遺跡/目的 料金 日本円 備 考
<ダハブ>
体験ダイビング 260£ 5,460円 セブンヘブンで申し込み
<カイロ>           
ピラミッド周辺 50£ 1,050円 357番乗り場はラムセスヒルトン近くの広告塔の下
クフ王のピラミッド内 100£ 2,100円 午後2時過ぎでもチケット購入可
ピラミッド音と光のショー 60£ 1,260円 木曜日午後6時半(冬時間)は日本語
考古学博物館 50£ 1,050円 英語の音声ガイドあり(日本語はなし)
同ミイラ展示室 100£ 2,100円 展示室前で別途購入
<ルクソール>        
王家の谷 72£ 1,510円 3つの墓を選択、王家の谷内の交通費2£
ツタンカーメンの墓 80£ 1,680円 入口で事前にチケットを購入
ハトシェプスト女王葬祭殿 26£ 550円 葬祭殿内の交通費1£
ラムセウム 25£ 530円 チケット売り場で事前に購入
ルクソール神殿 40£ 840円 ライトアップあり
カルナック神殿 50£ 1,050円 音と光のショー(日本語)は火曜日
<交通費>       
ワゴン・リー 60USD 7,200円 USDの支払い
■遺跡の入場料、その他の費用の一覧(2007.2現在)
【ダハブ→ルクソール】
バス 1人115£(夕方4時発、翌朝9時着)
※トイレはあるものの、電気、水は利用不可

【ルクソール→アスワン】
電車 1人41£(1等利用、朝9時半発)※所要約3時間

【アスワン→カイロ】  ※夕食、朝食付
電車 1人120USD(ワゴン・リー利用、夕方6時発、翌朝8時過ぎ着)
■エジプト国内の移動
【Karnak】
カルボナーラは最高でした。
パンを食べたら、料金に加算されます。
その他、軒並み良心的な安さ。
【Kwickly】
タジンなどもあります。
パスタは10£ながら、おいしいです。
店員の動きもテキパキしています。
【Big chiken?】
定食はかなりお値打ち。17£前後。
店頭にチキンの丸焼きがあり、
マンゴジュースはオススメ。
【The Lanthern】
中級中華レストラン。
前菜にキムチなどが楽しめます。
味は日本人好み。少し高めです。
【Nesima】
Nesima Resort内レストラン。
パスタが30£ほど。
Wi-fi(無線LAN)あり。
【Araddin】
海を眺めながら食事ができます。
パスタは20£〜。
新鮮な魚介類もあり。
【Oxford Restraunt】
セットメニューは約20£〜。
ベドウィンカラマリはオススメ。
サラダ、スープ、パンなどボリュームあり。
【KOCHARY HOUSE】
一番安い「small」で2£。
スペシャルはトッピングが増えます。
カリカリの玉ねぎのフライがgood!!
【El FAYROUZ】
オススメはビーフストロガノフ。
ミートボールもおいしいです。
パスタはカラマリが一押し!
<ダハブ>
【Mohamed】
味付けは日本人好み。
スープもダシがきいていて最高。
1食2人で約90£ながら、価値あり。
【Mc Donald】
マックアラビアを注文しました。
目の前はルクソール神殿です。
バスタオルは限定品です。
【El basha Restraunt】
西岸の船乗り場から5分ほど。
月に1度ほど、パーティーあり。
値段はやや高めです。
【El Salam Hotel】
ホテルの屋上にあります。
人気は玉子丼!(つゆだくでした)
味は料理人によって、変わるそうです。
【Amon Hotel】
昼食は30£、夕食は64£。
量が多いので、1人分で十分。
日替わりでメニューが楽しめます。
<ルクソール/アスワン>
【KFC&ピザハット】
スフィンクス前にある店舗。
1階はケンタッキー、上部はピザハット。
音と光のショーは屋上から見られます。
【北 京】
高級中華レストラン。
お味は中華でもかなりおいしい。
料金はやや高めです…。
【Novotel Hotel】
パスタは日本のように硬め。
サイドメニューのパンもピザのよう。
ホテルの割りにパスタ30£と良心的。
【El Nil Fish】
魚をキロ売りしてくれます。
揚げたてのエビのフライは絶品。
ライスもとてもおいしかったです。
【Felfela】
テイクアウトもあり。
ダック料理も食べられます。
大勢の観光客でにぎわう人気店。
【Gad】
1階が立ち食い、2階がレストラン。
ケバブ、コフタはGOOD!!
20£前後でボリュームたっぷり。
<カイロ>
■各都市のレストラン Restraunts  $…10−20£、$…20−50£、$…50£以上 (すべて目安は2人分)
場 所 名 前 £ 詳 細
カイロ HANY internet 2 歩き方にあり
ルクソール Europa(西岸) 5 船乗り場近く
アスワン PHILAE Net 5 フィエラH近く
ダハブ DOWNLOAD.Net 3 上記図参照
【メ モ】
上記の料金は1時間あたり。
交渉により割引あり。
Europaには、コピー、国際電話もあり。

■インターネットカフェ Internet cafe
Mohamed Geust House
houseboat on the Nile
Tel +20 123837725
bomhei@gmx.de
http://www.hausboot-am-nil.de
1泊181£(シャワー・トイレ付、朝食付)
アスワン駅からの送迎あり(有料)
【Koichiro&Miho】★☆☆☆☆
ロングツアーを申し込んだら、従業員の手配違いで行けなくなる羽目に…。スークに近い一方で、夜もクラクションの音などがうるさく、老朽化が進んでいることなどが気になる人にはあまりオススメしません。
El-Salam HOTEL
101 Shaari' il-Korniish
Tel +20 972302651

1泊68£(シャワー・トイレ付、朝食付)
ロングツアーの申し込み可。
ナイルビューの部屋もあり。
<ダハブ>
【Koichiro&Miho】★★☆☆☆
歩き方から消えてしまいましたが、大勢の日本人、韓国人をはじめ、各国のパッカーが滞在していました。ダイビングの取得は他のショップと比べて安く、宿泊者はシュノーケング器具の貸し出しが無料。
Seven Heaven
il-Masbat Dahab
Tel +20 693640080
http://www.7heavenhotel.com
1泊60£(シャワー・トイレ付、朝食なし)
ダイブショップを併設
インターネット 1時間4£
【Koichiro&Miho】★★★★★
値段は交渉して150£に。毎朝、オムレツやクレープを焼いてくれます。目の前にはプール、紅海が広がり、対岸のサウジアラビアから昇る朝日を見ることができます。最長となる2週間、滞在しました。
NEW SPHINX HOTEL
il-Mashraba Dahab
Tel +20 693640032
info@sphinx-hotels-dive.com
http://www.sphinx-hotels-dive.com
1泊150£(シャワー・トイレ付、朝食付)
ダイブセンターを併設/朝食はビュッフェ式
<アスワン>
【Koichiro&Miho】★★★★★
アスワンからボートで15分ほどいった上流に停泊している船が宿泊先。ヌビア人のモハメッドはとても親切で、手料理も最高においしいです。雑多なアスワンを離れ、ナイルのほとりでゆったり過ごせます。
<ルクソール>
【Koichiro&Miho】★★★★★
Lonly Planetの一押しホテル。中庭には緑が広がり、心地よい空間が広がっています。料理のレベルも高く◎。場所は西岸ですが、東岸のようなうっとうしさがなく、静かに過ごすことができました。
AMON HOTEL
Luxor West Bank Geziret El Bairat
Tel +20 952310912
amonhotelluxor@hotmail.com
http://www.amon-hotel-luxor.com
1泊160£(シャワー・トイレ付、朝食付)
バスターミナルまでの送迎あり

ページのトップへ戻る

ここ旅トップへ戻る

街の真ん中に建つルクソール神殿。夜のライトアップされた神殿はとても神秘的でした。昼間は赤褐色のような建物も光に照らされると、座像や文字が浮かび上がってくるような感じで幻想的な雰囲気でした。

古代の遺跡が数多く残るエジプト。ピラミッドをはじめ、多くの神殿跡からは、当時の壮大な王の様子を図り知ることができます。一方で、シナイ半島は紅海に面していて、リゾート地として、まったく違う一面がありました。遺跡めぐりとダイビングという異なるジャンルがあるエジプトに1カ月滞在した時の様子をお届けします。

古代のファラオが建てたピラミッドは偉大でした。クフ王のピラミッドの中にも入り、玄室に向かいましたが、このような精巧なものをどうして作ろうと思ったのか、創造をはるかに超えるものでした。特にパワーを感じたわけではありませんが、とにかく大きさと魅惑に満ちた建造物にただただぼう然とするだけでした。

【目次】
■ギザのピラミッド
■ルクソールの遺跡
・ルクソール神殿
・カルナック神殿
・メノメンの巨像
・王家の墓
・ハトシェプスト葬祭殿
・ラメセウム
■アスワン/ナイル川
■ダハブでの生活
■エジプトのホテル
■インターネット
■各地のレストラン
■エジプトの移動情報

(写真)ライトアップされたルクソール神殿より
■ギザのピラミッド Pyramids 
エジプト初の女王ハトシェプストの葬祭殿。壮大で美しい状態が今でも残っているのは圧巻です。内部の柱もとてもきれいな状態で残っていました。
カルナックにはいくつもの神殿があるそうです。西岸の遺跡や神殿跡、さらにルクソール神殿を見た後に立ち寄ったため、少し遺跡ボケしている感じでした。しかしながら、134本の巨柱が立ち並ぶ大列柱室は圧巻。高さは高いもので23m。とても壮大でした。また、周囲を回ると願いがかなうと言われているスカラベもしっかり回ってきました(笑)。
<王家の谷> Valley of the Kings
<ハトシェプスト女王葬祭殿> Deir el Bahri
ラメセス2世のオシリス柱前でイギリス人のベン&スージーとともに
<ヌビアの村>
presented by cocotabi

EGYPT

 【日 時】 2007.1.27-2007.2.23 2.28-3.1 (29日間)
 【費 用】 9,462£+189USD (1£=21円、1USD=120円)
   221,380円(▲11,380円)
 ※1日あたり7,634円(交通費、入場料代含む)
日 時 訪問地 費 用 ホテル 備 考
2007.1.27 ダハブ 39USD/102£ Seven Heaven 入国ビザ(30USD=2人)
2007.1.28-2.10 ダハブ 3,980£ New Sphinx Hotel 体験ダイブ、シュノーケリング
2007.2.11 ダハブ→ルクソール 630£ バス車中泊 バス代(230£=2人)
2007.2.12 ルクソール 277£ Amon Hotel 東岸→西岸TAXI代50£  
2007.2.13 ルクソール西岸 799£ Amon Hotel チャーター1台120£
2007.2.14 ルクソール東岸 356£ Amon Hotel 遺跡代(586£=2日間)  
2007.2.15 ルクソール 505£ Amon Hotel ジュラビア(130£)
2007.2.16 アスワン(ナイル川中流) 375£ Mohamed House 電車代(82£=2人)  
2007.2.17 アスワン(ナイル川中流) 163£ El-Salam Hotel   
2007.2.18 アスワン→カイロ 120USD/73£ ワゴン・リー泊 電車代(120USD=2人)
2007.2.19 カイロ 307£ Vitoria Hotel   
2007.2.20 カイロ 879£ Vitoria Hotel 遺跡代(600£)  
2007.2.21 カイロ 258£ Vitoria Hotel   
2007.2.22 カイロ 572£ Vitoria Hotel 音と光のショー(120£=2人)  
2007.2.23 カイロ→ケニアへ 165£ 機内泊 空港までTAXI代(40£)  
2007.2.28 ケニアから入国 120USD Novotel Cairo Airport 入国ビザ(30USD=2人)
2007.3.1 カイロ→バルセロナ 173£ 機内泊   


■ルクソールの遺跡 Luxlor
<ルクソール神殿>
<カルナック神殿>
新王国時代に岩を掘って造られたファラオのお墓。私たちは、ラメセス1世、ラムセス9世、トトメス3世のお墓と、ツタンカーメンのお墓を見てきました。美しく残る壁画から、その壮大さが伝わってきます。ツタンカーメンは、人それぞれ感じることが違うかもしれませんが、晃一郎に限っていうと、ヒントがいっぱいありました。
座像は新王国時代の王アメンホテブ3世のもの。2体あるうちの1体は補修工事中でした。また、座像の後ろは葬祭殿があったそうで、発掘調査が行われていました。
(写真左)壮大な大列柱室。(写真上)スカラベの前でカイロから来たという大学生の兄ちゃんたちと一緒に記念写真。
<ラメセウム> Ramesseum
ラメセス2世の葬祭殿。巨大なオシリス柱が4本並んでいました。手前には座像や足、首などがありました。観光客もほとんどいなくて、周りもサトウキビ畑なので、とても静かな感じ。遺跡をゆっくり楽しむことができました。(写真左)足はとてつもなく大きかったです。(写真上)ラメセウムで休息。
(写真上)音と光のショーより。ライトアップされたスフィンクスとピラミッドは幻想的でした。(写真左)スフィンクスの前にあるKFC&ピザハットより。(写真右)夕陽がピラミッドに落ちていく瞬間は、本当に神秘的でした。
(写真上@)最大といわれるクフ王のピラミッドの岩の様子と、カフラー王のピラミッド。(写真左)。一つの岩はとてつもなく大きかったです。(写真上A)カフラー王とメンカウラー王のピラミッド。上部にはまだ化粧岩が表面を覆っていました。
■アスワン ヌビアの人々とともに Aswan
ワニは大事に育てられています
家にはワニと絵画があるのが特徴
ヌビアの人々の会話の一幕

セブンヘブン■

中華・ランテルン●
WHY NOT◆
CD Shop◆
シーフード料理●
“エジ定”●
チキン料理●
パスタなど●
●タジン/定食
■New Sphinx
◆ネットカフェ
ネシーマ●
2007年2月に値上げ。パスタは安くておいしいです。定食は20£。
1時間3£。ノート持込可
Wi-fiあり
スカーフを買いました。エジプトの中でも、一番品質が良く、種類が豊富なお店だと思います。値段は交渉しだいですが、私たちは8枚300£で交渉成立しました。
◆ATM
橋の近くにあるのですぐに分かります。値段はやや高めですが、おいしいです。私たちはスープ×2、ライス×2、お茶、メインで60£ほどでした。
ベドインカラマリがおすすめ
とにかく定食が安い
■ダハブ Duhab
■エジプトのホテル Aswan
【Koichiro&Miho】★★★★☆
部屋が広く、天井も高いので、ヨーロッパのホテルに泊まっているような感じでした。朝食のビュッフェは普通。中心部から少し距離はありますが、地下鉄のアタバ駅も近いので、あまり苦になりませんでした。
VICTORIA HOTEL
66 Gomhuria St.Cairo
Tel +20 25892290
info@victoria.com.eg
1泊41USD(バスタブ・トイレ付、朝食付)
ランドリーサービスあり
インターネット設備あり
<カイロ>
ナイル川のほとりに停泊している船で過ごす時間は、時の流れを忘れ、無になることができました。オーナーのモハマッドはヌビア人。とても紳士的で、癒されます。
<メムノンの巨像> Clossi of Memnon
■ワンポイントアドバイス■
1)閉門時間30分後くらいにピザハットで軽食。窓側で夕陽を撮影
2)6時過ぎ(夏期は別時間)になったら、ピザを注文。屋上で見学
3)隣りのコーヒーショップへ
【Koichiro&Miho】★★★★☆
トランジットのために利用しました。空港からすぐなので、とても便利でした。楽天で申し込んだら、チェックアウトが14時(通常12時)になっていました。ネットはWi-fiの1日券が90£。朝食はビュッフェ形式。
Novotel Cairo Airport
In fornt of Air Port
Tel +20 22918520
http://www.novotel.com
1泊90USD(バスタブ・トイレ付、朝食付)
楽天トラベルで申し込み
空港からの無料送迎あり
ダハブ・マップ

このページのトップへ

ここ旅トップへ戻る

■エジプトで出会った人たち(一部)