車のこと     

               

私が今まで乗り継いできた車は6台です。免許を取ったのが19の時ですから(現在44歳(^.^)、その割には少ないと思います。まぁ経済的な理由というのもあるんですが……
これから何台の車を所有できるか分かりませんが、今まで乗った車を振り返ってみようと思います。

  1. 日産サニー2ドアセダン1200DX(昭和46年型) (中古)
     色:白 購入時走行5万Km 売却時走行12万Km
    私が最初に乗った車です。2ドアのセダンなんて今は考えられないですね。その当時はあったんですよ。値段は20万くらいだったと思います。ミッションは4速MT。当時は5速がまだ珍しい頃で憧れていました。グレードはDXだったので、もちろんエアコンはついていません。タコメーターもカセットもなかったと思います。カセットは社外品を付けて乗っていました
    エアコンがないので夏はたまらなかったのですが、「三角窓」のおかげでなんとか何回かの夏 をしのいでいたと思います。走行11万Kmを超えるあたりでオイルシールがおかしくなりました。排気の煙が白くなりオイルの減りが顕著になりました。皮肉なものでこの時に燃費も最高で16Km/Lを記録しました。その後友人に譲って、今も元気で走っています。
  2. 日産スカイラインHT2000GT(昭和51年型) (中古)
     色:ブルーメタ 購入時走行3万8千Km 売却時走行9万5千Km
    言わずと知れた「ケンとメリーのスカイライン」です。特に2ドアHTはカッコよくて、当時セリカのLBと人気を二分していました。3年落ちくらいでしたが、まだ80万くらいしたんじゃないかと思います。ミッションは5速MT。日産の直6、L20のキャブレターのエンジンでした。ただ、不幸だったのは排ガス規制の真っ只中だったこと。対策車としては一番厳しい時代でした。加速はお世辞にもいいとは言えず、「名ばかりの狼は道をあける」の「名ばかりの狼」でした。
  3. 日産スカイライン4ドア2000GT‐EX(昭和55年型) (中古)
     色:白 購入時走行2万2千Km 売却時走行7万8千Km
     続いてまたスカイラインを買いました。今度は後席への乗り降りを考慮して4枚ドアにしました。またミッションは初めてのATです。ところがこの時も失敗したのですが、まだ3速のATだったのです。そのために100Km/h走行時にエンジンの回転数が4000回転ぐらい行ってしまい、けっこううるさかったのと、ガスをかなり食いました。会社への通勤(片道26Kmくらい)では5〜6Km/L、高速を走っても10Km/L行くかどうかという燃費でした。ホイールは最初日産純正のアルミが付いていたのですが、ボーナスをはたいてフェローチェの井桁の形のアルミに変えました。これはこれでけっこう気に入っていたのですが……
  4. トヨタビスタ4ドア2000ディーゼルターボVE(昭和63年型) (新車)
     色:ガンメタ 売却時走行5万8千Km
     前車のスカイラインの燃費の悪さに懲りて、何とディーゼル車を買ってしまいました。どうも私の場合は前の車の悪い点ばかり考えて、次の車を選んでしまうようです。色は前から欲しかったガンメタ。ミッションは初めての4速AT。確かに燃費は通勤に使って11Km/L、高速では14Km/Lとかなり良かったです。おまけに軽油が安いので、ロングドライブをすると燃料代はだいぶ助かりました。ただ、アイドリング時の振動、騒音はやはりガソリン車とは違いました。おまけにもくもくと出る黒い煙。今ほど環境問題は叫ばれていませんでしたけれど、バックミラーに写る黒煙を見ると肩身が狭くなりました。と言う訳で、最短の3年で買い換えに……

5.トヨタビスタ4ドアHT2000VX4WS(平成3年型) (新車)


 色:えび茶ツートン 平成12年1月現在走行14万5千Km
 この車はなんと言ってもスタイルに惚れ込んで買いました。特にリアビューが気に入っています。このフォルムはすぐあとでウインダムに使われましたけど。燃費は通勤に使って8Km/L、高速で12Km/Lくらいです。4WSは特に違和感はありませんでした。最近4WSが壊れてしまったのですが、回転半径がかなり大きくなってしまったのには驚きました。4WSも一時期の流行で、今装備されている車はほとんどないと思いますが、私は便利な装備だと思います。4WSが壊れて急に運転が下手になりました。オプションで付けたのはCD、デジパネ、ABS、リアワイパーです。なんだかんだで値段は300万になりました。値引き(35万)+前車の下取り(65万)=100万で支払いはちょうど200万でした。
この車も9年乗って走行も15万Kmを超え、色々と不具合が出てきました。4WSがこわれてエアコンの調子も
おかしくなり、思いきって買い換えることになりました。
           
    


6.トヨタビスタアルデオ200G(平成12年型)(新車) 色:白

ワゴンブームに乗って買ってしまいました。今回は初めて低金利ショップというものを利用しました。実質0.1%の金利なので、ローンを
組む人には非常に有利ではないかと思います。通常はデーラーの方が値引きが大きいので、それと金利分との差額がどれくらい出るかが分かれ目になりますが、この車の場合は値引きも低金利ショップの方が大きかったので、何も迷うことはありませんでした。
乗った印象はまずとても静かなことです。D-4という直噴エンジンは
少しうるさいということも聞いていましたが、静粛性に関しては文句なしです。加速は前のビスタの方がいいような気もしますが、これは燃費に気を使って走っているせいかもしれません。背が高く、後席が17cmスライドするので、中はとても広いです。背が高いので

ルーフを洗車する時がちょっと大変です。175cmの私でも背伸びしながら洗っています。センターメーターの写真を左に載せました。
最初は違和感がありましたが、慣れるとなんでもありません。
ナビもあると本当に便利ですね。画面をあまり見過ぎないように注意しなければなりませんが… 後ろは太陽光をカットするプライバシーガラスにしましたが、車内から外が見にくくなってしまいバックする時に気を使います。私としてはあまりお薦めできません。
実走行の燃費はまだ1回しか満タンにしていないので分かりません。分かり次第レポートしたいと思います。