このページのトップへ

ここ旅トップへ戻る

30分もあれば一周できてしまう町には自然あり、営みあり、活気あり。とても不思議な街でした。

■ブルージュ Brugge

【ここちよい旅 ベルギー編】
ここちよい旅のブログです。訪れた日の様子を紹介しています。

【旅ごはん・たび宿 ベルギー編】
各地の料理・ホテルなどを紹介しています。

【世界の新聞読み比べ ベルギー編】
各国の新聞を勝手に読み比べているブログです。
ヨーロッパの中でも昔ながらの原風景が多く残る国・ベルギー。人気のブルージュ、アントワープをはじめ、南部のワロン地方まで足を延ばし、中世に築かれた古城やギネスブックに世界で一番小さな街として登録されているデュルビュイにも行ってきました。もちろん、ワッフルやチョコレート、ベルギー料理&ベルギービールも楽しんできました!!
幾度となく戦争の犠牲となった街・ディナン。町の中心にある岩山の上にそびえ立つシタデルは、その様子を今に伝えていました。しかし今は平穏な時が流れ、シタデルからの大パノラマは見事でした。町から少し足を延ばすと、廃線を利用したサイクルトレインがあり、“エコアスレチック”が楽しめました。またこの時期は菜の花があちらこちらで見られ、春の訪れを告げていました。


 【日 時】 2007.3.30-2007.4.1 / 4.10 / 4.12 / 4.13 (6日間)
 【費 用】 1Euro 160円
 【備 考】 オランダの宿泊費、4月13日の費用は含めず  
小高い丘の上にそびえるヴェーヴ城。18世紀の調度品が飾られ、貴族の暮らしぶりを感じることができました。お城の形も五角形になっていてとても特徴的でした。
【インフォメーション】
http://chateau-de-veves.be
日本語の説明書あり
10:00〜18:00(4,10,11月は17:00まで、月休)
※皇太子殿下もご訪問されました。
(写真)放牧されている牛。とんがり帽子の屋根が特徴の教会。どこまでも続く木々。都会での雑多を忘れ、心が癒される光景でした。

<鐘楼周辺> 

日 時 訪問地 滞在先
2007.3.30 ディナン ディナン  
2007.3.31 ヴェーヴ城 ディナン  
2007.4. 1 デュルビュイ ディナン
2007.4.10 アントワープ(ベルギー) Yerseke
2007.4.12 ブルージュ(ベルギー) Sluis
2007.4.13 バールレ・ヘルトホ ドイツ・エッセンへ  
【目次】
■ディナン南部・ワロン地方)
■ヴェーヴ城(アンデンヌ古城)
■デュルビュイ(世界一小さな街)
■ブルージュ(フランドル・水の都)
■アントワープ(ネロとパトラッシュ)
■バールレ・ヘルトホ
     (オランダ内にある飛び地)
■ベルギーのホテル
■ベルギーの食べ物あれこれ

(写真は中世の雰囲気が残るヴェーヴ城より)
【ルート】 フランス・パリより入国。ディナン → アルデンヌの古城 → デュルビュイ → オランダ・キンデルダイクへ // オランダより、アントワープ、ブルージュへ日帰り旅行、その後、バールレ・ヘルドホを経由してドイツ・エッセンへ。
   99,680円(▲39,360円)
      ※1日あたり19,936円(5日間で計算)

■ディナン Dinant

<サイクルトレイン>

【Koichiro&Miho】★★★★★
ディナンから車で10分ほど行った渓谷の中あります。目の前には森があり、小川が流れていて、空気もとてもきれい。小鳥のさえずりが響き渡っています。お部屋は3階が屋根裏のようになっています。オーナーの趣味であるアンティークなグッズもインテリアとして飾られていて、自然にベルギーの生活を知ることができます。
Moulin de Lisogne
Rue Lisonette 60
Tel +32 82 226280
info@moulindelisogne.be
http://www.moulindelisogne.be
1泊86ユーロ(割引してもらいました)
バスタブ、トイレ、朝食付き

<ディナン>

<ブリュッセルワッフル>

<リエージュワッフル>

<ディナンのレストランにて>

<チョコレート>

■ブログでも紹介中!!

(写真左)突如として現れた菜の花畑。バイオディーゼルの燃料として使われるそうです。(写真上)緑と黄色と水色のコントラストがとても鮮やかでした。
サクサク感とアイスは絶妙!!     もちもちとしてふんわり感があります!  1口サイズのチョコは贅沢な一品!!
   白アスパラの料理            サーモンのクリームソース和え       苺と生クリーム&アイスクリーム

BELGIUM

presented by cocotabi
(写真上)シタデルからムーズ川を臨みました。(写真右)シタデルから見るディナンの街並み。
廃線となった線路の上をペダルをこぎながら進むアスレティック。山間を走りながら眺める光景は格別!!いい運動をして、いい空気を吸った後のビールも格別でした!!

<牧歌的な光景> 

■ヴェーヴ城 Chateau Veves

貴族の生活ぶりをうかがわせる城内。(写真上)石畳の床と暖炉。上には剣が飾られています。(写真右上)壁には多くの写真が飾られています。(写真右)くつろぐ間と食卓。椅子やテーブルがとてもおしゃれで、じゅうたんやクロスもとても上品な感じでした。

■デュルビュイ Durbuy

深い緑に覆われた中にある世界一小さな街・デュルビュイ。絵本に出てくるような街でした。街にはこんな小さな街に多くの人々が訪れていました。本格的なフランス料理が楽しめたり、地元のベルギービールが手にできたり、ハイキングコースがあったりと、いいところを凝縮したような街でした。
デュルビュイの街並みは石畳が敷かれていて、とても趣がありました。
Brugge ブルージュ
茶色のレンガ造りと運河の街並みはとても美しく、心が和む光景です。街の中心にある鐘楼からはブルージュの街並みを見下ろすことができ、おとぎ話にでてきそうなかわいらしい家々を見ることができます。ビール醸造所では工場内を見学でき、ベルギーのビール文化に触れることができました。また、リースが有名で知られていて、おばあちゃんのデモンストレーションは一見の価値ありでした!!

■オランダのSluisから日帰り旅行
13〜15世紀に建てられたという鐘楼。ブルージュの街並みとフランドル平原のパノラマはとても素敵でした。また最上階まで向かう途中、時計の仕組みを見ることもでき、鐘の音色も間近で聞くことができました。

<ビール醸造所見学> 

【インフォメーション】 ストラック・ヘンドリック(Staffe Hendrik/De Halve Maan)
http://www.halvemaan.be 入場料は10ユーロ。定時にガイドツアーあり。
ビールグラスや世界の缶のコレクションは見ごたえ十分!!もちろん最後に試飲の楽しみもあります!!
ビールの缶もずらり!!日本のビールも発見!!アサヒ「スーパードライ」やキリン「一番搾り」などもありました!!
ベルギーでビールを飲む時は、銘柄によってグラスが変わるのが印象的!!

<ブルージュといえば> 

ブルージュと言えば運河とリース。街中ではレースを編むおばあちゃんの姿を見ることができます。その手さばきはさすがです!!

■アントワープ Antwerpen

Antwerpen アントワープ
港、ダイヤモンド、ルーベンスとして知られるアントワープ。中でも街の中心にあるノートルダム大寺院にあるルーベンスの祭壇画「聖母被昇天」はフランダースの犬でお馴染みのネロとパトラッシュが最後に見たとされる絵。こじんまりとした街ですが、昔ながらのアンティークな建物が多く残り、芸術を感じる街でした。

■オランダYerskeから日帰り旅行■
ネロとパトラッシュが登場する「フランダースの犬」は日本人にとっては、名作中の名作。晃一郎は3度目のアントワープでようやくルーベンスの絵画にたどり着くことができました。さらに、近郊の街・ホーボーケンにも行き、ネロとパトラッシュの像を見てきました!!

■バールレ・ヘルトホ Baarle-Herthog

Baarle-Herthog
(ベルギー名:バールレ・ヘルトホ)
(オランダ名:バールレナッソー)

オランダの中にあるベルギーの飛び地です。さらに不思議なのは、その飛び地の中に、オランダの領地もあるのです。街の中にはいくつもの国境線があり、何度も国境を越えました(笑)。この街にはベルギー・オランダ両国の教会、議会があるそうです。かつて2人の領主がいて、複雑な歴史も合わさり、現在のような入り組んだ国境?があるそうです。街にはベルギーとオランダの国旗が掲げられ、チーズもチョコレートもあり、両国を一度に旅しているみたいでした。
■ドイツ・エッセンに向かう途中に訪問■
(写真左)周りはオランダなのに、ここではベルギーの看板がいっぱい!!(写真中)両国の国境はいたるところで簡単に横切れます!!(写真右)レストランやおうちにはベルギーとオランダの国旗が掲げられています。

■ベルギーのホテル

■ベルギー料理

<菜の花畑> 

<エスカルゴ養殖場> 

エスカルゴの養殖場にて。すのこ板の裏にはエスカルゴがぎっしり!!左の写真は孵化したばかりのエスカルゴ。これらはフランスに輸出されるそうです。
街中を走る馬車。石畳を踏むひづめの音が街中に響いていました。
街にはウルト川が流れ、森に囲まれ、自然あふれるところでした。
ピンクビールの定番

<ベルギービールあれこれ>

ブルーベリービール!
黒ビールはいまいち…
ビール醸造所にて!
白ワインもgood!!
写真はベルギー生まれのタンタン!!