Image WELCOME TO MY HOMEPAGE
政治学原論やゼミの掲示板

Re:文民統制について
Icon In Reply to: 文民統制について
はやかわくん - 2004年07月04日 02時18分24秒
引用
ヨシマンさん、はじめまして。
ご質問の内容についてですが、
私は行政機関や軍事を専門にしていないので、
包括的なお答えをする能力がありません。
以下に書くことも誤りの部分もあるかもしれません。
必要に応じて、より専門の近い方にご質問なさるのが
よろしいかと思います。私の誤りも正していただけるはずです。
実際、アメリカにいることもあり、このニュースに関しては
ヨシマンさんの投稿を見て初めて知りました。
日本の新聞・雑誌等を即座に見られる環境にはないので、
情報も古いかもしれません。
そうした限定をつけた上で、
いくつか私なりのコメントを入れておきたいと思いますが、

>1.それの構成要素である背広組と制服組の権力が対等になり
>、以前制服組より背広組の方が強かった権力がなくなった事が作用して、
>前者の意見が後者を打ち負かし、最悪の結果として戦争が招かれてしまう、
>このようなことは現実に起こりえる可能性はあるのでしょうか?

ごく一般的な文民統制の考え方としては、
私はなぜ今制度改正の話をしなくてはならないのかはよくわかりません。
例えば、情報の流通に齟齬が多くかえって文民統制がうまく効かない
ということであれば、制度改正も必要になるのでしょうが、
もし文民統制そのものに不満があると言うことであれば、
それは非民主的な変更になってしまいます。
この場合は戦争の危険は増すことになると思います。
どういう意図での制度改正なのかをまずは詳しく知りたいと思います。

そうした一般論の上で、もう少し私の個人的な体験から得た感想ですが、
こちらで何人かハーバード留学中・卒の自衛隊の方々とお話する機会がありました。
その体験の範囲内では、制服組と背広組という2元論がどのくらい有効か、
なかなか怪しいものだという気もしています。
#ちょっとズレますが、用語自体、politically correctでしょうかね?
自衛隊の方々は確かに現実主義的に軍事を考えて議論を進めますが、
現実主義的なだけに、必ずしも好戦的な軍事主義者だとは限りません。
むしろあらゆる可能性を考え、抑制的な見解を持つ方も多いです。
それと比べると、例えば小泉首相の、少なくとも多国籍軍参加に至る政治手法は、
比較の上では、はるかに軍事重視主義に見えます。
つまり、文官の方が武官より好戦的であり、
場合によっては文民統制がかえって戦争への道を煽る、
というケースもあるように思うのです。
こうした場合には、文民統制が有効に機能せず、
しかも通常の文民統制の制度が逆作用を起こすということになりますから、
解決はとても難しくなります。
これは、別のスレ(二つ下のもの)で言及しましたが、
軍事力よりもむしろ政治力(狭い意味での)の方が問題だ、
という私の現在の感想とつながっています。

したがって、

>2.制服組の動きを活発化できる要因がでてくることはないのでしょうか?

#ちょっとこの質問うまく意味が取れなかったのですが、私の理解した範囲で・・・
問題はご指摘の部分にあるのではなく
つまり、いわゆる制服組・背広組の関係如何ということよりも、
いわゆる背広組の意識と行動能力を、どのくらい改善できるかにかかっている、
というのが私の認識です。
これは、日本がより軍事主義的な道を歩むにしても、
より平和主義的な道を歩むにしても、
どちらにしても不可欠の最優先課題だと考えています。

>3.防衛庁での文民統制のあり方として、

このご質問に関しては完全にギブアップです。
おそらく色々な制度・動きはあると思いますが、
上に書いたように実際の機能にはいろいろな含みもありますし。

いずれにせよ、軍事力が存在しないという公式見解の国で、
軍事力を統制するシステムを作るというのは
なかなか厄介な問題だというように
私には感じられます。

以上、不明瞭な雑感だけですが、ご参考になれば幸いです。


Iconhttp://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/3666/

この投稿へのコメント
Re:文民統制について:少し修正
Re:文民統制について,
Re:文民統制について
| インデックス | ホームページ |

GeoCities