バイク用トレーラー BK−34

 

 とほほ・・・のとらんぽ・・・から、8ヶ月。通帳の残高とにらめっこの日々でしたが、ついに買ってしまいました。バイク用のトレーラーBK−34。組み立て式で自宅まで配送されてきました。軽貨物自動車扱いなので、登録のために車体を陸運支局へ持ち込む必要もありませんし、車検も2年です。維持費なんてわずかなものです。問題は車庫ですが・・・。田舎ですからその辺に放置ということで・・・(^^♪

右斜め後方より・・・ 二台積みですが、軽四車幅のため前向きと後ろ向きで積み込まないとハンドルがぶつかり合ってしまいます。

タイダウンベルトでバイクの固定をしますが、フロントフォークが沈みっぱなしになってしまいます。スプリングがヘタってしまうのであまり良い状態ではありませんから、近いうちにアチェルビスのスプリングセーバー(現在どこも取り扱いないようです)に変わるものを調達します。 

牽引車両を含めて真横から。結構長いです。運転中はスピードや内輪差に気を使います。バックで思ったところにトレーラーを入れるのは至難の技・・・(~_~) ちょっとした買い物でもハザード点灯で路上駐車やむなしです。(~_~)

牽引車との連結部分。安全チェーンと配線カプラーは前回ワンオフ作成の脱着式荷台へ・・・。

本日の感想・・・

ETCの車載機に「牽引装置あり」と登録するためだけに再セットアップで¥3,150もかかりました。新規にETCを取り付ける方には、ヒッチボールがなくとも、はじめから「牽引装置あり」での登録をお勧めしておきます。あとナンバー取得ですが予備車検付のトレーラーは簡単そのものです。今回は連結検討書もトレーラー購入店に作成してもらいましたから、初心者の私でも軽自動車検査協会内を1時間ほど回ってナンバー交付。あっけないものでした。

さぁ、取り付けるものは取り付けたことですし、どこか旅に出てしっかり元を取りたいのですが、その前に資金を蓄えないと・・・底を着いてしまいました(^^ゞ


戻る