Basic Basie


1. Idaho
2. Blues In My Heart
3. I Don't Stand A Ghost Of A Chance
4. Red Roses For A Blue Lady
5. Moonglow
6. Ma, He's Making Eyes At Me
7. M-Squad
8. Sweet Lorraine
9. Ain't Misbeavin'
10. Don't Worry 'Bout Me
11. As Long As I Live
12. I've Got The World On A String

Personnel : Count Basie (p), Freddie Green (gt), Norman Keenan (b), Harold Jones (dr), Gene Coe, Oscar Brasher, Sonny Cohn, Waymon Reed (tp), Grover Mitchell, Frank Hooks, Mel Wanzo (tb), Bill Hughes (btb), Marshal Royal, Bobby Plater (as), Eric Dixon, Eddie 'Lockjaw' Davis (ts), Charlie Fawlkes (bs)

Location & Date : The Universal Studio In Chicago, Chicago, Oct 20, 1969

レンジャー、Chico O'Farril のアレンジを全面的にフィーチャーしたアルバム(3.のみ Eric Dixon。)。曲目は古い唄モノのスタンダードの小品が中心。のっけから Basie-Straight Ahead でも大活躍した Eddie 'Lockjaw' Davis (ts) と Harold Jones (dr) がガンガン飛ばすアップテンポの Idaho!ベイシーのイントロからもうメロメロ。アルバム全体を通して聴くと、 この時代の数少ないスタープレイヤーなだけあって Eddie 'Lockjaw' Davis が大半の曲でソロをとっています。彼のソロは大好きなのですが、えげつないテナーソロが4曲も5曲も続くと、さすがに食傷気味・・・。とはいえ、数年前までポップス作品を乱発し、ベイシーマシーンと揶揄された時代が嘘のように好調で、聴く価値は十分にあり!です。もうひとつ難癖つけるとしたら、ベイシーの愛奏曲、As Long As I Live はゴージャスなホーンセクションなんて入れずに、リズム隊だけで素朴に聴かせてほしかったなー・・・。

 ちなみに、悪名高い Laserlight レーベルから出されている Ain't Misbehavin' はこのアルバムの全曲+ Count On The Coast Vol.1 の Flight Of The Foo Birds をなんの脈絡もなく付け足した、ある意味ケシカラン、ある意味お得なアルバム。