗客
阪井一郎
 阪井幸一朗
夏久たちが鎌倉駅から乗り込む電車の乗客
佐川明子 夏久たちが降りる逗子駅の改札を出る女
上野山功一 夏久たちが降りる逗子駅の改札を出る男
海岸の夜店を歩く男
田畑善彦 夏久たちが降りる逗子駅の改札を出る男
海岸の夜店を歩く男
榎木兵衛 夏久たちが降りる逗子駅の改札を出る男
小柴隆
 小柴尋詩
海岸の夜店を歩く男
衣笠一夫
 衣笠真寿男
春次が恵梨と偶然出会う鎌倉駅のホームにいる男
稲垣美穂子 フランクのヴィラで開くパーティーの客 手塚と踊る女
若水朋子 フランクのヴィラで開くパーティーの客
紀原耕
 紀原土耕
ナイトクラブ『BlueSky』でカップルで踊る男
郷絢子
 左京未知子
ナイトクラブ『BlueSky』でカップルで踊る女
松岡清
 松丘清司
ナイトクラブ『BlueSky』で女と踊る男
木島一郎 ナイトクラブ『BlueSky』のバンドのベース奏者
芝あをみ ナイトクラブ『BlueSky』であぶれている3人のホステスの一人
データ提供 / 「京都電影電視公司」市村さん〔インターネット日活映画友の会・京都支部〕
ノンクレジットの出演者 / 狂った果実
石原慎太郎 長門裕之
映画主題歌・挿入歌 / 狂った果実
中平康の監督第一作と思われているが封切が後になった『狙われた男』を先に撮っている。
当初の予定では夏久役は三国連太郎、春次役が石原裕次郎だったようで、裕次郎も悪役の兄より弟役を希望しており慎太郎に春次の台詞を少なくするよう頼んでいた。
予告編では石原裕次郎、津川雅彦共に「新人」として、また、石原慎太郎は長門裕之と共にクレジット有り。
石原慎太郎は「特別出演」でポスター及びタイトルクレジットされる予定であったが6月1日付けで東宝と俳優契約を交わしているためクレジットから外すことになる。
劇中ウクレレを弾きながらの歌唱曲は『想い出』。
寺部頼幸とココナッツ・アイランダース〔ヴォーカルは寺部震〕の戦後の和製ハワイアン曲。
レコーディングの際にはレコード用に補作された歌詞とオケが用意されていたため収録が難航。
この劇中歌唱の『想い出』は後年2度レコーディングされておりリサイタルやテレビでも歌われているのでコチラが“正調『想い出』”。
なお、主題曲『狂った果実』のメロディーは葉山のシーサイドクラブのシーンでBGMとして流れる。
原作では弟の名前は「シュンジ」と読むが中平康監督は「ハルジ」と読ませている。
岡田真澄の役名は原作や宣伝材料では「平沢」となっているが決定稿では「沢井」に変更されている。
決定稿ではフランクのヴィラの門に「フランク沢井」の表札がある〔ト書き〕とされており春次や父親の台詞も「沢さん」に変更されている。
しかし、人物欄の役名は「平沢フランク」のまま修正されていないのでこれがそのままあらゆる資料に使用されているが誤りである。
5月29日スチール撮影。6月4日クランクイン。
6月21日逗子海岸・東急海の家前にて石原慎太郎登場シーン撮影。7月2日ラストシーンの空撮。7月4日クランクアップ。
掲載している画像等の権利は全て原権利者に帰属します。
あくまで資料として掲載しているもので、利益を得たり権利を侵害しようとするものではありません。
サイト内の掲載情報には私見が含まれており、正しいというわけではありません。
サイト内の資料は自由にご活用いただいてかまいませんが、それに起因するトラブル等につきましては
責任を負えませんので、くれぐれも取り扱いにはご注意いただきますようお願いいたします。
<<< 前の映画 ページトップへ戻る 次の映画 >>>
狂った果実 / 1956. 7.12 / 石原裕次郎専科 / 石原裕次郎出演映画作品