トップページ

樹齢100年以上の、「銘木」を扱う製材業「丸優木材」の二代目だからできる、作品達をご紹介

「銘木」とは樹齢「数百年」さまざまな環境の変化に耐え忍び「こぶ」や「ねじれ」など自然のままに木目が生み出す模様(杢)を持つ木のことを言います。

杢は、模様の美しさ面白さだけでなく、脂を多く含み、艶があり腐りに強い特徴があります。

子供の頃からそんな銘木の切れ端を「もったいない」と思い彫刻を始めたのが二代目太田貴之の作品作りの始まり。

現在は、製材業、手掘り彫刻、チェーンソーアートと、気の強い嫁の作品作りのお手伝いも。。。

そんな毎日をバリバリこなしております。

 

OTAギャラリー

商品イメージ

○三猿(注文品)

作:太田貴之 杉の赤身使用。チェーンソー彫りサンダー仕上げ。木彫オイル塗装。

商品イメージ

○シーサイド ガーデン( 売済)

作:太田美佐 シナ合板使用。アクリルペイント。箱型。流木装飾。

イベント、出品情報

2015年8月18日~26日
豊川信用金庫菰口支店にて太田貴之手彫り木彫ペット作品展