YouTube動画のダウンロード(Area61-downloaderの利用)

YouTube動画のダウンロード

せっかく見つけた貴重な動画ですので、「自分のパソコンに取り込んで(ダウンロードして)いちいちインターネットに接続しなくともその動画を楽しみたい」と考えるのは当然といえば当然のことかもしれません。

ここでは、
Area61 ビデオダウンローダーというフリーソフトを利用して、YouTube動画をダウンロードする方法についてご説明します。

ご注意!

YouTubeの動画の中には、著作権に違反している動画もアップロードされています。
そうでない動画でも、ダウンロードしたものを不特定多数の人間に配布したりすると、法律に違反する可能性があります。
この点に十分配慮して、あくまでも「個人的な楽しみ」の範囲内でお楽しみください。

Area61-Downloaderについて

概要

前にもご説明しましたが、YouTubeの動画の再生コントロールをキー操作だけで行うのは結構大変です。

「Area61 ビデオダウンローダー」は、YouTubeやニコニコ動画をダウンロードして、Windowsに標準で付属しているWindowsMediaPlayerや、フリーソフトのGom Playerといった、キー操作で動画の再生コントロールが可能なプレーヤーで再生可能なWMV(WindowsMediaVideo)形式に変換して保存してくれます。

さらに、「映像は必要ないから音声データだけ欲しい」といった場合には、MP3形式に変換して保存することも可能です。
詳しくは、「Area61-Downloader」のマニュアル及びヘルプをご参照ください。

Area61 ビデオダウンローダーの特徴

  1. PC-Talkerの「クリップボード読み」を「オン」にすることで、音声化が可能
  2. インターネットエクスプローラの右クリックメニューから動画保存が可能
    動画ページ上(「動画上」ではなく「動画ページ上」)またはサムネール画像上を右クリックして表示されるメニューから「Area61 ビデオダウンローダーで動画取得」を実行すると動画の保存ができる。

Area61 ビデオダウンローダーの音声化

「Area61 ビデオダウンローダー」は、インストール直後は音声化されていません。
これをしゃべるように(音声化)するためには、次のような「おまじない」が必要となります。

【おまじない】

「Area61 ビデオダウンローダー」の本体「A-Downloader.exe」というプログラムは、
C:\Program Files\Area61\Downloader\
というフォルダ内にあります。

そこで、このフォルダ内に、
voice
という空のフォルダ(中身のない「カラッポ」のフォルダ)を作成します。

これで、「Area61 ビデオダウンローダー」はしゃべる(音声化する)ようになります。
このことは、「Area61 ビデオダウンローダー」に付属してくる、「Area61 ビデオダウンローダー Readme.txt」に説明があります。

なお、PC-Talkerの「クリップボード読み」をくれぐれも忘れずに「オン」にしてください。

ダウンロードしたビデオの出力先の設定

ダウンロードしたビデオの出力先の設定は以下の手順で行います。

  1. Area61 ビデオダウンローダーを起動する。
  2. 「Tab」キーを押していって、「ダイアログを開く」で「Enter」キーを押す。
  3. ダイアログボックスが開くので、ビデオの出力先フォルダ(例えば「マイビデオ」など)を探してカーソルを合わせ、「Tab」キーを押して「OK」というボタンで「Enter」キーを押す。
ご注意!

このダイアログボックスは、独特な構成になっていますので、ビデオの出力先フォルダを指定するときには注意が必要です。

例えば、出力先に指定しようと思う「マイビデオ」というフォルダが「マイドキュメント」フォルダ内にある場合、上下矢印キーで、まず「マイドキュメント」というフォルダを探します。
「マイドキュメント」というフォルダが見つかって、「マイドキュメント」というフォルダにカーソルがあっている状態では、
マイドキュメント プラス
と発声する場合と
マイドキュメント マイナス
と発声する場合とがあると思います。

「マイドキュメント プラス」というのは、ダイアログボックスには現在、「マイドキュメント」というフォルダだけが表示されており、マイドキュメントフォルダ内にあるサブフォルダは表示されていない状態です、ということを表しています。

一方、「マイドキュメント マイナス」というのは、ダイアログボックスには現在、「マイドキュメント」というフォルダとそこに含まれているサブフォルダも一緒に表示されています、という意味です。

ですので、「マイドキュメント」フォルダ内にある「マイビデオ」というサブフォルダを表示するには、まず、 マイドキュメント マイナス
と発声させる必要があります。

「マイドキュメント プラス」と「マイドキュメント マイナス」の切り替えには、左右矢印キーを使います。

マイドキュメント プラス
の状態で右矢印キーを押すと、
マイドキュメント マイナス
となります。

逆に、
マイドキュメント マイナス
の状態で左矢印キーを押すと
マイドキュメント プラス
となります。

「マイドキュメント マイナス」の状態にして下矢印キーを押していって、「マイビデオ」というフォルダにカーソルを合わせます。

その状態で、「Tab」キーを押して「OK」というボタンに移動して「Enter」キーを押します。

これで、設定が終了です。

YouTubeでの動画の検索と保存

ここでもブラウザとしては、NetReader(ネットリーダー)という音声ブラウザを利用します。

YouTubeでの動画検索の詳しい方法については、「YouTubeの見方(その1:基本編)」をご参照ください。

YouTube動画の保存(ダウンロード)

保存(ダウンロード)したい動画が表示できたら、次の手順でその動画を保存(ダウンロード)します。
以下の手順で保存(ダウンロード)した動画は、「ダウンロードしたビデオの出力先の設定」 で指定したフォルダ内に、WMV形式で保存されます。

  1. 保存(ダウンロード)したい動画の再生が始まったら、「拡張メニュー」を表示します。(操作映像では「Application」キーを使用していますが、「Alt」キー + 「K」キーでもかまいません)
    なお、再生中の動画の音声で、NetReaderの音声が聞きとりにくいような場合は、動画の再生が終了してからこの操作を行ってもかまいません。
  2. 「拡張メニュー」が表示されたら、上下矢印キーで、「現在のページをInternet Explorerで開く」という項目にカーソルを合わせて「Enter」キーを押します。
  3. 同じページが、Internet Explorerで表示されたら、「Application」キーを押してInternet Explorerの「右クリック」メニューを開きます。
  4. 「右クリック」メニューが開いたら「上下矢印キー」で「Area61ビデオダウンローダーで動画取得」という項目にカーソルを合わせて「Enter」キーを押します。
  5. 「Area61ビデオダウンローダー」が起動して、「戻る」というメッセージが聞こえたら、「Tab」キーヲ押していって「ダウンロード開始」と読み上げられたら「Enter」キーを押して動画の保存(ダウンロード)を開始します。
  6. 途中、ダウンロードの進行状況がメッセージされ、ダウンロードが終了すると「完了」というメッセージが聞こえてきます。
  7. 動画の保存(ダウンロード)が終了したら、出力先に指定したフォルダを開いて、保存(ダウンロード)した動画をご確認ください。

操作映像

操作映像については、YouTube動画のダウンロード(Area61-downloaderの利用)(別ウィンドウで表示)をご参照ください。



戻る