○フィッシングの概説

釣り(つり)とは、釣り竿、釣り糸、釣り針などの道具を使って、魚介類などの生物を採捕する行為、方法(あるいはその道具)のことである。魚釣り(さかなつり)、フィッシング(fishing)とも呼ばれる。


釣りを動物の捕獲法として考えると、移動性の高い動物をおびき出したり、待ち伏せしたりして捕まえる罠の一種を用いた方法といえる。釣りの主な対象は、海・川・湖沼・池などの水圏に生息する魚類である。

この場合、釣りは漁(漁撈)の一種として、陸上動物を捕獲する猟と区別される。そして、単に釣りといえば、魚釣りのことを指す場合が多い。また、釣りをおこなう場所によって区別して、海釣り・川釣り・磯釣りなどの呼称もある。

海、川、池や湖など場所ごと、そして狙う魚介類の種類などによって、様々な釣り方があるが、魚釣りにおける最も典型的な手順は、いくつかに分けられる。釣り針に餌やそれに類した疑似餌(ルアー、毛針など)をつけ、釣り針には釣り糸をつないでおく。釣り糸は釣り竿の先端に結びつけられる。

魚の通りかかる場所に釣り針を垂らし、食いつくのを待つ。あるいは、集魚餌で魚を釣り針の付近におびき寄せる。魚が食いつくと針が口やえらに引っかかる。このとき、釣り糸の反対側につながれた釣り竿をうまく使って魚を手元に引き寄せ捕獲する。

ただし、これらははあくまでひとつの典型例であって、実際の魚釣りの手法には、この他にも、対象とする魚類の種類や生態によって、実に豊富なバリエーションがある。例えば、釣り竿を使わない手釣り(ワカサギ釣り、カッタクリ釣りなど)や、釣り針を使わない釣り(ザリガニ釣りなど)もある。

そして、餌やそれにあたるものを使わず、直接に対象を引っ掛けて吊り上げる方法もある。なお、マグロ漁業で行われるはえなわ漁も釣りの一種とされる。※Wikipediaより引用。




○遊漁と釣り

漁業は英語圏では Fishery と総称されるが、その中で生業としての漁、産業・商業としての漁のことをコマーシャルフィッシングという。それとは対照的に、こうした漁業従事者(いわゆる漁師)以外の人にとっての漁は、一般に財を得ることを目的とするものではなく、娯楽、趣味、あるいはスポーツとして理解されている。こういった娯楽性の釣りを遊漁といい、英語圏ではスポーツフィッシングと称される。


この遊漁を行う者のことを遊漁者と呼ぶ。一般に、乱獲の防止や漁場保全のために漁網の使用などが制限されているため、遊漁者が行える漁法は、ほとんど釣り漁に限られている。このように魚釣りを娯楽・趣味とする歴史が江戸期以来続いていることから、今日においても「釣り」という言葉を遊漁の意味で用いることが多い。

しかし、バスフィッシングブームで世間の耳目を集めたように、好事家の趣味であった遊漁としての釣りも、現在では一大産業となっている。釣具メーカーはトッププロ(フィールド・テスターと呼ばれる)と提携し、マスコミを通しての商品のPRにつとめている[要出典]。尚、日本メーカーの釣具は釣り人の利便性、機能性の要請に答えた世界トップクラスの水準である。※Wikipediaより引用






【ブックマーク】
クレジットカード 審査 / 便秘改善 / オーガニックコスメ / ジョンマスターオーガニック




釣りの醍醐味!フィッシングを楽しむ