TREE DOCTOR OFFICE                                 SITE MAP
                                           






腐朽したケヤキの「幹」から、自然に発根した

「不定根」(ふていこん)の様子

「不 定 根 誘 導」

  不定根とは、枝や幹などからでる根のことで、本来の「定位置」ではない所から出た根

という意味で、『不定根』
と言われています。

  腐朽部や損傷部付近で発根した「不定根」を、生長に適した水分状態に保ち、

地面まで誘導します。此の「誘導」を行う
によって、地面まで早く到達させる事が出来ます。

地面に到達した「不定根」は、肥大生長することで、「幹の更新」や
「癒合」が可能となります。

また、活力のある根を確保する事ができます。これによって「樹勢の回復」を促進すること

 が出来るのです。


人為的 或いは 自然発生的に発根した「不定根」を、上の写真のような

「誘導管」を用いて、
地面へと誘導している状態。


当サイトの写真や文章等の転載 及び 二次使用については、必ず 樹木医事務所・樹診の許諾を得て下さい。