広島県尾道市福山市三原市 カイロプラクティック 整体 腰痛 肩こり 頭痛 自律神経失調症 慢性疲労
 No27

 症状



しゃがみ仕事による急性腰痛

 60代男性。3日前から屋根の上で研磨をかける作業をおこなっており、1日中しゃがんだ姿勢で作業をしなければならなかった。そのことがきっかけで、仕事終わりに腰が激しく痛み出し、何をしても痛む状態。

  施術 症状
 ・腰を曲げると痛む
 ・仰向けの状態から起き上がるときに腰が痛む
 ・イスから立ち上がろうとするとき腰が痛む
 ・右骨盤、右肩が上がった状態の姿勢

コメント
 この方は、一日中しゃがんだ状態で作業をしていたため、股関節を曲げる筋が縮み、逆に股関節を反らす筋(特に臀部の筋)が伸ばされ、この状態が長く続いたため、これらの筋にアンバランスが生じたことが考えられます。
 この股間節をまたがる筋肉は、腰の背骨や骨盤に付着してます。そこで、これらの筋肉が過剰に収縮した状態が続くと背骨や骨盤の動きを制限してしまい、痛みを起こす原因を作ってしまいます。
 治療は、これら動きの少なくなった関節を動かし、筋のアンバランスを整えていくアプローチを行っていきました。

経過
 1回目の施術後、痛みが半減
 2回目の施術後、しゃがんだ体勢から立ち上がるときの痛み  が残る。
 4回目の施術後、すべての痛みがとれ改善されたと判断

 現在、再発予防とよりいっそうの腰の強化の為、月に1度のメ ンテナンスをすすめています。