高ドッキョウ 1,134m 山梨県南部町
2017年04月05日登山:単独
 
 娘が生まれてからは登山の機会が減り、4月の諏訪山、8月の節刀ヶ岳、11月の吾妻耶山、12月の竜ヶ岳と間隔も開いていた。年度末の慌ただしさも過ぎたので山に行こうと考えていたら3月末には那須で雪崩遭難が起きるほどの大雪も降ってしまった。だから今回の行き先は大雪の影響が少なそうな山梨と静岡の県境の山を選んだ。
 
 午前2時半に目覚め車に荷物を積み込み、横浜町田ICを深夜割引となる3:59に通過して新清水ICまで走る。綺麗な桜と中部横断道の工事現場を脇に見ながら登山口に車を停めて6:25より歩き始め、6:58に標高724mの樽峠に着いた。今回は峠の両側に有る山梨百名山を一度に登るので、富士山の展望が良さそうな貫ヶ岳を順光になる午後に回すこととし、先に標高の高い高ドッキョウへ行く。峠には高ドッキョウまで2時間30分と書いた標識がある。10年前に入手した南部町の地図には100分と記載されており差が大きいなと感じながら乾いた県境尾根を西に向かって進む。標高1000mを越えると雪道になり、山頂への急登に苦労しながら8:25に頂上に立った。峠から87分であった。富士山方向だけ展望が開けているが水蒸気で鮮明な写真が撮れない。少し休んでから8:45分に山頂を出発し、地図で40分と書いてある峠には10:01に帰着した。76分を要したが、地図のタイムでは無理だと感じた。
 
 気分的には下山しても満足なのであるが、往復約4時間となる後半戦の戦いに向かい尾根を東に進む。間もなく階段が現れ一気に標高を稼ぎ、平治の段(南貫ヶ岳[937m])には10:40に到着した。その先に有る十国展望台で富士山が鮮明に見えることを期待しながら休憩を入れるが20分待っても雲が切れない。山頂を踏んできてからの復路で綺麗に見えることを期待しながら山頂を目指す。
 途中で清水側の中沢登山口から入ってきたエスパルスのユニホームの登山者と擦れ違う。今回の山行で逢ったのは彼だけだった。小さな上り下りで標高を下げながら進み山梨百名山である貫ヶ岳[897m]の頂には11:47に到着した。展望のない山頂であるが木立越しには富士山が見えていた。午後には綺麗になるだろうと考え、コンビニで買ってきたおにぎりを食べお茶を飲んで休む。
 山頂を12:10に出発し、晴海展望台に到着したところで富士山を見るが下の方に雲がかかって頭しか出ていない。暫く粘るが雲が増えてきているので諦めて下山し、駐車場手前の沢で顔を洗って14:08に車に戻った。標高は低い山域だが7:43に及ぶ行動時間は久しぶりの身には辛く、翌日は筋肉痛になっていた。
 
 下山後に立ち寄った道の駅で入手した地図では復路の40分が80分に直されていたので苦情があったのだろう。地図を元に本郷の千年桜や原間のイトザクラを見に行くが、これらは少し早かったようだ。なんぶの湯に浸かり、横山酒造店と富士錦酒造で日本酒を購入してから富士宮市内で食事して高速に乗り、20:00に自宅に帰り着いた。
三石山 1,173m 山梨県身延町
2017年04月05日登山:S井と二人
 
 S井がワニ塚の桜を見てから登山しようと連絡をよこした。日本三大桜の神代桜なら7年前に見ているがワニ塚は知らず、調べてみたら韮崎の桜のようだった。その方面で登っていない山梨百名山の中から三石山を選び、さらに桜まつり中の富士吉田市の新倉公園も立ち寄ろうという企画を考えた。
 
 夜明けの富士を見たいというので今回も午前3時に起床し、自宅に迎えに来たS井の車で富士吉田へ急ぐ。中央道の沿線の桜が綺麗なので大きく期待しながら新倉に着くと午前5時なのに既に係員が居ていつもは無料の駐車場で千円をとられる。祭り期間だから仕方ないなと思って展望台まで上がると、桜は一輪も咲いていない。そんなに寒いのかという気持ちでガッカリして車に戻り、料金を取るときに咲いていない事を教えて欲しいと文句を言って会場を後にする。
 甲府盆地へ降りていく途中で桃の花を眺め、韮崎に着くとワニ塚の桜は綺麗に満開である。空気が澄んでなくて八ヶ岳が霞んでいる事が残念だったがそれを上回る満足感で花見の部を終了する。
 移動する途中で榊正宗の横内酒造を訪ねて生酒を購入し、身延町役場で道路情報を確認し、身延駅前のコンビニで焼きそばやおにぎりを買って登山口の大崩集落に向かう。よくここで生活していると感心するような山奥に到着して荷物を整理し、10:25より登山を開始する。
 
 登山道は落ち葉が積もって歩きやすい勾配で、高度を重ねていく内に尾根に到着し、展望台の1101mピークに11:22に到着した。南アルプスが良く見えると聞いていたが霞んでおり、富士山も長者ヶ岳に繋がる稜線に裾野が隠れて頂しか見ることが出来ない。展望が良ければ大休止するところだが魅力が無く給水だけで山頂を目指す。
 若干のアップダウンと小さな鎖場が立ちはだかったものの11:58に大崩集落が管理している山頂の神社に到着し、裏にある三角点を見てから昼御飯にする。名前のように巨石は多いのだがどの3個が名前の由来か解らない。また鳥居とその下の石段は稜線を伝う登山道とは違うので麓から直接登ってくる道もあったのだろうと想像を巡らせる。
 12:30に成った所で下山を開始し、往路を戻って13:39に車に戻る。行動時間は3:14だったから疲れもなく、麓の塩之沢温泉で湯に浸かりながらその後の行程を決めると、田貫湖での富士を見て、富士宮市の行きつけの「伊東」で焼きそばを食べ、日没後に新東名と富士山の夜景が見えるポイントで写真を撮って帰ろうという事になった。
 
 田貫湖は開花前の上に風で波が立って逆さ富士も見えなかったが、富士宮市の「伊東」は相変わらず美味く、S井の「飲んで良いぞ」という言葉に誘われビールを堪能してから、霞んで見えなくなっている富士山を富士宮トンネルの上で撮影した(左の写真はS井撮影)。
 富士宮の街中を通り過ぎて新富士から新東名に乗ったもの朝の起床時間が早すぎた事と日頃の疲れで眠くなり、途中の休憩所で休息を入れながら帰ると、自宅到着は21時を回っていた。さらにその先まで帰るS井にも長い一日が終わった。
笠山 837m 埼玉県小川町
2017年05月06日登山:単独
 
 連休に里帰りさせていた妻子を迎えに行きながら登山しようと考えて西上州の山を検討していたが、この日の夕方には木更津で宴席があるので渋滞は回避したい。登山を午前中に終えて新座には午後2時前に着ける山となると奥武蔵が順当になる。散々悩んだ末、関東百名山でもある笠山を堂平山から往復するだけのお手軽登山を選んだ。
 
 夜も明けた午前5時に起床して出発。アクアラインに乗ったところでザックを積み忘れたことに気がつく。今日の歩行は短いからコンビのビニール袋だけでも大丈夫だろうと割り切る。東松山で関越を降り、コンビニで食料を調達し「星と緑の創造センター」の駐車場に車を停め7:33より歩き始める。キャンプ場の便所を利用させて貰った後で天体観測ドームを回り込むと7:44に堂平山【876m】の山頂に到達する。目的とする笠山はここより39m低いため、登山と言うより下山である。
 
 パラグライダー用に伐採してある広場から奥秩父の山並みを満喫してから従走路に入り、695mの鞍部で林道に出る。奥武蔵は林道が多く登山意欲が削がれるのが欠点である。ここから笠山に向かって登山道を登り山頂には8:21に到着した。少し先にある神社に参拝し、ツツジの花などを観賞しておにぎりを食べてから帰路につき、9:16に短い山旅を終えた。時間があまりに有るので残る比企三山の大霧山も行こうかと一瞬考えたがそれは冬場にとっておき、さっさと下山して都幾川温泉に入浴して妻の実家に向かった。首都高やアクアラインが渋滞する前に自宅まで帰り着けたので宴席には余裕で間に合うことが出来た。
No81 .2017/4-2017/10    ←No80No82→
日本を走る