来年夏の参議院議員選挙に向けて本格始動します

 日本共産党への投票は死票

 日本共産党の数年以内の崩壊は必ず起こります

 選挙で日本共産党に投票しないことを呼びかけます。

         (日本共産党落選運動展開中)



主旨

      日本共産党は崩壊寸前です。状況は、日本共産党の党派性のある日本民主青年同盟が短期間で崩壊した二十年ほど前に似ています。日本共産党の職員数は減り続け、無人の事務所が増加し、地区委員会、支部総会は規約で定められる定足数がそろわずに、流会が相次いでいます。また、早朝赤旗日刊紙の配達ができずに後日の郵送となっている地域が増加しています。数年以内に崩壊するとわかっておきながら、選挙に候補者を立てるとは有権者への背信行為そのものです。国民のみなさんに、日本共産党への投票は死票になるので、投票しないことを呼びかけます。



全国に広がる赤旗早朝日刊紙郵送地域(現時点では改善されている場合もあります)。

高齢化のため、赤旗を毎朝配達するために、車やバイクや自転車の運転ができない党員が増加。赤旗早朝配達体制の崩壊は近い。一日や数日遅れの郵送による配達地域が増加。


崩壊寸前の日本民主青年同盟。日本共産党には青年党員はあまりいません。ポスターなどにある青年は、日本共産党をあまり支持していない青年たち。


党 費納入62%、支部長のいない支部4.8%、一ヶ月に一度も支部会議が開かれていない支部2割。65歳未満の党員は6割、65歳以上が約4割。(1997 年は65歳未満が約8割、65歳以上が約2割。地区委員会の常勤常任委員が1997年と比較して、1376人から918人へと大幅減。常勤常任委員がいな い地区が3地区から11地区に増え、常勤常任委員が3人未満の地区が46.3%にまで増えている。(25回党大会第二回中央委員会総会(2010年9月25日〜27日)「政治情勢と党建設・選挙方針について 志位委員長の幹部会報告」より)


止まらない党費を納入する自覚ある党員数の減少、収入の1%をきちんと納入する党員の減少、寄付金を多額にすることのできない高齢者無職党員の増加。すべての政党の政治資金収支報告書は各レベル選挙管理委員会にて3年間公開されている。たった2年間でも党費をきちんと納入する自覚のある党員が大きく減少しているのがわかる。日本共産党の場合、党費は毎月納めるので、12で割り、さらに一年のうちたまにしか納めない党員がいるので9割くらいにした数が実数である。例、神奈川県委員会144459人から131910人へ。千代田地区委員会15044人から13827人へ。また、党費の総額を月ののべ党費納入者数で割ると、東京都委員会で約521円、台東地区委員会で約609円にしかならない。実収入の1%がこんなに少ないはずがない。意識の低い党員が増加している。また、公表されている政治資金収支報告書には寄付者の名前、住所、職業が明記されているが、東京都委員会の寄付者の最初の260人の内、無職は134人にもなる。有職者も議員や日本共産党職員が多い。高齢化が予想以上に進行している。


二世議員・活動家の増加。党員の子供以外で青年組織入党者の激減。(例)志位和夫 父親 故元千葉県船橋市議会議員。吉良 よし子 父親 高知県議。大山 奈々子 (神奈川7区候補) 両親共産党員。高橋 千鶴子 (宮城県栗駒町議) 義父 高橋 勇樹。ののやま けん (東京都北区議) 父党員活動家 「1983年発行手記 日本共産党の旗をかかげて」も登場。内田 りゅうすけ (静岡市議) 父 長崎県伊王島町議。宮本 たけし 父に連れられて原水禁世界大会に。あらき 由美子 (横浜市議) 母は日本共産党員の県議会候補をずっと。原田 あきら (杉並区議) 親は党員、民商活動家。長沢 和彦 (中野区議) 親は熱心な党員。(現在さらに調査中)


廃刊続く日本共産党関係の新聞・雑誌。少年少女新聞、われら高校生、祖国と学問のために、学生新聞、青年運動、日本共産党党活動・学習版、世界政治‐論評と資料、理論政策、文化評論、あすの農村、労働運動、科学と思想。さらに民主青年新聞が隔週へ


日本共産党機関紙赤旗には、深夜の出来事は掲載されず。版が一つしかなく原稿締切が早い(2013年6月4日付けから)。一紙で間に合う赤旗のキャッチフレーズは誇大広告へ。重大事件が一日遅れで掲載される。中国共産党が香港の長官選挙で民主派排除の記事(産経新聞91日、赤旗92日)、ウクライナ親露派と停戦合意(産経新聞96日、赤旗97日)2014年テニス世界大会ウィンブルドン記事。初日「土居、奈良初戦突破」 読売では624日、赤旗では625日。「女子シングルス決勝クビトバV」 読売では7/6.赤旗では7/8(7/7は休刊日)。平成25年プロ野球日本シリーズ第四戦の記事が、長時間試合のため7回までしか掲載されない。(10月31日)。そもそも赤旗には株価・為替欄が存在しない。

中国共産党が香港の長官選挙で民主派排除の記事比べの画像

ウクライナ親露派と停戦合意の記事比べの画像

2014年テニス世界大会ウィンブルドン土居・奈良初戦突破の記事比べの画像

2014年テニス世界大会ウィンブルドン女子シングルス決勝記事比べの画像

平成25年プロ野球日本シリーズ第四戦の記事の画像




日本共産党の不正を許さない会では会員を募集中です。規約に同意し、年会費300円を納めれば、だれでも会員になれます。

会費、あるいは寄付金の先は、郵便振替 00120−8−354501 口座名義人 安東幹

日本共産党落選運動 呼びかけ団体 日本共産党の不正を許さない会 代表 安東 幹 連絡先 kanandoj@yahoo.co.jp

注 日本共産党の不正を許さない会は、法律を守る会であり、自由と民主主義を尊重していて、いっさいの法律違反や暴力行為、思想信条の差別を行いません。