PERFECT GUNDAM3 RED WARRIOR































□パーフェクトガンダム3 レッドウォーリア 

■レッドウォーリア・・・・実は、プラモ狂四郎を読んだ事のない自分が作るとは思わなかったのですが、ある時、ふとガンダムから割と簡単に改造できそうだな・・・と思って製作開始。

世代的には「ガンダム野郎」世代なので、知ってはいてもリアルタイムではなかったので、それほど好きではなかったものの、製作が進んで行く度に、カッコいいな〜と思うようになってきました。
完成した今では、今まで一番いい出来では?と思うほど気に入っています。
■改造箇所説明

□頭部:キットの物をプラ材にて形状変更、アンテナは真鍮線で製作。

□胸部:プラ材とエポパテにて追加アーマー部を製作。
ダクト部も形状変更。
肩の追加バーニアは、HGUCガンダムの肩アーマー(ジャンクパーツ)を芯にプラ材で形状変更。
接続ケーブルはHGUCザク兇諒を使用。
□腰部:Vマークは削り落とし、股間部を下に延長。
全てのアーマーをプラ板とエポパテにて裏打ち。
サイドアーマーをジムの物に変更、ヘリウムコアは取り付けず、凹みはパテ埋めして平面化。

□腕部:肩部は肩アーマーという解釈で、肩アーマーを四角く形状変更し、中の肩パーツも一回り大型化し、隙間を埋めました。
ハンドパーツは、手元にあったインフィニットジャスティス用のHDMに変更。

□脚部:肘のパーツをプラ材で形状変更してレッドウォーリアの形に。
ソール部はプラ材や、ジャンクパーツにて製作。

□背部:バックパックは、サーベル基部を切り離し、プラ材で囲み、形状変更。バーニアは金属パーツに変更。

□武器:サーベルユニットは、プラ材とHiQ製の金属サーベルを組み合わせて製作。
シールドは、FGガンダムの物を切り刻み小型化、十字部分と基部をキットから使用。
バズーカはガンダムの物をプラ材にて加工、基部はスターゲイザーの物を加工して使用。