Colin Wilson Web
Colin Wilson Web
Colin Wilson Web


This page
maintained
by ibid
since November 2000

ヨーロッパ文学から犯罪・オカルトまでを網羅するイギリスの鬼才 Colin Wilson の形而上学。
このサイトでは、彼の思索の軌跡を追っていきます。
総合辞典
Coliwiki総合辞典
夢遊病者たち
ブログ:夢遊病者の覚醒
掲示板
BBS
News & Topics
★当ウェブ・サイトが完全リニューアル(→旧HP
★Coliwiki開設!誰でも参加できるCW辞典編纂事業
★洋書で、CWの新しい自伝が出版されてます
★BBSとColiwikiへの書込み・情報提供を随時募集
当サイトの更新情報
                                                   

BLOG/BBS/Wiki

Blog夢遊病者の覚醒
CW情報BBS
Coliwiki
・→旧CW情報のメイン

外部リンク(国内)

・作家・小森健太朗の
 大きなお茶屋さん
・はらぴょん氏の↓
 薔薇十字制作室
・復刊ドットコム↓
 CW復刊特集
・2ch現役スレッド↓
 コリン・ウィルソン

外部リンク(海外)

The Colin Wilson Page
Outside the Outsider

文献情報

英語著作目録
邦訳著作目録
CW研究文献目録

殺人研究

殺人者辞典
主要研究書レヴュー
切り裂きジャックとリパロロジスト


オカルト・超常現象

オカルト総合
オカルト人物辞典
主要書レヴュー
・ラスプーチン
・グルジェフ
クローリー
・ウスペンスキー

コリン・ウィルソン略歴

 コリン・ウィルソン(Colin Wilson)は1931年6月26日にイギリスのレスターに生まれた。16歳で学校生活を離れ、独学で大英博物館に通いながら独自の思想を形成する。26歳のとき『アウトサイダー』(1956)がゴランツ社から出版されると多くの好意的批評が与えられることになり、彼は一躍有名になった。彼は当時の若手作家たちと共に怒れる若者たち(angry young men) と呼ばれることになる。アウトサイダーとは社会的な孤立の中で自己形成を果たす人々のことである。その状況は、多くの天才的人物を苦しめることになるが、それと共に、飛躍的な人格的成長を果たしてきた。このテーマに関して、彼は文学、心理学、哲学などから分析を与えたのである。『アウトサイダー』と同時に、彼は小説『暗黒のまつり』(1960)を執筆しており、彼の思想を別の形式で表現している。アウトサイダーに関連した一連の著作(アウトサイダー・サークル)を出版してからは、楽観主義を建設することに勤めるようになった。それと平行して、彼は研究の範囲を殺人や神秘主義や超常現象にまで拡大して、『殺人百科』(1961)や『オカルト』(1971)などの著作を発表。その後も研究を深めている。さらに、バーナード・ショー、グルジェフ、カール・ユング、アレイスター・クロウリーなどの伝記も執筆。彼は幅広い観点から自身の哲学を追求している。現在はコーンウォール在住。また、彼は数回来日しており、また、日本で数多くの著作が翻訳されている。『性のアウトサイダー』(1988)では、三島由紀夫なども論じている。主要著作には、『殺人百科』(1961)、『賢者の石』(1969)、『オカルト』(1971)、『至高体験』(1972)、『小説のために』(1975)、『右脳の冒険』 (1983)などがある。

コリン・ウィルソン未読者への推薦書

 彼はイギリスの思想家で、実存主義、心理学、文芸批評だけではなく、連続殺人、オカルトなど広範な問題を取り扱っています。日本の渋澤龍彦や荒俣宏のように、さまざまな謎を真摯に追求していることに、好感が持てます。
 まだ彼の著作を読んだことがない人には『右脳の冒険』がお勧めです。
 息子が死んだことで妻が極度の神経症に陥ってしまったことから、ウィルソンの友人ブラッド・アブセッツは夜も眠らないで彼女の看病を続けます。そのとき、彼は自分の内面にある種の能力を発見するようになる、という話です。この話の分析から、ウィルソンは自分の心理学的見地を興味深い形で展開しています。彼のエッセイの中でも、傑作の一つです。一読の価値はあります。
 この本は、平河出版社から出版されています。装丁もよく、一冊は持っておきたい本です。

アウトサイダー列伝

 ウィルソンの処女作『アウトサイダー』には、さまざまな文学者・思想家・芸術家が取り上げられています。その一人、ヘルマン・ヘッセに冠する項目をあげておくことにしよう。ウィルソンのヘッセ評価は影響力を持っており、ウィルソンの紹介を通じてヘッセを知るようになった読者も多いようです。(今回はヘッセ項目の前半部分。)
 第二に注目すべき人物は、バーナード・ショー。ウィルソンは彼の思想を高く評価し、詳しい評伝まで書いている。代表作の一つは『人と超人』。
 第三に、アンリ・バルビュス。『アウトサイダー』といえばバルビュスといった連想をしてしまうほど、冒頭での引用はアウトサイダー問題を的確に表現しています。しかし、彼の本は現在のところあまり手に入りません。岩波文庫の『地獄』は今再版されているのだろうか……?チョット心配です。
 ちなみに『アウトサイダー』と題する作品は本当に沢山あります。アルベール・カミュの『異邦人』の英訳は『アウトサイダー』だし、H・P・ラブクラフトの短編にも『アウトサイダー』という作品があります。有名なところでは、コッポラの映画の『アウトサイダー』(原作はヒントン)。他にも、講談社学術文庫にはハンス・マイアーの『アウトサイダー』(だが、この本の中にはウィルソンの名前は出てこない。むしろヨーロッパ文明論である)。歴史書には『中世のアウトサイダー』という翻訳書がありますが、これは訳者のつけた日本独自のタイトルのようです。それに、河上徹太郎の『日本のアウトサイダー』も見落としてはならないでしょう。漫画でも『アウトサイダー東宗介』というのがあるようです。美術好きの人ならば、「アウトサイダー・アート」というジャンルがあることも知られています。「アウトサイダー」という響きのよさをCWが発見した功績は案外と大きいものなのかもしれません。
 ちなみに、ウィルソンが「アウトサイダー」という言葉を見つけたのは、バーナード・ショーの著作の中だったらしい。ショーの重要性はあまり認められていない状況にあるようですが、ウィルソンの思想にとっても極めて強い影響を与えています。

小 説

ジェラード・ソーム三部作
・サイエンス・フィクション
・リード&バトラー二部作
 『ガラスの檻』
 『黒い部屋』
・その他の小説
・登場人物辞典


文芸評論とその他

・文芸評論
・その他



映画・放送情報

『スペース・バンパイア』
・トビー・フーパー
・CW出演のTVとビデオ
・CW関連の映画とTV


CW年譜と地域情報

・CW年譜
・CWの実像を追う
CWの家族
・CWの友人


CWと日本

CW翻訳者列伝
・日本のアウトサイダー
・CWと関連のある人々

<管理者ibidより>

  • このサイトは製作途中のため、内容は不定期に変更されます(掲載後の文章も順次修正していきます)ので、すでに訪問済のページも再度チェックしてみてください。
  • リンクはフリーです。できれば,トップ・ページへのリンクをお願いします