線が伸びてくアニメの連番PDRを吐くツール

●このツールについて
線が伸びてくアニメの連番PDRを吐くツールです。
ダウンロードして解凍し、pdr_line.exeを起動してください。
PDRファイルをウィンドウ上にドロップすることで、連番PDRが作成されます。
出来たPDRファイルをファイル名順にイベントに入れて、使用してください。

このツールは、HSP3.0で作成しています。

ダウンロード→pdrl_04.lzh(88KB)
↓こんな感じのものを作ったりするのに使えるツールです
pf.swf



●作業手順
1.ParaDrawでPDRファイルを開き、表示順にパスを並び替える(背面から前面に向かって作られます)
2.ファイル数がすごいことになったりするので、新しいフォルダを作って1のファイルを入れる
3.pdr_line.exeを実行して、必要ならオプションにチェック
4.ウィンドウ上にPDRファイルをドロップする→ファイルが作成される
5.pflの編集
 よくわからないという場合は「PFLファイルを作成する」オプションにチェックして、PFLファイルを出力してみてください。
 パスの数&角を尖らせる、が多くない&元のPDRファイルが20KB以下なら、そのままで使えると思います。

5−1.自分でpflファイルを作成する
・「深度変更をしないで〜」を未チェックでファイルを作成した場合は、元ファイル名_パスNo_分割1 までがいっしょのファイルは同じ深度になるように、分割2の数字が小さい順からイベントに追加する
(元ファイル名_パスNo_分割1 が変わるごとに深度を変えてください)
・「深度変更をしないで〜」をチェックしてファイルを作成した場合は、ファイル名順にイベントに追加する
(深度変更はしなくても大丈夫ですが、「深度変更をしないで〜」を未チェックと比べると、ファイルサイズは大幅に増えます)

5−2.pflファイルを出力した場合
・出力されるpflファイルのプロジェクトのプロパティは以下の通りになっています
 ステージサイズ:pdrファイルのキャンバスサイズ
 FPS:12
 SWFバージョン:SWF6
 背景色:#FFFFFF(白)
 ファイルリストを相対パスで保存
・深度が-256〜255の範囲内で二周以上していない場合はそのまま使用できると思います。二周以上している場合(ファイル作成終了時に「深度の上限を超えています」のメッセージが出る場合)は深度が重なる部分が同時に表示できませんので、 こちらを参考にしてpflファイルを編集してください
・「次ファイルへモーフィングさせる」をチェックした場合は自分で必要な部分のフレームカウントを変更してください。ParaFla Ver1.00RC2 (Build:20060701)からフレームカウントをショートカットキーで変更できるようになっています。
(SHIFT+「;」「:」キーで選択したイベントのフレームカウントを1ずつ増減、CTRL+SHIFTで10ずつ増減)
・パスの切り替わりがわかるようにラベルを置いています。パスの表示順を変更する場合の目安にしてください

●作成されるファイルについて
・作成されるpdrファイル名は「元ファイル名_パスNo_分割1_分割2.pdr」「元ファイル名_パスNo_okikae.pdr」、または、「元ファイル名_連番」になります
・アンカーを打った順にpdrが作られます
・描画中は、「パスを閉じる」は無視されて「パスを開く」で処理します
・「深度変更をしないで〜」を未チェック時は、パスを閉じる、になっているものは描画終了後のパスを閉じた状態のファイルも作成します
 「元ファイル名_パスNo_okikae.pdr」
・総ファイル数は、 アンカー数 − パス数 + 閉じているパスの数(= アンカー数 − 開いているパスの数) になります
・作成されるpflファイルのファイルサイズはかなり大きくなることもあります。数MBとか・・・
・ファイルは、元ファイルがあるフォルダに作成されます
・同名のファイルがすでに存在する場合は上書きされます
・作成に失敗する可能性もあります(ParaDrawで開けない、pflファイルが開けない、等)
・複合パスも通常のパスとして扱われます

●利用する際の注意
 フリーウェアです。
 このツールを使用することによって生じたいかなる損害についても、作者は責任を負いません。
 ご利用は自己責任でお願いします。

●動作環境
 Microsoft Windows 98以降らしいです
 レジストリはいじってないです

●すぺしゃるさんくす
 猿設計さん サイト:KeyFrameFlasher
(PFLファイル出力部分のスクリプトとParaFla!Ver0.7a5pflのフォーマット覚書txt を参考にさせていただきました。ありがとうございます)
 part6 380氏
 テストしてくださった職人さんたち
●更新履歴
 2006/10/17 Ver0.4 PDR030(ParaDraw Ver0.3a1)対応
 2006/7/4 Ver0.3 PFLファイル出力、モーフィングオプション追加
 2006/6/13 Ver0.2 深度変更をせずに済むオプション追加
 2006/5/26 Ver0.1 公開



●過去バージョン
 Ver0.3 pdrl_03.lzh
 Ver0.2 pdrl_02.lzh
 Ver0.1 pdrl_01.lzh



 ●内部エラー12が出る場合
 ドライブ直下にDLし直して(ファイル移動はせずに直接ドライブ直下にDLしてください)フォルダ付き解凍をし、このフォルダ内(exeがあるフォルダ内)にPDRファイルを置いて試してみてください。
 それでもダメなら、解凍ソフトを変えてみてください。
 それでもダメなら・・・あきらめてください('A`)
 
※Ver0.2以前でエラーが出ていた場合、Ver0.3でエラーが出なくなっているかもしれません。



戻る