東京大学法学部・大学院法学政治学研究科
「現代政治理論の研究」演習授業内容


授業内容
現代民主政論に特徴的なトピックに関わる論文('deliberative democracy'や市民社会論など、
日本語または英語のもの)を複数、取り上げ、議論のスタイルや中心となる概念に
注意を払いながら読み進める。

進行方法
進め方としては、各回とも、その回の箇所の内容をレポーターに報告してもらい、
参加者のレポーターに対する質問が一巡した後は、レポーターであるかどうかに
関わらず、適宜指名し、質問に答えてもらう方式をとる。
よって、 レポーターを含め、 毎週、教材を消化してから出席することが求められる。

報告方法
なお、各回、報告に用いるハンドアウト(レジメ)は、B4二枚以内、手書きとし、
自分の読みとった内容を限られた紙面上に適切に整理して表現する訓練を兼ねる。

成績評価
平常点による。

使用文献(予定)
J. Habermas, Three Normative Models of Democracy,
 in S. Benhabib (ed.), Democracy and Difference,
 Princeton University Press, 1996, pp. 21-30.
I. M. Young, Communication and the Other
 : Beyond Deliberative Democracy,
 in ibid., pp. 120-135.
Joshua Cohen, Procedure and Substance in Deliberative Democracy,
 in J. Bohman and W.Rehg (ed.), Deliberative Democracy,
 The MIT Press, 1999, pp. 407-437.
Michael Walzer, Deliberation and What Else?,
 in S. Macedo (ed.), Deliberative Politics,
 Oxford University Press, 1999, pp. 58-69.
Susan C. Stokes, Pathologies of Deliberation,
 in John Elster (ed.), Deliberative Democracy,
 Cambridge University Press, 1998, pp. 123-139.
千葉眞『ラディカル・デモクラシーの地平』新評論、1995年
シャンタル・ムフ『政治的なるものの再興』日本経済評論社、1998年(1993)
April Carter, Associative Democracy,
 in A. Carter and G. Stokes (eds.), Democratic Theory Today,
 Polity, 2002, pp. 228-248.
Paul Hirst, Can Associationalism Come Back?,
 in P. Hirst and V. Bader (eds.), Associative Democracy
 : The Real Third Way, Frank Cass, 2001, pp. 15-30.
Paul Hirst, From Statism to Pluralism, UCL Press, 1997
Jean Cohen, Trust, voluntary association and workable democracy,
 in M. Warren (ed.), Democracy and Trust, 1999, pp. 208-248.
ハーバーマス『事実性と妥当性』未來社(上)2002年、(下)近刊(1992)