クレヨンしんちゃん研究所





クレヨンしんちゃんの原作者、臼井儀人先生(1958〜2009)の 偉大な業績を称えます。


臼井儀人先生の御逝去から九年を迎えて

臼井儀人先生が亡くなられて、ちょうど9年目を迎えました。

9年も前となると、臼井先生が存命だった頃は遠い過去になりつつあるように見えます。今の『クレヨンしんちゃん』のファンでは、亡くなられたという衝撃を知らない子供も多くなっているそうです。

そのような中でも、偉大な漫画家であった臼井先生を忘れないように、今年も荒船山へ慰霊登山をして参りました。臼井先生が転落したと思われる崖の前に立った時、その光景は当時と変わっていないと思います。しかし、崖の前では転落事故の注意を呼び掛ける看板と、柵の代わりと思われる木の枝が置いてあり、臼井先生がここで亡くなられた事実が伝わってきました。

あれから9年が経ち、『クレヨンしんちゃん』も変化しつつあります。特に、今年は主人公の野原しんのすけの声を演じていた矢島晶子氏が降板し、小林由美子氏が新しく声を担当することになりました。このような日がこれほど早く来ることは予想していなかったため、ファンの間では大変な驚きとなりました。幸いなことに小林氏の声はファンの間から好意的に迎えられ、テレビアニメは今後も人気番組として続いていくことでしょう。

『まんがタウン』でも『新クレヨンしんちゃん』が続いていて、臼井先生の世界観を継承した内容が今も生み出され続けています。双葉社のキラーコンテンツとして続いていくことを期待しています。

今年の4月に公開された劇場版作品『爆盛!カンフーボーイズ 〜拉麺大乱〜』も18億円近い興行収入を記録し、来年も間違いなく新作が作られると思われます。現在はまだ新作の発表はありませんが、また大いに楽しめる作品となるでしょう。
もちろん、その作品の原点は臼井先生の天賦の才能と努力であったことに疑いの余地はありません。『クレヨンしんちゃん』以外の作品にも、その事が伝わってきます。たとえば『あんBaらんすぞ〜ん』という作品では、音楽教師の五和(ごわ)まゆみからピアノの個人レッスンを受けるサチコが数々の「成果」をあげていく場面、家庭科の(さい)()調理(ちおり)が生徒たちに行う数々の意地悪、炎の美術教師吾津保(ゴッホ)のひまわりに対する異常なこわだりなど、数々の奇人変人たちで笑わせる才能を感じずにはいられません。

このような才能の上に、テレビアニメスタッフの尽力もあって、『クレヨンしんちゃん』が誕生から30年近く経った現在も、多くの人々を惹きつけてやまないのでしょう。今後も臼井先生の業績が忘れられることはないと確信しています。

また、今年の8月には臼井先生と同じ静岡出身で、同様の才能と努力で多くの人々を魅了した漫画家さくらももこ氏も亡くなられました。今頃、もしかしたら臼井先生はさくら氏とお会いしたのではないかとふと思います。

今後も、『クレヨンしんちゃん』は変化しつつも、多くの人々に愛される作品であり続けることでしょう。

臼井儀人先生の御逝去に心より哀悼の意を表します。




2018年9月11日
クレヨンしんちゃん研究所
管理人チョルス



クレヨンしんちゃん研究所へようこそ。 
初来訪の方はまずはじめにをお読み下さい。
当サイトはファンサイトであり、公式サイトではありません。
原作者、出版社、テレビ局等、権利を有する個人、団体とは一切関係ありません



INHALTSVERZEICHNIS 最終更新日
はじめに 2018/04/24
管理人 2018/03/20
お知らせ 2018/09/20
原作編 2018/09/05
テレビアニメ編 2018/09/20
映画編 2018/04/14
SHIN-MEN編 2015/01/05
海外編 2015/01/05
談話室 2018/05/24
だらくやストア物語 2016/04/30
臼井儀人先生 2018/09/11
更新記録 2018/09/20
掲示板 随時
リンク 2018/06/24
その他 2018/06/08



クレヨンしんちゃん分析録



更新情報

テレビアニメ編視聴率記録に9月14日の視聴率を掲載しました。




当サイトのバナー
クレヨンしんちゃん研究所


管理人への連絡先(メールアドレス)
sasuga_super_elite_bo_sama@yahoo.co.jp






(C) des Textes 2005-2018 Chul-Soo. Alle Rechte vorbehalten.