医療コーチング

『説明が無い』 
『話を聞いてもらえない』 
『一方通行の様な気がする』 
『事務的な対応』など
患者さんが抱かれる不安や不満の多くが、
患者さんとの コミュニケーション不足が要因となっています。

さらに

『スタッフがいつも怒られていて、こちらまでビクビクしてしまう』
『院内に冷たい空気が流れている気がする・・・』
と言った極端な例も少なくありません。
この様な院内スタッフ間のコミュニケーションが十分とられていない場合、
ささいな事がきっかけとなって、ミスにつながるケースも考えられます。

また

度重なる保険点数の見直しにより、
個々の目標管理の設定とそれをいかに維持するかが、
今の医療現場に早急に求められるものといえます。

適切な目標設定とスタッフそれぞれのモチベーションの継続のために、
さらには治療における患者様の目標達成をサポートしていく観点からも
管理職のみならず、スタッフ全員のコーチングスキルの習得が
医療業界全体に波及しつつあります。

一例をとれば、アメリカで導入されつつあるケアアンバサダーの育成にも
このコーチングの概念は息づいており
糖尿病疾患において確実に効果を生み出しています。


そこで、st.セラフでは接遇・コーチング研修をはじめとして、
医院単位でスタッフ全員の方のパーソナルコーチングをお薦めしています。


医療現場に対応した医療コーチングにより
貴院にもモチベーションアップ・コミュニケーションアップ、
さらには目標管理設定の効果を。


詳しくは
こちら をご覧ください。




当サイトの許可無く、本文書の一部あるいは全文コピー並びに転用を禁止します。
Copyright©2006 st.Seraph&Akiniwa Naoko All rights reserved.