Basie In Sweden


1. Little Pony
2. Plymouth Rock
3. Backwater Blues
4. Who, Me ?
5. April In Pars
6. Blues Backstage
7. Good Time Blues
8. Peace Pipe

Personnel : Count Basie (p), Freddie Green (gt), Charles Issacs (b), Louis Bellson (dr), Fip Richard, Thad Jones, Sonny Cohn, Al Aarons (tp), Quentin Jackson, Henry Coker, Benny Powell (tb), Marshal Royal, Frank Wess (as), Frank Foster, Eric Dixon (ts), Charlie Fowlkes (bs), Benny Baily (tp on 1.4.6), Ake Persson (tb on 1.4.6), Irene Reid (vo on 3)

Location & Date :
Dans In, Grona Lund, Stockholm, Sweden, Aug 10, 1962 (5)
Dans In, Grona Lund, Stockholm, Sweden, Aug 11, 1962 (1.2.4.6.7)
Dans In, Grona Lund, Stockholm, Sweden, Aug 12, 1962 (3.8)

Basie In LondonAmericans In Sweden (Vol.1)(Vol.2) のシリーズなどでベイシーの名盤が数多く生まれているスウェーデンでの録音。Snooky Young (tp)、Al Grey (tb)、Sonny Payne (dr) などのスタープレイヤーを擁して、まさに黄金時代だったアトミックバンド時代(1957-1962)。このアルバムはその黄金時代の直後ながら、陣容が大きく変わっています。一般的にバンドの要といわれるドラムとリードトランペットが替るだけでここまでサウンドが変わるのか、ということが分かる一枚。慣れていないせいもあり、Peace Pipe などではアンサンブルがバラバラ。特に「スットコスットコ」 と、テクニックを見せつけるようにスネアでオカズを入れる Louis Bellson のドラムが、どうしても管のメロディやベイシーのピアノソロの邪魔をしているように思えてなりません。全曲通して聴いてイマイチ印象に残らないのは僕だけ??ちなみにこのスウェーデンでのライブの全容は Mosaic レーベルから発売されたThe Complete Roulette Live Recordings Of Count Basie And His Orchestra で聴くことが出来ます。