トップに戻る   料理メニュー  教室の場所   メールを出す


くっちーなHIRO イタリア料理教室

  教室について


くっちーなHIRO料理教室は、

イタリアの家庭料理を、お野菜をたっぷり使ってお伝えする

少人数制の料理教室です。

バターやチーズ、生クリームなどの乳製品を使うより、

オリーブオイルを使うことが多いことも特徴です。

また、ダシは極力使わず(作らず)、水で素材の良さを引き出すこともお伝えしています。

 ◇

レストランで食べるイタリア料理は、見かけも美しく、高級食材を使って豪華で美味しい!

お気に入りのレストランをお持ちの方も多いのでは?

でも、イタリア料理の原点は、家庭料理、マンマの味。

見かけは不恰好だけど、素朴で飽きが来ない家庭料理は愛情を感じる温かい料理。

手間ヒマかけたレストラン料理ともちょっと違います。

 

また、イタリア人は、日本人に比べて1人あたりの野菜摂取量は約2.5倍。

日々の生活の中に、上手に野菜を取り入れているのです。

私はそれをイタリアで実感してきました。

 

くっちーなHIRO料理教室では、

素朴で飽きのこないイタリアの家庭料理を、お野菜をたっぷり使ってお伝えしています。

 

当教室では、こんなことに重点を置いています。

 

良質野菜がたっぷり摂れること

材は皮まで食材とみなし、使いきること

自宅でも一人で作れること

 

 

これは決して難しいことではありません。

コツやタイミングを知り、そしてその理由が分かれば

案外自然と出来るようになるものです。

 

  

             



  説明 1  良質野菜がたっぷり摂れること


 

野菜は、食べればいいというものではありませんよね。

同じ野菜でも良質なものを見分ける目が必要です。

 

たとえばキャベツ。

売り場でキャベツを見比べてみてください。

 

まず、キャベツを上から見てください。

丸いものと、やや四角もの、多角形なもの、色々あります。

 

では、次に横から見てください。

高さのあるもの、低いもの、みんな同じではありません。

野菜だって個性があるのです。

 

上からみて丸く、横からみて低べったく安定しているものがより良質なキャベツです。

高さがあるもの、角があるものは、よく見ると芯が大きく育っており、

芯によって挟まれるように、多角形になっているはずです。

こういうキャベツは葉が硬く、甘みが少ないんです。

ですが、これは冬のキャベツの話。

春キャベツになると特徴はまた違ってきます。

 

ちょっとしたことですが、こういうことを知っていると楽しいでしょ♪

 

 このページのイチバン上に戻る

 

  
          


  説明 2  素材は皮まで食材とみなし、使いきること  


 

人参を例に出してみましょう。

 

通常、皮を剥いて中身を使うので皮はゴミとして余ってしまいます。

 ゴミとして捨てられる皮の部分には栄養がないのでしょうか?

皮と実の間に 『チクラ層』 という層があります。

実は、ここは栄養価の高い部分です。

 

それを知らずに捨ててしまっているのです。

では、繊維の硬い皮をどう食べるのか?

 

イタリア料理にこだわることはありません。手のこんだことをする必要もありません。

 

微塵切りにして、ご飯を炊く時に一緒に入れて炊いてみてください。

出来上がったご飯にきれいなオレンジが入り、

見た目にもおいしそう♪ 味だって問題ありません。

 

炒めたって美味しい!

そもそも、人参は皮ごと切って炒めると香りが良くなります。

た〜っぷりのオリーブオイルで炒め、

塩だけで味付けをしても、とても美味しいのです。

 

ほら、ゴミだと思っていた皮が立派な食材に見えてきたでしょ?

 

余計なことはしない。

シンプル料理ほど、素材が生きてきます。

 

 

   

 このページのイチバン上に戻る

 

           



  説明 3  自宅でも一人で作れること  

 

料理教室に通われたご経験のある方は、一度や二度、こんな経験ありませんか?

 

教室では出来たけど、家でやろうと思ったら・・・

 

『あれ?分からない』

 

お休みの日に、お金を出して教えてもらった料理。

家で作れないのでは、楽しさも半減。

もらったレシピは増えるけど、作れる料理は増えないまま・・・。

 

当教室では、基本的に全員に調理をして頂きます。

 

調理を始める前に、

レシピを配り、素材の説明、調理の手順等をご説明します。

質問があれば、その場で受け付けますし、メモも取って頂いて構いません。

 

調理が始まれば、

切り方が悪ければ、作業を止めてアドバイスしますし、

仕上がりまで基本的に皆さんで協力しながらやっていただきます。

 

失敗も勉強の一つです。

 

私も沢山失敗してきたし、これからもするでしょうが、失敗しないとわからないことは沢山あるなぁ〜と思います。

 

教室は成功する場、【本番】 ではありません。

ドンドン失敗して頂いて構いません。

 

皆さんが失敗しそうになったら軌道修正をしてあげる、それが私の役目なんです。

 

 

こんなことを考えながら、くっちーなHIRO料理教室は進んでいます。

楽しいね♪ 美味しいね♪ だけの料理教室ではなく、

お渡しするレシピだけに限らず、イタリア料理の話や、素材に関するお話も交えますので

知らないうちに自分のレシピが増えるはず。

 

生徒を育てないと、先生も育たないんです。

一緒に成長して行けたらいいなと思います。

 

 このページのイチバン上に戻る 

cup.jpg

 

ここからHPのいろいろな場所に飛ぶことが出来ます。

教室について説明1良質野菜が摂れる 説明2皮まで使いきる 説明3自宅で作れる)  

講師プロフィール    教室の場所   料金とキャンセル  料理メニュー今月 / 来月 /過去

平日に参加する  お子連れについて  基礎コース  お仕事のご依頼

    サイトマップ     イタリアのこと   イタリアの写真   料理教室ブログ    野菜ブログ

                            

                      メールを出す    トップに戻る