創設者が語る魂S.P(魂SUPER POTENTIAL)の歴史

 なぜ、魂S.Pなのか?  いったい魂とはなんなんだ?  そんな疑問に創設者が年号とともにつづる SUPER POTENTIAL の歴史!

本来ならば、まっとうな青春をおくるであろう青年たちをも巻き込んでしまった魂S.Pだが、すべては一人のアホな少年から始まったのである。

 

 

 

1982年 北海道の岩内町という小さな町で高校生だった頃、原付バイクに乗り始める。おさふね魂ヘルメット

     以前、芦別市という北海道のど真ん中で小学生だった頃の同級生長船君が

     モトクロスを始めていて、ものすごい走りをするその姿に長船魂と命名した。

     この『魂』という一文字が魂SPの名前の根源である。その魂に少しでもあやか

     ろうということでヘルメットなどに『おさふね魂』などと文字を入れて走っていた。

     あやかれたかどうかは不明のままである。

 

1983年 当時はやっていた雑誌モトチャンプや悪友"Kenji"に影響されバイクのエンジンを

     ばらす事を覚える。

     また、雑誌記事等を参考にエンジンチューニング(?)にはまる。シリンダ

     このころから自分がいじったエンジンのシリンダヘッドなどに自分が手を入れた

     証としてとして『魂S.P』とリューターで掘っていた。

     当時、この『魂S.P』のS.Pの意味は『SPECIAL PARTS』の意味で、本来は

     『TUNING POWER! 魂S.P FACTORY SPECIAL』という長ったらしい名前を

     語っていたが、言葉として発声するのが面倒になったのか、いつしか『魂S.P』

     と省略形で言うようになった。

     1983年から魂S.Pと名乗るようになったのでこの年を魂S.Pの起源としている。

     別にロードレースをこの1983年からやっていたというわけではない。

     当時流行っていたのが『バリバリ伝説』という漫画で、主人公が高校生だった

     のもあってか自分たちの姿と重ねあい、いつしかオートバイでレースをしてみ魂S.P RZ50SPL

     たいと思うようになったのである。

     また、ちょうどこのころ、『汚れた英雄』というオートバイレーサーを主人公にし

     た映画が上映されていて、あのサウンドトラックのライディングハイという曲を

     何度も繰り返して聞いていた記憶がる。

     おそらくこの頃が前代未聞のバイクブームの始まりだったのではないかと思う。

     ある日自動車教習所で2輪の安全運転講習会があるというので行かないかと

     悪友"Kenji"から誘いがあった。

     そんなのいくわけね〜だろ!と断ったが、講習会終了後に『汚れた英雄』の

     ビデオを上映するというので、それなら行くとホイホイとついていったのだが、

     そこに来ていたサイクルショップ乳井というバイク屋さん主体のモトクロスクラブモトクロス

     の方が、うちのクラブに入ればモトクロッサーに乗せてあげると言われ、これま

     た悪友"Kenji"とともにホイホイと入会してしまったのである。しかし、このモトクロ

     スクラブに入ったことでそのバイク屋さんに行くことも増え、ライディング技術は

     もちろんのことメカのことなど非常に勉強になったのであった。

     MFJ(日本モーターサイクル協会)を知ったのも、ちょうどこのころであり、はじ

     めて競技ライセンスという物を手にしたのもこのころである。(もちろんモトクロ

     スの)そしてそのモトクロスクラブの先輩から買ったRZ50が高校卒業までの自

     分の愛車となったのである。

 

1984年 海岸のモトクロスコース(物凄いサンドコースでスピードが落ちるとまっすぐ走

     らない)で練習を積み重ねながら、魂S.Pチューン(笑)のRZ50でニセコの山々悪友"Kenji"と魂S.P RZ50KEN-SPL

     (ニセコとは地元の山々を表す地名〜スキー場で有名)を走り回り、漫画『バリ

     バリ伝説』のグン(主人公)を気取っていた(ちなみにグンが乗っていたのはホ

     ンダCB750F)。

     これまた、『バリ伝』に登場したチューニングカブに影響されてサイクルショップ

     乳井のたーぼさん(本当にいい人だった)にお願いして譲ってもらったスズキの

     2サイクルバーディ(ご存じとは思うがカブは4サイクル)をチューニングしたりと、

     順調に魂S.Pの活動?(なんの活動じゃ)を続けていった。

     ちなみにこのチューニングバーディは北海道特有の直線道路で全開走行中、

     ピストンに穴があいてお釈迦になり、何キロも歩いて電話ボックスまで行き、悪

     友"Kenji"に助けを求めたのであった。

     そんなこんなで月日がたち、世間じゃスーパークロスがはやり始めたのもこの

     時期で、モトクロスもこのやわな体じゃ自殺行為だと気づき、やっぱり俺にはサーキットがない!

     ロードレースだと意気込んでいたのであった。

     (ロードレースもそんな甘いもんじゃないのにねぇ〜)

     しか〜し!ここで問題があったのだ。な、なんとその当時、北海道には2輪が

     走れるサーキットというものがなかったのである。

     その時、HSP(北海道スピードパーク)は造成中だったと記憶している。

     そこで、悪友"Kenji"と俺は授業中に、いつしか乗るであろう魂S.Pの文字を入れ

     たマシンとそれを積むためのトランスポーターのイラストをノートに描きながら

     夢を膨らませ、北海道脱出計画をくわだてていたのだった。

     そして、自分は群馬県の自動車整備専門学校へと進み、悪友"Kenji"は埼玉県

     の会社へと就職することとなったのであった(当時、群馬県は茨城県筑波サー

     キットのすぐ近くと思い込んでいた)。

 RZ350R

1985年 高校を卒業して群馬県に住むようになったが、筑波サーキットが思ったより

     遠いことに自分の計画性の乏しさを感じていた。が、初めて自動2輪の免許を

     取得(実は北海道時代、恥ずかしいことに試験場にて一発で自動2輪免許取

     得を目指したが、ことごとく落ちまくっていた)。

     まずは、ハイパワーなエンジンに慣れようということでRZ350Rを購入(というよ

     り、2サイクルで一番早いバイクが欲しかった。その後ホンダからNS400Rが、

     スズキからRG400γが発売されガックリ)。

     初めて乗った2サイクル自動二輪ではあったが、モトクロッサーの加速に慣れ

     ていたせいか加速が恐いというより加速時80km/mくらいでたまに発生するフ

     レームのヨーイングで何度も死ぬ目を見ていた。赤城山南面

     そして早朝の赤城山(群馬県の山の名前)を走りまくるのがなぜか日課になり、

     ここからしばらくはサーキットで走るなんてことはどっかに飛んで行ってしまった。

     一方、埼玉県の川口市の会社に就職した悪友"Kenji"だが、彼も秩父方面の

     正丸峠というところを走っていて同じ様な生活を過ごしていた。

     まぁ、自分と違って偉いところは親の金に頼らず生活すべてを自分でまか

     なっていたところだろう。

     たまに赤城山に遠征してきては一緒に走り、どっちが速いなどとたわけたこ

     とを言っていたのもこのころである。

     バイクには魂S.Pの文字を入れ、今考えればただの峠小僧と化していったの

     だった。おいちゃん・シャカ君・"Kenji"

     また、同じ専門学校に通っていて後に魂S.Pにいなくてはならない存在となる

     石川君(通称シャカ君、実家は栃木県)と知り合ったのもこの時期である。

 

1986年 専門学校生2年目にはさらに馬鹿に磨きがかかり、赤城山の2スト最速を自称

     していたが、実際のところ誰かが認めたわけではないので、みなさんは俺の独

     りよがりと思っていただきたい。

     その年、卒業する先輩が筑波で走っていたホンダCBX400FのNP(ニュープロ

     ダクション)仕様(懐かしい〜)を5万円で売りに出していて4万円に値切って

     買い、サーキットデビューをするぞと意気込んだが、そんなお金もなく結局その

     辺を乗って(ホントはだめです)バラバラにしてパーツで売ってしまった。正丸峠 "Kenji"NS400R

     一方、RZ350Rの方は何度かエンジンの焼きつきを繰り返しながらも、かわい

     そうに専門学校卒業までこき使われていたのであった。

     また、シャカ君の知り合いでもあった赤城山を完全な『バリ伝』のグンレプリカ

     で走っていた○○さんが筑波でレースデビューするというので、お願いして自作

     の魂S.Pステッカーを貼っていただいた。

     これが魂S.Pの文字が初めてサーキットを走った瞬間に間違いはないといえよ

     う(笑)。感謝。

     こんな傍から見たらアホな事ばかりしていた魂S.Pの面々(俺だけか・・・)だったが、

     時が過ぎるのは早いもので、あっという間に卒業の時期になってしまった。

     埼玉県に住んでいた悪友"Kenji"は近くのオートショップミズシマというバイク屋で赤城山北面RZ350R焼きつき

     RS125を購入。晴れてサーキットデビューをかざったのだった。

     本当は当時注目の的だったFVクラスで走りたかったらしいが、FVは金がかか

     り先を見越してレースを続けたいならレーサーに乗れとミズシマの社長に言われ、

     しぶしぶRS125を購入したらしい(当時オートショップミズシマはレーサー125クラス

     では関東では有名だった)。

     そして俺は吸い込まれるように"Kenji"の勤める会社(パンの天板や食型のメー

     カー)に就職することになったのであった。

     これでは何のために自動車整備専門学校にいったかわからないようだが、

     当時の自動車メカニックの初任給は低く、これではレースなどできないと判断

     したのが表の理由だが、実際、自分のような馬鹿が人様の大切な車を扱う

     ディーラーのメカニックなどできるはずもないというのが裏(本当)の理由である。

 へぼい走り87y87RS125R

1987年 晴れて社会人になった自分だったが金があるわけでもなく、働いて金を稼ぐと

     いう大変さと素晴らしさを実感しつつもサーキットを走ることへの夢は日増しに

     募るのであった。

     そんなとき、やはりオートショップミズシマに87年型RS125がほぼ新車の状態で、

     買い手を探しているとのことで、これは神様が自分に買いなさいと言っているも

     のだと思い、ローンを組んでしまった。

     このオートショップミズシマに出入りするようになったところからが普通の人とはシャカ君マシン積込みシャカ君 パァ〜〜〜ン!

     違う人生の始まりだったのである。

     初めてサーキットライセンスを取得したのは富士スピードウェイだったが、広すぎ

     てどこを走っていいのか全然わからなかった。

     当時はレーサー125からMCFAJのモンスタークラス?(とにかく速いし抜いてい

     く時のスピード差が恐ろしかった)まで混走だったので、サーキットって安全どこ

     ろかやっぱり危ないところだなというのが走り始めたときの率直な感想である。

 

1988年 悪友"Kenji"はHSPがオープンした北海道に帰ってしまった。魂S.P北海道としてFISCOパドック1988

     がんばるということだった(帰省後、彼はNSR250でSPクラスに参戦、その後念願

     のF-Vクラスにスイッチ)。

     また、シャカ君はRS125を入手し自分と一緒にサーキットへ行くようになった。

     キャブのセッティングもいじればいじるほどわからなくなるので、新車出荷時に

     戻した状態で晴れの日も雨の日もとんでもない濃いキャブセッティングのまま

     走り続けていた。

     当時のサーキットに来ている連中は皆、レースのためだけに生きているような

     奴ばかりで(そう見えた)常にピリピリとした空気が漂っていた。

     それゆえに、話しかけるのも怖いくらいだったのを覚えている。出来ることなら、

     頭を下げてオートショップミズシマのチーム員にしてもらえれば、すべての面に2台の87RS125R

     おいて上達しただろうに魂S.Pという文字をバイクから消すことはできなかった。

     今考えれば馬鹿の一つ覚えのようにとにかくサーキットを一生懸命走ろう、

     それだけだった。

     そういえばミズシマの社長にこんなことを言われたことがある。「お前恥ずかし

     いからレースに出るな。もっとタイムを上げてからエントリーしろよ。」と。

     ごもっともである。実は悪友"Kenji"も同じ様な事を言われたと告白していたこと

     があったが、ただ、当時のノービスクラス(現国内)のエントリー台数といったら、

     半端な数じゃなかったから、とんでもなく速い奴を除いて予選通過することなん

     か夢のまた夢だったのである(自分たちのレベルでは・・・トホホ)。

 FISCOパドック88y

1989年 走っても走ってもタイムが上がらない日々が続き、とうとう事件(という程のこ

     とでもないが・・・)が起きてしまったのはこの年だった。

     ある日、シャカ君とミズシマの走行会に筑波サーキットへ行った時のことである。

     周りはほとんどチームミズシマ関係(だったと思う)の方々ばっかりで、その速

     さに驚いていたのだが、勇気を振り絞って隣にいたライダーにギヤ比のことや

     セッティングのことなどを質問させていただき、快くお教えを戴いたのだった。

     本当に参加してよかったと思っていた次の走行だった。

     筑波の裏のストレートで自分の前を走っていたライダーがいたのだったが、

     この人についていけばタイムが上がる筈と、今まで自分では考えられないよう

     なスピードで最終コーナーに飛び込んでいったのである。当時、コーナー手前筑波でコケたあと

     でフロントブレーキをちょん掛けしてタイミングをつかみ、スパァ〜っと最終コー

     ナーに入って行ったと記憶しているが、その最終コーナーの中ほどに差し

     掛かり「なんだ、いけるじゃん・・。」と思ったそのときだった。

     前のマシンに急に近づいたと思ったら、自分のRS125のリアタイヤがスッと流

     れてそのままアスファルトの上に叩きつけられ、RS125とともにコースの外へと

     滑って行き、なんだかわからないうちに停止していたのだった。

     目を開けてみるとヘルメットの中に土がびっしり詰まり、しまいにはレーシング

     スーツの中まで土でいっぱいだった。

     大きなけがもなく済んだのだったが、自分のRS125は無残な姿に変貌していた。

     その帰り道、シャカ君の運転するトランスポーターの中で、いろんなことを考え

     ていた。

     俺はなんでこんなところにいるのだろうか。"Kenji"NSR250F3

     サーキットを走りたいってわざわざ北海道から出てきたものの、なんの成長も

     なく、しまいには悪友"Kenji"も北海道に帰ってしまった。

     そんなことを思いながら自分の不甲斐無さと虚しさを噛みしめていたのだった。

     帰ってからしばらくは今後どうしようかと考えたが、とりあえずミズシマに行き、

     直せるだけのパーツを注文した。

     ミズシマの社長は「お前、最終でコケてたなぁ」と笑っていたが、俺の心の傷は

     相当深かった(笑)。

     そして、すぐに結論が出た。

     『よ〜し!やぁ〜めた!』

     なんと簡単な答えだろうか。

     こんな根性のない若者たちがいっぱいの日本だったら、今、とんでもない国に

     なっていたことだろう。

     RS125は直して売ってしまおう。

     あとは気楽で自由な若者の生活をしよう。

     しかし、神様はそんな甘い考えの俺を許してはくれなかったのだ。

     ある日、ミズシマになかなか来ないパーツの催促をしに行った時のことであるマシン来てるぞ

     (たしか年末)。

     社長はずらーっと並んだ新車のRS125を前に、普通の顔をしてこんなことを俺

     に言ったのだ。

     『お〜、お前の頼んだマシン来てるぞ。90モデルはキャストホイールだぞ。かっ

     こいいだろ。好きなのもっていけ・・・。』

     ど、どーゆーことじゃぁ〜!俺はマシンなんか頼んでねぇ〜っつ〜の!!

     俺が頼んだのはパーツだっつ〜の!!

     と言い訳したものの、『いいや、お前は頼んだ。ここでレースをやめるつもりか』

     などと言われ、なぜかカウンター越しの社長を前にローン用紙に記入している

     俺がいたのだった。

     今考えればそれがミズシマ社長の営業だったのかもしれないが、そのおかげで

     今の自分がいると思うとミズシマの社長には本当に感謝している。

     しかしだ、それからの俺は今までにも増して壮絶な人生(すみません言いすぎ

     です)を送ることになったのである。

 なぜか今年も走ってる

1990年 やっぱりやることになったレース。しかしまた神様は俺に試練を与えてくれた。

     しばらく連絡を取っていなったシャカ君が行方不明になっていたのだった。

     どうも中森明菜が自殺未遂を起こした直後から姿を消したらしい。

     おぉ〜、俺はどうやってレースを続ければいいのだ。

     その時、なんと魂S.Pのメンバーは関東で俺一人だったのである(そりゃそーだ)。

     北海道では悪友"Kenji"がNSR250RK(FV)でレースを戦っているし、くそ〜、

     もう、この際どっかのチームに入れてもらおうかと真剣に悩んだが、たまたま

     去年知り合ったホズちん(女性)がピットクルーをしてくれるというので、不安も

     あったがお願いすることとなった。

     しかし、当時もまだバイクブームどころかバイクレースブームだったのか、予

     選出走台数は減ることもなく、当時走っていた方なら皆知っているとおり、練90RS125R

     習走行さえも予約が取れない状況で、筑波サーキットのパドックで[走行券

     売ってください]と段ボールに書いて売ってくれる人を待っていたなんてことも

     普通だった。

     そんなある日、東北方面のサーキットは走れるらしいという噂を聞き、できた

     ばかりのエビスサーキットなら走行枠があるかもということで、しばらくはひっ

     そりと東北方面で地道に練習にいそしもうということになった。

     ところが、当時のエビスサーキットも例にもれず満員御礼で、レース当日の

     パドックからはトランスポーターが溢れ、最終コーナーの方の駐車場(後で

     増設されたずぅ〜っと坂を下った下の方)までいっぱいになる始末で、そん

     なところにトランスポーターを駐車してしまったら、ピットがあるメインエリア

     まで坂を登っていくのにとんでもない労力を費やさなければならなかった。

     しかし、自宅から250km以上離れているエビスサーキットに週末通うように

     なってからはサーキットでの知り合いも増え、ほとんど毎週のように走りにEBISU決勝前風景(これ出場してません)EBISUパドック90y

     行っていたように思える。

     今でも忘れられないのは、木村君(小柄な人でピットクルーのホズちんは

     “ミニラ”君と呼んでいた)というRS125に乗っていた千葉県から来ていた

     ライダーで、エビスでのタイムを出す方法などをエビス初心者の俺に熱心に

     教えてくれたのだった。

     それでもレースになると予選出走台数は100台以上はあった筈で、予選を

     通過するのは至難の業であった。

     いつもピットクルーのホズちんと、予選落ちが当たり前のようにサーキットを

     後にしていた。

 部屋の中ガレージです

1991年 この年の年末、ミズシマの社長には黙って某ハ○クプロという有名なレーシン

     グショップにクランクのオーバーホールを出したことがあった。そこには雑誌で

     よく見るショップの代表の方が座っておられて、なぜか感動したのを今でも覚

     えている。

     エンジンやキャブレターのことなどいろいろ説明してくれてたようだったが一種

     の興奮状態にあった俺にはちんぷんかんぷんだった。

     ただ、サーキットで走っているとき俺を直線で抜き去っていくマシンのサイレン

     サーに、そこのショップのステッカーが貼ってあるのをいつも横目で見ていた。

     その約1ヶ月後オーバーホールをしたクランクを取りに行った帰りの俺のトラ

     ンスポーターにはハ○クチャンバーとアブガスヘッド、そしてPWKのキャブが

     鎮座していた。

     これで俺のマシンも速くなると思い込んだ勘違い野郎の俺だったが、速くなる

     どころかあまりにも性格の違うチャンバーに戸惑い、タイムは落ちていく一方

     だった。ノーマルに戻して勉強中

     その時初めてセッティングとは何かというものを考え始めたのだった(おそいっ

     ちゅーに!)。

     チャンバーをノーマルに戻し(もったいない・・・)キャブ等のセッティングを勉強

     していった俺だっが、あっという間にタイムが縮まり、やっぱりノーマルのRS125

     でも速く走れるんだということを認識したのだった(あたりまえだっつ〜の!)。

     その頃、クラブ1.2FK大平組の方々や、レーシング南平台千尋隊の方々と知り

     合いになり、いろんな情報をいただき、大きく成長した年でもあった。

     また、この年には仕事も変わりその会社の先輩であった戸口さんに騙され桶川

     カートランドで車両何でもありの8時間耐久レース(たしかハニービー耐久だった

     ような・・・)にモトクロッサーで出場させられ、その時戸口さんが連れてきた鍋島

     (通称ナベ)がいい走りをするので、どこかで走ってるの?と聞いたら筑波で走っノーマルに戻して勉強中2

     てるけどタイムが上がらないとのこと。

     だったら一緒に走らないかと誘い、しばらくぶりに魂S.Pのメンバーが一人増えた

     のだった。

     当時、モトクロッサーでしかもモトクロス用のタイヤでカートコースとはいえロード

     コースをパワースライドしながら立ち上がっていく姿は、現在のモタードをやらせ

     たらあんた一番だよ、と言いたいくらいであった。

     このころから、魂S.Pの名は『魂SUPER POTENTIAL FACTORY』の略となり、

     のちにFACTORYが消え、魂SUPER POTENTIALとなったのである。

     そして、その年の年末、92RS125をやはりミズシマの社長から買うことになった

     のであった。

     一方、魂S.P北海道の悪友"Kenji"はこの年に国内A級へと昇格した(ハズ)のである。

 ナベRS125右側シャカ君

1992年 記憶が間違っていなければこのオフシーズンに行方不明だったシャカ君の居場

     所が判明し、(なんと埼玉県の上尾市にいた)再会を果たすことができたのだった。

     やっと再会したシャカ君に俺と一緒にレース活動をすることの約束をさせた上、

     念書に拇印まで押させたのであった(俺ってとんでもない奴だ・・・)。

     そのシャカ君は生活厳しい俺に毎日のように吉野家の牛丼を買ってきてくれたりも

     した(う〜、涙涙・・・)。支倉RGγ スタ前チェック支倉RGγ SP仕様でGPクラスに参戦

     今年より、去年まで自分が乗っていたRS125を仕事の先輩であるタカクボさんが

     乗ることになり合流。

     一方、魂S.Pのチーム員になったナベだったが、中古マシン(物凄いチューニング

     RS125だったらしい)の調子が悪く、なかなかタイムが上がらずにいた。

     そのうちそのマシンが再起不能になり、また中古の古いRS125を買うというので、

     新しいマシンを買いなさいと言ったが聞かず、じゃあ俺のマシンを一回乗って魂S.P 92RS125の走り魂S.P 92RS125

     みなと新車の92RS125を貸してあげたのだった。

     そのナベ、なんと乗った瞬間からタイムがポ〜ンと出て、やはり新車だという

     ことになり、1年間トラックの長距離で金を稼ぎ93RS125を買うこととなったの

     であった(目指す気持ちがあれば1年なんて短いもんだ)。

     また、この年に某マフラーメーカーから俺と同じ会社に転職してきた支倉さんを

     無理やり勧誘し、魂S.Pに入れたのだった。EBISU3H team memberEBISU3H

     その支倉さん、RGγのSPマシンに乗っていたのだが、見た目は速くは見えない

     ものの、ストップウォッチを見るとなぜか速いという特技(じゃねーだろ!)を持っ

     ていた。

      さらにこの年、支倉さんと組んで支倉さんのRGγでエビス3Hに出場したのだ

     が、なにげな走りで一時はトップを快走するなどした。(支倉さん素晴らしい)。

 支倉TZ250支倉TZ250

1993年 支倉さんはGP250クラスにスイッチし、ナベはシーズン当初から順調だったが、

     俺はなかなかタイムが上がらず苦戦していた。しかし、チーム一丸となって助

     け合いながら過ごしていたような記憶がある。

     当時、会社の先輩、戸口さんの紹介で埼玉県川口市にあるペガサスオート

     という塗装会社さんにカウルなどのカラーリングなどで大変お世話になり、本

     当に恵まれた環境であった。魂S.P 92RS125 93verナベNEW MACHINE 左

     そいえば、この年にバトルファクトリー製のバトルシフターなるものを装着した

     のだが、ラジコン用のバッテリーが必要でミズシマの社長がこれを使えとバッ

     テリーを貸してくれたのだった。

     コネクターを接続する前にミズシマの社長に借りたバッテリーの赤と黒の線の

     色がシフター側とはあべこべになっていたのに気づいたが、ミズシマの社長

     から渡されたのだから間違いはないとカポッと接続。支倉3H走り今年の3Hメンバー

     その瞬間シフターのユニットから『ぽや〜っ』と煙が出て、その後そのシフターは

     作動することはなかった。

     このときほどミズシマの社長を恨めしく思ったことはないが、自分の確認ミス

     なので仕方のないことであった(ものすごい溜息・・・)

     そんなこんなでシーズンも終盤に差し掛かり、来シーズンのことを考え始めて

     いたころ、RACING南平台千尋隊の菅澤さんが92TZ250を売るという情報をヨネちゃんNSR SP仕様戸口S50&伊藤SP125 那須にて

     察知し、GP125クラスでなかなか結果も残せずにいたので、いっそのこと国内

     B級で走れる一番速いGP250クラスのマシンに乗ってレースを締めくくろうな

     んて思いが駆け巡り、シーズンオフに購入してしまったのだった。

     この年にサイクルショップキャビンの米山(通称ヨネちゃん)と支倉さんの友

     達であった尾島君が魂S.Pに入ってきた(というより無理やり入れた)。

 94正月合宿〜

1994年 TZ250は確かに速かったが非常に乗りやすいマシンだった。しかし、125の時

     の根性乗り(力任せにうりゃぁ〜っとコーナーに入っていく乗り方のこと)に慣

     れていた俺は誰よりもコーナー突っ込みには自信があったが、全然タイムは

     上がらなかった。

     それを俺の後方で見ていた支倉さんがこいつアホちゃうかと思ったかどうかは

     定かではないが、レーサー250初心者の俺に『支倉さん乗り』を伝授してくれた

     のだった。

     このおかげでタイムは縮まりはじめ、250イケるかも、なんて甘い考えが出てき

     たのだが、コーナーでインに上半身を極端に落とし込む通称小僧乗りだけは新調!ツナギスターティンググリッド

     直らなかった。

     また、125時代にコケまくってボロボロだったレーシングスーツ(皮ツナギ)を

     新調しようと以前から使っていたヨネゾー(皮ツナギのメーカー)に行った時

     のことである。

     ヨネゾーの横田社長に「250に乗るなら脊髄パット(背中に背負う骨みたいな

     ヤツ)を絶対背負いなさい」と言われたのだが、邪魔だから嫌だと答えたら、

     だったらお前にはツナギは作らんと言われ、押し問答のあげく(笑)レーシング

     スーツ内にゴリゴリの脊髄パットを埋め込まれたのだった(そんなツナギは

     見たことなかった)。

     しかし、転倒して半身不随になったライダーなんかも見てきた横田社長の94 3H TEAM魂S.P TZ250走り

     あの真剣な説得は、売るだけの商売人ではなく、それだけライダーの体や命

     のことを真面目に考えてくれていたんだなと実感したのである。

     TZ250に乗るようになってからは考えて乗るようになり、転倒する回数も減り、

     コケまくっているのはナベだけとなった。しかし、ナベのライディングには磨き

     がかかりはじめ、速さがともなってきた年でもあった。

     

1995年 支倉さんはナカノレーシングプロジェクトというチームに移籍することになり、グリッドナベ上り調子っす

     少しさみしくはなったが、同じレース時にはいつもパドックでは一緒だった。

     この時期の魂S.Pはとても活気があり、ピットクルーもシャカ君、青ちゃん(95年

     加入)、 西原君(95年後半加入)と忙しい日々(?)を過ごし、運動部のように

     年2回(5月と正月)サーキットにこもる合宿(半分遊び〜昼間は走り、夜はカラ

     オケと温泉)までこなしていたのだった(笑)。

     この頃の俺の口癖は『小さなミスより大きなアクション』で、とにかく目立つことを

     意味していた。

もうすぐスタート・・・

エリア戦パドック 西原君

     マシンは常にきれいにピカピカで、レーシングスーツは派手に行こう!仮に他

     のライダーとバトルをしていたとして、他人から見た場合、やっぱり派手な奴に

     目が行っちゃうもんね。

     そうすることでいろんな人に見てもらい、気にしてもらうことできっと輪が広が

     るはずというものだった。

     そのおかげか何かわからないが、いろんな人に声をかけてもらい、勉強させて

     いただいた年であった。タイヤウォーマー中〜パドック一緒

     ダンロップ優勢だった当時、特にブリヂストンのタイヤサービスの方(BSモー

     タースポーツの方とおそらく郡山のBSショップの方)には本当にいろんな意味で

     助けて頂き、また勉強させていただいたのである。

     感謝。

     この年で俺はマシンを降りようと決意しその年の最終戦で専属ピットクルーの

           シャカ君とレース前に記念撮影したのだが、なぜかシーズンオフになると来

           シーズンに向けて着々と準備をする俺がいたのだった(笑)。

          そして、この年一人の元NA(国内A級)ライダーと知り合うこととなったのだが、

レース前シャカ君と

     MFJのライセンス区分編成時国内ライセンスに降格して走っているらしいとの

     ことで(当時、国内AライダーはMFJのライセンス区分編成時、国内に降格と

     国際に昇格のどちらかを選択できたと記憶している)、近所だったのもあって

     か、さっそく魂S.Pに誘ってみることにしたのだった。サッカー選手のゴン中山

     にほんの少しだけ似ている彼の名もまた中山だった。

     この中山さん、自分で自動車整備工場を営んでおり、サーキット以外に行くと

     ころのない俺たちは、一人寂しい中山さんを励ましに行く名目でよく工場で暇

     つぶしをしていたものである。(冗談ですよ中山さん・・・笑)

     こうして魂S.Pの魔の手は着々と広がっていったのである。

 

魂S.P TZ250 96ver

1996年 この年のエビスの初戦、久しぶりにミズシマの社長とサーキットで会った。

     少し浅黒く痩せていたが、いつもの毒舌は快調そのものだった。

     実はオートショップミズシマはホンダ系のショップだったので、ヤマハのマシン

     に乗るようになってからはほとんど行くことがなくなっていたのだ。

     ミズシマ社長のありがたい言葉(ほとんど文句)をいただいて気合いを入れた

     レースだった。

     その後しばらくしてからだが(98年)病気により亡くなられたと聞き、俺の人生

     の一部を構築するきっかけとなった人だけに、それから少しの間、とても暗い

     日々を過ごした記憶がある。

     水島社長の御冥福をお祈りしたい・・・。

     一方、ナベと中山さんはGP125クラスでは常にトップグループを走行し、魂S.Pが

魂S.P GP125TEAM

     とても光り輝いていた頃である。

     また、ヨネちゃんや尾島君も、ともにGP250クラスにレースに参戦し、気を吐いて

     いた。

     この年、全員が結果はどうであれ有意義なシーズンを過ごし、翌年、自分とナベ、

     そして中山さんが国際ライセンスへと昇格したのである。

     シーズンオフには、97シーズンからレースガスやアビエーションガス等の有鉛ガス

     が規制されるため、エンジンをハイオク仕様にしなければならず、テスト走行など

     に追われた。

     しかし、来シーズン出場するレースが限られてしまうため(全日本とエリア戦)、どう

     しようかと考える日々が続いたのである。(あまりにもレベルが高すぎるので・・・笑)

 

ぱぁぁぁ〜〜〜〜ん!

1997年 やはり俺はサーキットにいたが、レースには出場していなかった。

     ヨネちゃんのピットクルーとして参加していたのだが、ここ2年くらいでめっきりレー

     ス人口も減り、予選決勝とワンデーレースとなってきていた。

     そいえばこの年、ヨネちゃんはハーフウェットコンディションの中スリックタイヤを

     履いて優勝し、タイヤサービスの人もびっくり、なんてことがあった(笑)。

     俺はシーズン途中、古くなったマイTZに鞭を打つべくラム圧化を計画。

     SPOT FRPにて製作されたラム圧ダクトとラム圧ボックスを装着。

     その際、フレームなどに手を加えなければならず、トップフューエルレーシングの

ヨネちゃんTZ250

     熊木社長とジローさんにはアルゴン溶接等で大変お世話になった(実はそれだけ

     ではないが)。

     ナベは会社を辞めることになり、しばらくはレース活動は中止。

     中山さんは全日本に出場したが予選敗退していた。

     俺も当時勤めていた会社を辞めて九州へ行こうと決意していたため、最後にみ

     んなで走ろうということになり、最終戦に出場する運びとなったのである。

     その1戦のために3ヶ月前から練習走行など準備をすすめ、そのあわただしさに

     数年前に戻ったような気がしていた。

     最終戦はどこのサーキットよりも遅い最終戦(と思う)であったエリア戦併催の

     エビス選手権だった。(だったけな・・・とにかく国内と国際が混走だった)。魂S.P TZ250 97ver ラム圧仕様

     たまたま、表彰台の横に上がっていた俺は、九州に行くことを告げみんなに

     お礼を言ったのだった。

 

     暗くなりかけたパドックで、今まで知り合えた仲間たちと健闘をたたえあった。

     そして魂S.Pのみんなで記念撮影をした。

     ヨネちゃんは翌年国際ライセンスへ昇格。

 

 

ナベ

中山さん

     そして・・・・・・・・・その後・・・・・、

 

 

 

自分

ヨネちゃん

 

 

     どこのサーキットにも、ババ色ピンクのマシンは姿を現すことはなかったのである。

 

 

 

魂S.P GP125&250 Team 97

 

 

 

 

 

 

 

 

お世話になった方々、本当に有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

※事情による社名等の削除依頼や記述間違いがあれば早急に削除、訂正致しますのでお手数ですが下記メールアドレスまでご連絡ください。

mail@tamashii-superpotential.net

 

Produced by 魂 SUPER POTENTIAL

Copyright (C) 2008-2017 魂SUPER POTENTIAL. All Rights Reserved