自分の物差しで(人と比べない)


人生は長い。私は場面緘黙を克服しすぐに一気に働いたら統合失調症になってしまった。今も戦い中。

私は何時も同い年の仕事をバリバリしている人に引け目を感じ、社会性のある妹や従兄弟に引け目を感じ生きてきたところがあった。

そのころは苦しかった。今の自分にできることを探そうとしてもお見合いぐらいしかなかった。

でもある時思った。人生は長い。人と比べるのはやめた。私は私。世界にたったひとつ歯科に私の人生なんだ。もっと尊重しよう。

人と比べるのをやめたら楽になった。焦ってもぶり返すだけ。人生は自分の物差しで決めればい。共通の物差しや価値観なんてないんだ。

常識や価値観なんて時代や国によって変わるもの。スタートが多少遅れても人生振り返ってみれば大した事ないじゃないか?自分よ、思いつめるな。

そして目標は大事だよ。集団がだめなら自分でできそうなことを探せばいい。ゆっくりね。

自分にとって最も有意義なことに価値を見出せばいい。人が色んな道楽に目をやっていたって私はそれに価値を感じない。

価値は自分で決めるんだよ。自分にとって最高なものなら金のブレスレッドじゃなくたってフェイクだっていいじゃないか。立派に輝いてる。

今は変な時代で物の値段なんてあってないようなもの。人と同じじゃつまらない。自分に似合う服、服・・それは私の表現手段だとさえ思っているよ。

服は私にとって出会い。そして自分らしさを大事に。1度は流行に乗ってみようとしたが乗れなかった。それでいい。

今は古着とかの世界の中で生きていてとても私らしく自分を演出して生きている。ちょっとぐらい逸脱していても、気品は失ってないつもり。だから服は私にとって一生もの。そして私はやりくり上手。工夫は大事だよ。

みんな自分を追いこまないでせかせかしないで立ち止まってご覧。

人と比較して自分をだめだと決めつけるのはやめてご覧。

とっても自由に、きっと憂いなんて吹っ飛んじゃうよ。あなたは怠け者ではないし、あなたらしい人生を送ればいいからあなたは自分の物差しをだいじにね。

昔からゆうでしょ?大器晩成、慌てる乞食は貰いが少ないですよ。


見出しへ戻る

今日気付いた事/癒し方/元気の出る本/

私の過去たち・現在の私/第2ステップ/第3ステップ/趣味