鹿岳 1,015m 群馬県南牧村
2018年04月30日登山:単独
 
 大型連休の初日となる28日に鴨川で妻の友人達とBBQを楽しみ、そのまま友人の車で里帰りした妻子を迎えに行きながら群馬で登山をする計画を立てた。残雪のない西上州の山々から悩みつつ、今まで周辺の山から姿が気になっていた岩峰の鹿岳(かなだけ)を選んだ。
 午前3時に自宅を出発し、高速道路を渋滞知らずで快適に通行し上里SAて朝食を食べ、下仁田で降りてコンビニで食料を調達し、大久保集落を抜けた先の駐車場に着くと温度計は12度であった。涼しいのでフリースを羽織って5:59から歩き始めた。朝の散歩をしていた住民と話をすると「楽だよ」という。俄には信じられない。
 
 大久保集落の家には鹿の頭蓋骨が飾ってあり、登山口には妙な像が置かれている。登山道を抜けると段々畑であった広い場所に出て脇に気持ちよい水場がある。振り返ると鹿岳の絶壁が見え、あれに登るのかと気が引き締まる。畑の中の分岐点を天狗峠側に進み、坦々と標高を稼ぎ天狗の像のある四ツ又山[900m]の頂には7:15に到着した。
 水を飲んだだけで山頂を出発し、小ピークを越えながら近づいてくる鹿岳へ何処の場所からよじ登るのか気になって仕方ない。手袋を装備してロープを頼りに急勾配を下り続け、マメガタ峠に降りたところで小休止を入れる。連休中なのに誰とも合わないことが不思議である。
 峠から登り始めると一ノ岳が頭上に近づいてくる気配を感じ気合いが入るが、以外と難易度が低いまま鹿岳のコルまで付いてしまった。流れる汗を拭いながら娘とテレビ電話を楽しんでいると登山者が登ってきた。既に一ノ岳に登ってきたと言うが私のようにあせまみれに成っていないところがスマートである。後を辿るように二ノ岳に向かい、梯子と鎖を越えていく。振り返れば四ツ又山も遠く低くなり、一ノ岳の直立振りが凄い。ツツジが咲き誇る山頂には9:07に到着して、暫く展望を楽しむ。浅間山は既に雪が溶けて黒い山頂に成っていたが八ヶ岳は遠くに白い頂を並べていた。春霞で妙義山も霞み気味であるが風のない山頂は快適である。
 もう一人の登山者が四ツ又山に向かって行ったので私も9:33に下山を開始する。一ノ岳の分岐で登るべきか悩んだが、先の登山者が展望は二ノ岳に比べるとそれほど良くないと言っていたので、危険を避けてパスする事にした。下山道は岩場も無く、想像以上に快適である。途中で擦れ違った登山者と西上州の山談議をしていたので少し時間は係ったが道路に出て車には10:45に帰り着いた。確かに事前の想像より簡単だったので、早い下山であった。
 
 南牧村の道の駅で妻の実家への手土産に野菜類を購入し、今までは時間が合わずに入浴できなかった下仁田温泉清流荘の日帰り入浴を楽しみ、高速の渋滞を想定して一般道で新座まで走り、妻子を乗せてから首都高に入った所、あっけないほど渋滞もなく一気にアクアラインを渡って木更津まで戻ってきた。東京方面へは大渋滞している車両を横目で見ながら午後6時に自宅へ到着できた。
木曽駒ヶ岳(2回目) 2,956m 長野県宮田村
2018年05月02日登山:T岡と2人
 
 富士登山の成功で山男を目指し始めた近所の後輩が「連休中の北アルプスは大丈夫ですか?」と相談してきた。「お前の経験では死ぬから止めろ」とアドバイスしながらも身体で初夏のアルプスとはどんなところか覚えさせないと危険かなと思い、ロープウエイで行ける千畳敷から木曽駒ヶ岳の往復ツアーを提案した所、一緒に行くことになった。実は残雪期に自分も行きたかったエリアである。
 互いの日程を調整すると平日である2日しか空いていないことが解った。その上、予定が近づくと当日の降水確率が高く暴風の恐れもあると知る。延期も考えたが2日前に時間毎の天気予報を調べると午前中なら行動しても大丈夫そうだと判断し、鹿岳から下山した頃に登山の実行を決定した。
 ロープウェイに接続するバスの始発は菅の台バスセンター7:15なので自宅を3時に出れば間に合うと想定しだが、リスク回避と寝不足解消のため、深夜到着も問題ないと言われた駒ヶ根温泉ホテルを素泊まり4,800円で予約し、鹿岳から下山した翌日となる1日の20時過ぎに出発し、ホテルには日付が変わる頃に到着した。温泉に入ってコンビニで購入した缶ビールを飲んで寝たのは1時過ぎだったが、深く寝られたので快適だった。。
 
 2日は6時に起床し、荷物を整理して出発。ホテルから歩いてバスセンターに向かうと稜線が良く見えており視界不良では無さそうだと安堵する。登山相談員や山岳ボーダー等と共に始発のバスから始発のロープウェイに乗り継ぎ、標高2.612mの千畳敷駅に到着すると快適な洋式トイレを使用して、建物の玄関でアイゼンを装着し、8:27より歩行を開始した。南アルプスや富士山も見える中、少し下って一面雪の千畳敷カールを進み、乗越浄土に向かう急坂に取りかかる。多くのステップが刻まれているので安心だが、これが新雪の斜面だと厳しい急坂である。後輩はトライアスロンに挑戦する体力を持っているので安心しているが、不慣れなアイゼンに苦労しているようだ。時折日も射し、私もゴーグルを装着するが汗で曇ってしまう。乗鞍岳のようにジャージで登れば良かったかもと反省する。
 乗越に到着すると風は強くなるが、北アルプスや浅間山も良く見える透明度に満足する。天候との勝負には勝ったようだ。少し歩き中岳からは中央アルプスの稜線も綺麗に見え、後輩に頂の名前を一つ一つ教える。そして少し登れば10:21に中央アルプス最高峰に到着する。私にとっては23年ぶりとなる山頂である。ここで暖かい珈琲を入れると最高なのだが、近づく低気圧から逃げるように直ぐに帰路に着く。後輩はアイゼンで下山するが私は山頂で担ぎ上げたショートスキーを装着し、快適なダウンヒルを楽しむ。しかし中岳の登り返しでの履き直しや脱着・装着の手間などで、アイゼンで歩いている後輩より行動が遅くなっている事に気が付いてしまう。急な下りで私が板を履く前に少し滑り落ち、後輩はピッケルを購入しようと決めたようだが、私は滑落の経験も多いのでそんな細かいことは気にせず、カールを滑り降りれた事で満足し、千畳敷の駅には12:08に戻り着いた。
 
 千畳敷ホテルで昼食と生ビール(私だけ)を楽しみ、13時のロープウエィで下山する。車を停めていた駒ヶ岳温泉ホテルで入浴して着替え、外に出ると雨が降り始めていた。駒ヶ根の街中で土産に日本酒を購入し、後輩の運転する車の助手席で缶酎ハイを飲みながら快適な登山だったなと満喫して自宅に帰るのであった。 
No84 .2018/4-2018/7    ←No83No85→
日本を走る