城峰山 1,038m 埼玉県皆野町
2018年01月07日登山:単独
 
 成人の日を含む三連休には娘を連れて妻の実家のある新座に年始の里帰りをしながら、妻の実家から往復する登山を行うことを決めた。連休2日目の7日は晴の天気予報なので、新座で地図を読み、関東百名山で展望の良さそうなこの山を前夜に選んだ。
 午前5時に起床して荷物を整えて寝ている妻子を置き去りにしてコッソリと出発。所沢ICから夜明け前の高速に入るとスキー場へ行く車で前橋から渋滞が発生していると情報が入る。時々速度低下を受けるが渋滞の始まる前の花園で高速を降りる。国道を長瀞に向かう中で朝日が昇ってきた。車の温度計は氷点下を示していた。コンビニで肉まんとおにぎりとお茶を購入し、西門平を目指して山奥に進んでいく。
 
 5日に通過した低気圧で降った雪が残り、林道が進入禁止になっている場合は往復4時間の登山を覚悟していたが、道には雪もなく城峰山キャンプ場の駐車場まで車で上がれてしまった。こうなると山頂までの標高差は100m程度で地図上のタイムでは往復35分に過ぎない。超お手軽登山になったと考えながら服を着替え7:45から歩き始める。見事な杉並木と神社に感心し由来を知れば平将門が最後に籠もった山だと知った。一等三角点だけでなく、歴史的にも由緒ある山だと認識を深める。神社の境内からも両神山や八ヶ岳が見えて気持ちよい。山犬が狛犬である神社に参拝し、天狗岩を経由するなど寄り道しながら上り、展望台の併設されている電波塔が聳える山頂には8:11に到着した。展望台に登ると東に筑波山、西に浅間山が見渡せ、赤城山を始めとする上州の山も良く見えて足下には神流湖が横たわるなど視界は素晴らしいのだが、風の冷たさに負けて退散し、車には8:35に帰ってきた。誰とも会わない1時間の山歩きだった。
 
 時間が有るので次に関東百名山の中から近くの山を選び移動する。寄居町まで戻り9:38に円良田湖畔に車を停めて歩き出し、廃屋の間に伸びる舗装道路を登り詰め、少しの山道を歩いて鐘撞堂山[330m]に10:02に到着した。た。こちらは低山ハイクを楽しむ多くの人達と擦れ違い人気の高さを感じさせる所であった。山頂には故事にちなんで鐘が設置され、また木造の展望台も建設されていた。寄居の市街から筑波山まで展望が広がりなかなか気持ち良い。標高が低いことと昼間に近づいているため城峰山頂のように寒くないのも有り難い。少し休憩してから往路を逆に辿り、10:30に車に戻り着いた。こちらも1時間程度の登山であり、まだ昼まで時間があるのでおにぎりを食べながら地図を見て次の山を考えた所、同じく関東百名山の大霧山が近いことに気付いてしまったのである。
大霧山 767m 埼玉県東秩父村
2018年01月07日登山:単独
 
 寄居町から東秩父村に入り粥新田峠まで車で駆け上がる。峠には路肩に5台の車が停まっており人気の高さを伺わせる。運転も登山靴で行っているので車を停めた11:22から直ぐに登山開始となる。
 関東ふれあいの道として整備されている登山道は歩きやすく、樹林の中を歩き続けて、展望が開けたと思ったところが山頂であった。到着時間は11:49で、山頂には8人の登山者が展望を楽しんでいるところであった。関東平野越しに見る日光連山が素晴らしく、展望の山と評価されている理由もよく解った。早朝に登った城峰山も近く、標高がそれほど高くない割には高山気分を満喫して正午まで山頂にいた。
 12時となって山頂を後にして下山を開始し、あっという間に12:18に車に戻り、この日の三山登山を終えた。全てが1時間以内の行動時間で、獲得した累積標高差も500mを少し越える程度という、新年早々の鈍った身体には程良い連続登山であった。
 
 風が冷たいとはいえ、それなりに汗もかいており、小川町にある花和楽の里に立ち寄り汗を流す。施設の前には成人式を終えたばかりの振り袖の娘達がいたが、風呂ではないだろう。入浴料は1,080円と高めで、本来なら浴衣を借りてのんびりするような銭湯のようだが、サウナと露天風呂に満足して風呂から上がり、流石に腹が減ってきたので前に何かで聴いた埼玉の大盛り有名店である、ときがわ町のアライに行ってソースカツ丼の大盛り(750円)を注文した。既に午後2時を回り客足も少なくなって落ち着いた雰囲気の中で、その3枚重ねのカツがやってきた。写真を撮り格闘してなんとか完食したが、この夜には胃が持たれて食事も飲酒もせず、暴食を反省しながら寝てしまった。
No83 .2018/1-2018/5    ←No82No84→
日本を走る