TOPページへ戻る


エイダと会話しよう
基本
こんなとこでもリアクションが!
スパイダー全滅での会話
そんな冷静なツッコミを…
こんな事が出来る
エイダのこのセリフが好きだ!

エイダのセリフに対してL3ボタンで"肯定"、R3ボタンで"否定"のリアクションを返せるわけですが、なかなか面白い会話があるので、その辺を紹介します。
リアクション以外の会話も載せてあります。
他にも「こんな事がある」とか「このセリフが好きだ!」といったものがあったら言って下さい。


エイダが「〜の使用を提案」と言った時に、肯定のリアクションを返すと、自動的にサブウエポンを変えてくれます。
これは、説明書にも書いてあるので、知ってると思いますが一応。


エイダの「敵機破壊」という様なセリフに対しても、リアクションを返すことが出来ます。
結構種類があるので試してみてください。
一度ぐらいは間違えてL3ボタンを押し込んで返事をしたことがあるのでは?



採氷機に乗っている時にもリアクションを返すことが出来ます。
なんかちょっとディンゴのキャラが違ってるような…?


V.CANONを使用時に、「ベクターキャノンモードへ移行」に対しても肯定のリアクションが出来ます。
さらに、「撃てます」に対しても、肯定のリアクションが返せます。
「行けー!」、「終わりにしようぜ」、「こいつでとどめだ」の3種類があるようです。
私は、V.CANONを撃つ時には、ディンゴに「行けー!」と叫んでほしいので必ずリアクションを返します。
ちなみに「行けー!」と叫んでいながら、○ボタンを離さないと、いつまでも撃たなかったりしてちょっと不自然。


ケンが一緒に乗ってるいる時にリアクションを返すと、ケンも何か言って来ることがあります。
「エイダの言う事は素直に聞くのね」
「ちょっと叫びすぎよ!」
「耳元で怒鳴らないで!」
「うわさ通りね」
「ジェフティを完全に乗りこなしてるじゃない」
などです。他にもあるかな?



スパイダー全滅
S・SSランクを取ると、
「お見事です」または「お見事としか言いようがありません」
「まあな。天才ランナーとでも呼んでくれ」
「天才ランナー」
「本当に呼ぶな!」
というミニコント(?)があります。 エクストラミッションの2位の時の「お見事です」と、3位の「天才ランナー」はここからきてるんですね(笑)。

Aランクを取ると
「もっと助けられたはずだ…」
「あの状況下では妥当な数字です」
「やめてくれ。全員助けられたわけじゃねぇんだ。」
「ですが、あなたがいなければもっと被害が…」
「気休めのつもりか」

Bランクを取ると
「もっと助けられたはずだ…」
「あの状況下では妥当な数字です」
「フン。数字が何だ…大勢死んだことに変わりはねえ」
「ですが、あなたがいなければもっと被害が…」
「気休めのつもりか」

Cランクを取ると
「くそ!なんてざまだ」
「大多数はあなたの攻撃が原因です」
「手元がくるったんだ…。うん。」
ジェフティで町を破壊しなくても、ディンゴが原因と言われます。

建造物、民間人、LEV全て0%だと
「完璧なまでの殺戮です。ご満足しましたか」
と嫌味を言われます。
LEVを破壊している最中にも「殺戮を楽しんでいるのですか」と怒られます。



「ダメージ75%オーバー」に対して肯定で、たまに
「痛くも痒くもねえ」
「痛いです」

「敵機増援を確認」に対して肯定で、たまに
「10秒で片付けてやる」
「10秒は無理です」

同じく
「2秒で片付けてやる」
「2秒は無理です」
もある。これは1度しか聞いたことがありません。なかなかレアなのでは?もしかしたらちょっと違ってるかもしれませんが…。



[火星荒野 渓谷へ]で、「敵機増援を確認 戦闘予測時間90秒」に対して肯定で、右上に時間が表示されます。
そして、戦闘終了後の「敵機完全破壊を確認」に対して肯定で、エイダがランナーとしての適性を評価してくれます。



「戦闘AIにしちゃずいぶん手際がいいじゃねえか」
「以前のランナーの影響です」
・・・・・・
「お前は惚れた男に合わせるタイプだな」
「理解不能です」
このセリフは、エイダが人間らしくなってきているのが見られる部分でいいですね。


「こいつはしょせん命令を実行するしか出来ねえ」
「その通りです。プログラムに命令を越えることは出来ません」
「情けねえ」
ここは、エイダが変わりつつも、プログラムであるという事を再認識させられる部分で、哀しいセリフですね。


「お似合いです」
「冗談じゃないぜ」
「あいにく冗談を発言するプログラムは」
「面白れえコンピュータだな。お前は」
「面白れえ…」
「お前とあのレオって奴の方がお似合いだぜ」
「からかわないで下さい」
これも、エイダが変わっていってるところですね。こういう所が、私は好きです。


[資材運搬路 最下層へ]での、
「エンカウント。とっとと片付けましょう」
は、たぶん、ディンゴの影響を受けたセリフですね。


「私は命令に背いたのでしょうか」
「いいんだ」
「え?」
「それで、いいんだ」
以前に出てきた「命令を越えることは出来ません」のセリフが伏線となっていて、エイダがプログラムを超えた存在になっている事を思わせます。感動的なセリフですねぇ。


TOPへ