クレマチスガーデンにようこそ!

あなたは Counter番目のご来園者です。



さわやかな初夏の風のうけ、家のフェンスや庭の垣根を華麗に彩る、つる性植物の花「クレマチス」。その華やかな咲き姿の中にも、日本人好みの渋さと素朴さを合わせ持ち、古くから愛好家の多い花です。このページは、クレマチスをテーマにしたインターネット上での仮想ガーデンです。


クレマチスとは

クレマチスは、キンポウゲ科クレマチス属で、つる性宿根草の植物です。クレマチスという呼び名よりは、「テッセン」という名で広く一般に知られていますが、テッセンは江戸時代に中国から渡来し、茶花として愛された白い花弁に紫色の弁化したおしべを特徴とするクレマチスの一品種(原種)のことです。よく園芸店でテッセンの名前で見かけるカラフルな花色の鉢植えは、クレマチスですがその殆どはテッセンではなく他の品種です。それほどテッセンは、昔から親しまれていたことの証かもしれません。(「クレマチス」は、テッセンを含め、様々な品種にたいする総称名として用います)現在のクレマチスの多くは、日本の自生種「カザグルマ」が、ヨーロッパに渡り外国の他種との交配により品種改良され、日本に戻って来たものです。近年では、国内でも育苗業者や愛好家により新しい品種が次々と作出され、色彩や花形がとても豊富となり、四季咲き性のものも多く、春から晩秋まで楽しむことができます。


クレマチスの楽しみ方

クレマチスの花色には、紫・青・白・赤系等の単色の物から、他の色の筋が混ざるものなど、たくさんあります。花形は多くの品種は一重ですが、八重のものや、開花時期や成育状況などにより八重が混ざる半八重のものも見うけます。花弁(実際には、がく片)の形状は、先が丸いものや刺のように突き出したもの、花弁の周囲が波うったようになるものもあります。このように、クレマチスは品種改良によって種類がとても豊富ですので、其々の特徴の違いを楽しむことができます。クレマチスを鑑賞する上での仕立てかたには、フェンスや垣根に這わせる方法(手間があまりかからない)や、日本古来からのあんどん仕立て(朝顔で用いる鉢仕立ての方法で、あまり場所をとらない)、最近ではバーコラやコンテナ、ロックガーデン仕立てで、周囲とのマッチングを楽しむ向きも増えてきました。クレマチスは、開花鉢を購入して楽しむのもよいのですが、挿し木で意外と簡単に殖やすことのできる植物です。苗木から立派な成木に育て、たくさんの花を鮮やかに咲かせるのも楽しみの一つです。

クレマチスガーデンについて

当園は、クレマチスの素晴らしさをより多くの方に知って頂きたいと考え、開園したバーチャルガーデンです。できるだけ文章による説明は避け、写真や絵を用い、要点を紹介するように心がけています。施設は、現在、「栽培作業」「繁殖育苗」「病害虫対策」「写真」「資料」「情報」「リンク」の各館が開館しています。クレマチスを初めて知る方は、写真館や資料館にお立ち寄り下さい。この花の美しさにふれる事ができると思います。クレマチスを育ててみたいという方は、栽培作業館へどうぞ。育てかたのポイントをつかむことができると思います。私も愛好者の仲間入りを..という方は、繁殖育苗館へ。挿し木で苗木を増やす方法などを解説しています。また、皆様からお寄せ頂ける様々なメールも当園の貴重な情報源とし、支えとなっています。それでは、クレマチスガーデンをごゆっくりお楽しみ下さい。







◇ 2005/4/4 写真館に品種を追加しました。
 





ご意見、ご感想は、こちらまで お願い致します。

[clematis_info@yahoo.co.jp] Last Updated: Jun.04,2007
Copyright (C) t.ozawa 1997-2007. All rights reserved.