2014 オオルリシジミ(安曇野) 2014/06/05
NikonD4s/60mm、300mm

 オオルリシジミは開長3〜4cmの瑠璃色の羽をもつ小さなかわいらしいチョウだ。かつては東北地方や中部地方など各地で見られたようだが現在は長野県の安曇野市、東御市、飯山市、そして九州阿蘇地方にしか生息していないそうである。  その貴重なオオルリシジミの観察会が自元の安曇野で行われたという新聞記事を見て早速撮影に行ってきた。 時々小雨が降る天気のため、クララという植物に止まったまま動かず動きのある写真は撮れませんでした。