'96/8/31撮影

プノンペン国立小児病院

プノンペン国立小児病院
沿革

 1974  ワールドビジョンにより建設,5月完成

 1975  クメールルージュ侵入で閉鎖

 1980  再開院される    75床

 

 1994  150床

       10万ー19万人が診療を受け(年間)

        8000−12000人が入院治療している(年間)

       

       

 病院は、保健省立の病院で、ワールドビジョンの支援をうけている


1  病院の運営状況

	6病棟から構成されている

	A病棟--新生児

	B病棟--感染症

	C病棟--デング出血熱(DHF)

	D病棟--混合病棟

	E病棟--呼吸器疾患(ARI)

	F病棟--下痢のための治療教育(DTTU)



2 DTTU,ARI,DHFは、カンボジアの子供の健康プロジェクト

 により作り出されて特殊病棟です。

	

3 外来部門は救急にそなえて24時間受診を受け付けている。





ムーニハム師の記念碑 "Love talked about is easily turned away Love demonstrated is irresistble "

  メディカルスタッフ

	1.Medical Doctors	25名

	2.Medical Assistants	22名

	3.Nurses		23名

	4.Pharmacists		 6名

	5.Laboratory Technicians6名

	6.Expatriate Staff	 

		小児科医 		2名

		ナース  		1名

		病院管理者		1名

		薬剤師  		1名

		Laboratory Tutor	1名

		Public Health Physician	1名

		Health Coordinator	1名



		

 カンボジアでは乳幼児死亡率が非常に高く(50%以上)、呼吸器感染症、デング熱、 下痢性疾患が多い。平均寿命も50才代前半。
かぜをこじらせて膿胸になった幼児。助かる見込みはないとのこと。
ドレナージを受けている。

 カンボジアは、クメールルージュにより荒廃してしまった、国をもう一度復興しようとされています。いろいろなグループもそれを援助しています。特に貧困なウドン地区には、ワールドビジョンが、チャイルドスポンサーなどすばらしい働きをしておられます。あなたも、カンボジアのこと、特にカンボジアの子供を祈りに、覚えてください。

|home|大高 剛|World Vision International|