KEiKA
クリックしてね。楽天へとべます。
↑リンク

本日(2005年9/1)に楽天市場のほうでK2プランニングさんから
KEIKAというブランドのブーツが販売されました。
俺の知り合いの社長さんで、特許もとられており、
靴業界では画期的なアイデアで話題になってます。

俺の感想は、靴下みたいな感覚ではけるブーツ。
継ぎ目がまったくないので、どこで折れても平気。
車の運転とかブーツで楽々って感じです。
最近蒸れないブーツとか出てるけど、遥かにこえる代物です。
全体が弾力性の高い糸なので通気性抜群。
モロにスタイルをいかせたブーツ。
肌にフィットします。
隙間がどーのこーのってものでもないし、靴ヅレなんてさようならです。

ここはカブサイトで女もんのブーツとは無縁な場所ですけど宣伝させてもらいます。
奥さんなり彼女なり、女友達なりにもし覚えていたら声かけてやってくださいな。
絶対近いうちにメディアやマスコミなどでも話題になる商品になると思ってます。

オープンセールで100足に限り安くなってますよん


継ぎ目のないストレッチブーツ ケーツープランニング
(H17.3.1繊研新聞)【ニュース解説】 [ カテゴリ未分類 ]  

ヤラレタ、という感じだ。しかし、よくよく考えてみれば、技術開発に熱心な
その道のプロの企業さんならばすぐに気がつくことなのかも、という気もする。

今朝の繊研新聞の囲み記事、靴企画会社のケーツープランニングさんが、
島精機のホールガーメントを応用して、「継ぎ目のないストレッチブーツおよびその製造方法」
で特許を取得したというニュースである。

もちろん、こんな商品今までに見たことも聞いたこともない。
私はブーツを4足所有しているが、全てアッパーの部分に継ぎ目の入った商品ばかりである。

これが実際商品化されれば、ふくらはぎや太腿にぴったりとフィットした細身のシルエットの
ニーハイブーツなんて、メチャメチャシルエットが綺麗でカッコいいだろうね。
毛糸の編み物と原理は同じだが、もちろん素材は非常に強い弾性糸になるのではないかと
想像する。繊研新聞にも書いてあったが、編み物だからこそ、レザーとは違い、
ジャカードなど多彩な色柄のバリエーションが考案できるはずだ。
将に、パンティストッキングやハイソックスなどのホージェリーに近い感覚の靴の誕生である。

気になるのは履き心地の良さと歩きやすさである。sole(靴底)の部分から編地が立ち上がって
いく訳で、実際はどのような形状になるのであろうか。
また、外側はホールガーメントになるとして、
中敷などインナーの処理はどうすべきなのだろうか。

実際の商品化までにはまだ紆余曲折が予想されるが、
是非頑張って試作を重ねデビューさせて頂きたいですね。うまくすれば、
感性の高い商品の誕生につながると同時に、ニットの場合と同じく、
パーツの縫い合わせの工程が不要になるので、
先進国型のものづくりが実現できるのではなかろうか。
戻る
戻る